お悩み別ケア
2021.1.23

マスクしている方が肌は乾く、ってなぜ?|友利 新先生のマスク肌トラブル解決室

img_2451

マスク生活になって早1年。繰り返し問題になるのが、マスクによる肌トラブル。
冬になって再び急増している“肌の乾燥”について、皮膚科・内科医の友利 新先生に聞きました。

皮膚科・内科医

友利 新先生

豊富な美容知識を、医師の視点から明確にわかりやすく解説してくれるエキスパート。

マスクをしていると肌が乾燥する理由はふたつ!

理由1:マスクで覆っていることで起こる肌の水分蒸発

img_0042

「マスクをしながら喋ると、呼気が出ます。呼気には水蒸気が入っているので、マスクの中は蒸れた状態に。水に手を入れていると指がシワシワになるように、水分が多いと肌はふやけてしまい、角質層に水分を貯めておくところが緩んでしまいます。そこから肌の水分が蒸発しやすくなり、マスクを外したときに外気との湿度の差が大きければ大きいほど、水分が出ていきやすいので、特に湿度が低い冬は乾燥が気になる人が増えるのです」(友利先生)

理由2:マスクの摩擦によるバリア機能の低下

img_0041

「マスクをしていると必ず摩擦が生じるもの。そこから皮膚に炎症が起こり、バリア機能が低下してしまいます。バリア機能は皮膚の内側の水分を外に出さない役割をしているから、バリア機能の低下によって、肌が乾燥しやすくなってしまうのです」(友利先生)

マスクの中の蒸れを保湿されていると勘違いしてはダメ!

マスクの中が蒸れていると、”スチームで保湿されているみたい”と、蒸れ=潤っていると思っている人が多いようですが、これは大きな勘違い。
「美顔器などのスチーマーのように、スキンケアをしているときだけ使うといった短時間の使用なら保湿効果を高める役割りをしてくれますが、常に蒸れた状態は上記の理由1のように肌に負担がかかります」(友利先生)

マスクをしている方が肌にとっては負担だった!

友利先生曰く、「マスクをしている方が肌は乾燥するので、肌にとってプラスはありません。素材によっては肌の乾燥対策になるものもありますが、今マスクをしている理由は感染対策なので、蒸れる=機密性が高いマスクを選ぶことが大事です」

マスクで加速する肌乾燥、解決法はこちら!

肌の乾燥対策は、保湿力が続くものを投入すべし!

「きちんと保湿ケアしているつもりでも肌が乾燥するには、保湿力が続かないせい」という友利先生。 「保湿していても乾燥しやすいのは、水分か油分のどちらかが足りないから。水分重視や油分重視に偏っていたりして、そのバランスが崩れいるのが原因です。自分の肌に水分が足りないか油分が足りないかは、自分の肌で判断するしかありません。今日はいつもより今日は水分を多く入れてみようとか、しっかりと油分で膜を張ってみようとか、毎日自分の肌を見ながらケアを工夫していってください

朝のケアに+αの保湿を投入せよ!

「肌の乾燥対策は、今までのケアに+αの保湿をするという一択です。夜にマスクをして寝る人は少ないと思うので、まずは朝のスキンケアを見直してみるといいでしょう」(友利先生)

水分を足すなら… 

img_0046

いつもの化粧水よりもしっとりタイプを選んでみて。摩擦は刺激になって肌の乾燥の原因になるので、手で優しく丁寧に、まんべんなくつけるように意識を。

油分を足すなら…

img_0045-1

朝の油分ケアは、乳液に比べて保湿キープ力の高いクリームやバームを投入してみて。”乾燥くずれ”という言葉があるように、肌の乾燥でメイクが崩れやすくなるので、クリームやバーム=メイクが崩れやすいという心配はナシ!

今使いたい保湿キープ力の高いアイテム3選

「保湿に特化した成分が入っているアイテムや、濃密な使用感のものを選ぶといいですよ」(友利先生)

保水有効成分”ヘパリン類似物質HD ”配合の化粧水

img_2457

乾燥で調子を落とした肌を隅々まで潤いで満たす、まるで美容液が溶け込んだような高保湿エッセンスローション。潤い構造にアプローチするヘパリン類似物質HDのほかに、肌荒れ防止有効成分や潤いバリア成分を配合。硬くなりがちな角層をほぐすようになじんで、もっちりなめらかな肌に。
コーセー マルホ ファーマ カルテHD モイスチュア ローション 150ml ¥1,800【医薬部外品】

潤いバリアを作って保湿力を高めるクリーム

img_2456

外的刺激のみあらず、体や心の疲労などの内的ストレスによっても肌の乾燥や不調が起こることに着目。肌の保湿や回復リズムである肌時計を整えて、潤いやすい環境へ導くクリーム。高保湿&バリアなのに、摩擦フリーの極軽クリームで心地よい使用感。使うごとに、しっとり健やかな肌へ導く。
アユーラ モイストバリアクリーム 30g ¥6,000

シンプル処方の潤いバリアで長時間肌を守るバーム

img_2455

オリーブ由来のスクワランが、美容オイルのようになめらかに伸び広がって肌ににピタッと密着。肌に塗布した瞬間に、潤い保護膜を形成し、乾燥や外的刺激から肌を保護。水分の蒸散を抑えて、潤い環境をキープしてくれる。赤ちゃんや敏感肌さんでも使いやすいシンプルな処方。
ネイチャーズウェイ チャントアチャーム バリアバーム S(センシティブ) 20g ¥3,500(3月1日限定発売)

日中は…乳液で水分と油分の両方を一気にチャージせよ!

img_0047-1

「日中に一度潤いチャージタイムを作ると、肌の乾燥予防効果は高くなります。化粧水だと油分が入っておらず、クリームだと水分が入っていないので、どちらも兼ね備えている乳液を使うのがおすすめ。マスクで蒸れてメイクがくずれているでしょうから、ヨレをなじませるように乳液をつけてメイク直しするといいですよ」(友利先生)

マスクによる乾燥対策まとめ

・自分の肌が水分と油分のどちらが足りないか見極める。
・朝のスキンケアに保湿キープ力の高いアイテムを投入する。
・日中は水分と油分の両方が入っている乳液で潤いを足す。

※商品は全て税抜です。

マスクによる肌荒れ対策の記事はこちら! マスクによる毛穴対策の記事はこちら!

イラスト/Sugyon1002   構成/越後有希子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事