お悩み別ケア
2019.11.11

人気H&M 小田切ヒロさん流小顔メイク|ランコムのグレーアイシャドウでデカ目効果も!

人気ヘア&メイクアップアーティスト 小田切ヒロさんの手にかかれば、メイクアップで小顔がかなうんです! おすすめアイテムと詳しいメイク方法を伺いました。

メイクで小顔に! 令和のヒロ流小顔術のポイント

201912g6820190909biteki00490_2
「リップが主役も素敵だけど、さらに先を行くならアイコンシャスなメイクがおすすめ。目元に重心を置くことで顔の中に逆3角形のパワーバランスが生まれ、チークレスでもフェースラインがスッキリ&キュッと上がって見えるんです」と、小田切さん。おすすめアイカラーはグレー。今季のトレンド・グリッターの輝きも取り入れ、トレンド感と小顔効果を両立しました。

20190909biteki00032_2
「目元は強く、唇はさりげなく上品に。大胆なパワーバランスが小顔へ導きます」(小田切さん)

【Point 1】アイブロウ

使用アイテム

201912g68190913_biteki_052
A.パウダーアイブロウ。左2色のブレンドカラーで眉の形を作って。中央はカーキ色。
SUQQU 3Dコントロール アイブロウ 01 ¥6,500

201912g68190913_biteki_060
B.いちばん上の色を眉下へ使用。
エトヴォス ミネラルコンシーラーパレット SPF36・PA+++ ¥4,500

201912g68190913_biteki_101_kage
C.コンシーラーを眉下へ入れる際に使用した平筆。
ディオール バックステージ アイライナー ブラシ ¥3,500

201912g68190913_biteki_075
D.足りない眉毛を1本ずつ再現しやすい極細アイブロウペンシル。
NARS ブローパーフェクター 1135 ¥2,900

201912g68190913_biteki_082
E.黒い繊維入りのマスカラ下地。今回は眉に使用。眉頭の毛を立てながら長さを足し、ふんわりとした印象へ。
エテュセ ラッシュバージョンアップ ¥1,000

 

メイク方法

2001912g68a20190909biteki01058_2
眉頭だけはふんわりソフトに。コンシーラーの仕込みテクも必見
全体的なトーンは、ブラウンよりも引き締まるチャコールグレーがベター。SUQQUの眉パウダーでフォルムを作り、足りない毛はNARSのアイブロウライナーで1本ずつ描く。キツくなりすぎないよう、眉頭には抜け感を作るのがコツ。眉パウダーは控えめに、繊維入りのマスカラ下地Eで斜め上へとかし、ふんわりさせる。仕上げに1mmの太さでコンシーラーを眉の下へ薄く引く。すると、眉がぐっと際立ち、凜とした女優風の目元へ。

【Point 2】アイシャドウ

使用アイテム

201912g68190913_biteki_043
A.パウダーなのに質感はクリーミー。鮮やかに発色が持続する、グレー系アイパレット。
ランコム イプノ パレット 14 ¥6,800

201912g68190913_biteki_068
B.微細パールが輝くダークグレーのペンシルアイライナー。
NARS ハイピグメントロングウェア アイライナー 8192 ¥3,000

201912g68190913_biteki_080
C.マスカラはネイビーをセレクト。黒を避け、抜け感としゃれ感をプラス。
アンプリチュード エクストラボリューム カラーマスカラ 04 ¥4,400

 

メイク方法

201912g6820190909biteki01058_2
グレーで囲んで目幅を拡張! 輝きも強化することで小顔に
ポイントは、色をきちんと効かせること。理由はニュアンスで色を使うと小顔効果がダウンするほか、目元がくすんで見えて不幸な印象を与えてしまうから。ランコムのアイパレットの左から2番目のグレーをアイホールへ、いちばん左のライトグレーをアイホール外側まで重ねたら、目頭~黒目の外側へ中央のグリッターをオン。下まぶたにもNARSのグレーのアイライナーを薄く入れてぼかし、大胆な囲み目に。

【Point 3】リップ

使用アイテム

201912g68190913_biteki_083
A.サテンの上品な光沢感が目を引く、ピンクカッパー色の口紅。潤うけれど軽いつけ心地が持続する。
NARS リップスティック 2925 ¥3,300

201912g68190913_biteki_070
B.明るいプラム色。あれがちな唇にもスムースに引け、ムラなく発色。
ローラ メルシエ ロングウェア リップ ライナー 13 ¥2,700

 

メイク方法

201912g6820190909biteki01062_2
色ではなく、端正なフォルムと繊細な輝きで存在感をアピール
令和のヒロ流小顔術において唇は脇役だけど、ヌーディすぎるのはNG。口紅を塗る前には必ずリップライナーで輪郭を丁寧にとり、生まれつき美形な口元へ演出すること。内側はメタリックな質感のベージュ系リップで塗りつぶし、ふっくら感をナチュラルに追求。

 

教えてくれたのは…
20190909biteki00032_2
ヘア&メイクアップアーティスト 小田切ヒロさん
スキンケアから始まる丁寧だけど簡単で、フェイクじゃない小顔を目指せるテクニックが話題。女優やアーティストからの信頼も厚い。

 

『美的』12月号掲載
撮影/吉田 崇(まきうらオフィス・人物)、久々江 満(静物) ヘア&メイク/小田切ヒロ(LA DONNA) スタイリスト/小川未久(人物)、竹内大海(静物) モデル/上西星来 構成/北川真澄

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事