お悩み別ケア
2021.1.18

なぜ、ニキビは痛い? 白・赤・しこり状態の「段階別」原因と治療法

\"\"

いくつになっても悩みが尽きないニキビ問題。時には、悪化し、少し触れただけで痛みが出てしまうものや、痛みが引いても赤くて硬いしこりになってしまうこともあるようです。そこで、医師に痛いニキビの原因&治し方について教えていただきました。専門家による、対処法やNGケアを参考にニキビ対策をしてみてくださいね!

【原因】ニキビが痛い…なぜ?

「赤ニキビ」は炎症が悪化し、腫れや痛みを伴う

皮膚科医

高瀬聡子先生

ウォブクリニック中目黒 総院長。1995年慈恵会医科大学卒業後、翌年より慈恵会医科大学付属病院皮膚科に入局。ドクターズコスメ『アンプルール』の開発・プロデュースも。

毛穴に詰まった皮脂にニキビ菌が繁殖し、炎症が発生した状態の赤ニキビは痛みや腫れをともなうことも。

大人ニキビができるまでの大きな流れは以下4つ。

【段階1】皮脂の過剰分泌

ホルモンバランスの乱れや食生活の影響で、皮脂腺の働きが活発になり、通常よりも皮脂が過剰に分泌される。

「顔のTゾーンはもともと皮脂腺が多く、鼻ニキビや額にニキビができやすいのはこのためです」(高瀬先生・以下「」内同)

【段階2】毛穴が詰まる

皮脂の出口である毛穴が詰まり、毛穴内部にどんどん皮脂が溜まる。

「毛穴づまりの場合、年齢とともに肌の水分量が低下すること。さらに間違ったスキンケアで乾燥し、毛穴が詰まりやすくなることが考えられます」

【段階3】ニキビ菌が繁殖する

毛穴にアクネ菌やブドウ球菌などニキビ菌が集まり、皮脂をエサにして繁殖します。

【段階4】炎症を起こす

ニキビ菌の影響で炎症が発生し、赤みや腫れをともなうニキビとなります。

「3のニキビ菌の繁殖や4の炎症は、睡眠不足やストレスで免疫が低下すると、肌の常在菌バランスが乱れたり、炎症が鎮静しにくくなります。これらの要因が複雑に関係するため、大人ニキビはなかなか治りにくいんですね」

 

初出:女医に訊く#01|ニキビの段階は色でわかる!?ニキビ予防の決め手は原因を知ること

記事を読む

しこりの状態は、炎症の最終形「硬結(こうけつ)」

アヴェーニュー表参道クリニック 皮膚科医

太田 理会医師

藤田医科大学医学部卒、藤田医科大学ばんたね病院、福井県済生会病院にて研鑽を積む。皮膚科医、美容皮膚科が専門。丁寧なカウンセリングを通じて患者様のお悩みに正面から向き合いたいと思っています。どんなことでもお気兼ねなくご相談ください。

「痛くて硬いしこりニキビは、白ニキビから赤ニキビ、黄ニキビを経て、炎症が進行してしまったことが原因によるニキビの最終形。この硬く、しこりのように盛り上がってしまった状態を硬結(こうけつ)といいます」(太田医師)

 

初出:痛くて硬いしこりニキビの原因は?皮膚科に訊いてみた【今さら聞けないニキビケアの基本】

記事を読む

「進行レベル」は、ニキビの「色」で見分ける

恵比寿院 副院長

中川桂先生

光治療やレーザー治療などによるニキビ痕のケアにも定評あり。

【1】白ニキビ

毛穴に皮脂や角質が詰まりぷくっと白く盛り上がった、比較的初期のニキビ。

【2】黒ニキビ

白ニキビの毛穴が開いてしまい、それにより酸化して赤黒くなったニキビ。

【3】赤ニキビ


過剰な皮脂分泌などででき、炎症反応を強く起こし赤みを帯びてしまったニキビ。

【4】黄ニキビ


炎症状態が進み、毛穴の中で化膿して黄色っぽく膨れ上がったニキビ。

顔のエリア」で、ニキビの原因は違う

【おでこ】…皮脂や前髪など

・皮脂分泌の過多によりできやすいTゾーン。
・前髪の整髪料やシャンプーの洗い残しなど、前髪で覆われて不潔な環境になりできる場合も。

【頬】…乾燥やメイク詰まりなど

・皮脂分泌が少なく乾燥によりできやすいパーツ。
・ファンデーションが詰まったり、メイクブラシなどの摩擦などでもできやすい。

【小鼻】…皮脂や角質詰まりなど

・皮脂分泌が多く、皮脂や角質のたまりが主な原因に。
・メイクや汚れがたまりやすいパーツで、毛穴に詰まってニキビになることも。

【口元、あご】…摩擦、胃腸の弱りなど

・ほかと比べザラつきがあり汚れや角質がたまりやすいパーツ。
・ストレス性で胃腸が弱っている場合、ニキビとして肌に影響が出ることも。

 

初出:ニキビのできる場所には意味があった! おでこ、頬、小鼻、口元…できやすい原因やニキビの種類を女医が解説!

記事を読む

「白・赤」ニキビの対処法

薬剤師・美容家

花田真理さん

はなだ まり/薬剤師として調剤薬局、化粧品会社勤務を経て、独立。医師と薬剤師の共同開発ブランドを立ち上げ、化粧品の商品開発を行う傍ら、コラム執筆や美容記事の監修など、美容家としても活躍。

「市販薬・コスメ」を使った効果的なケア方法

Check
    白ニキビも赤ニキビも「抗炎症&殺菌成分」の市販薬を使う

「まずは炎症を鎮める“イブプロフェンピコノール”とアクネ菌を殺菌する“イソプロピルメチルフェノール”の両方が配合された治療薬を。膿をすぐ治したい場合は『テラ・コートリル(R)軟膏』がおすすめ。炎症を抑えるステロイドと、菌を殺す抗生剤を配合。処方薬にも使われる成分ですが、使い続けると菌に耐性ができる、免疫力低下などの副作用が。使用は数日と短期間に留め、綿棒などで患部だけに塗って」(花田さん)

資生堂薬品イハダ アクネキュアクリーム[第2類医薬品] 

炎症を抑えて殺菌しつつ肌に優しい。素肌と同じ弱酸性、ノンアルコールと安心のノンステロイド治療薬。ベタつかないジェルクリームタイプ。

価格容量
¥800 16g

ライオン ペアアクネクリームW[第2類医薬品] 

有効成分が赤ニキビの炎症を抑える。抗炎症&殺菌力を発揮しつつ、弱酸性で肌を守る。クリームを塗り広げると透明になるので、メイクも重ねられる。

価格容量
¥950 14g

ジョンソン・エンド・ジョンソン テラ・コートリル(R)軟膏a[第2類医薬品] 

膿んでいるときなど短期集中で治す。抗炎症作用の“ヒドロコルチゾン(副腎皮質ステロイド)”と抗生剤“オキシテトラサイクリン塩酸塩”が膿を抑える。長期使用で赤みが出ることも。

価格容量
¥1,000 6g

 

初出:ニキビを素早く治すには?洗顔料を使わない方が良い?市販薬・コスメを使ったケア方法|大人ニキビSOS

記事を読む

「保険診療・処方薬」での治療法

皮膚科医

小林智子先生

こばやし ともこ/医学博士。同志社大学生命医科学部アンチエイジングリサーチセンター研究員。豊橋の山本皮フ科ほかで診療を行う。健康と食を医学的な立場で発信するサイト『ドクターレシピ』を監修。

\白&赤ニキビには毛穴詰まり解消の外用薬、ひどい炎症には抗生剤を処方/

「ニキビは自己流のケアをする人が多いのですが、時間がたって痕になっていなければ保険診療でも完治でき、初診料を入れても数千円程度の費用。以前は抗生剤の処方が中心で、長期服用で耐性ができて効かなくなる問題が指摘されていました。今、代表的な薬は“ベピオ”。皮脂を抑えて毛穴の詰まりを解消する作用と抗菌作用があります。“ディフェリン”はレチノイド(ビタミンA誘導体)と似た構造をもち、角質を柔らかくして毛穴の詰まりを防ぎます。白&赤ニキビにはこの2種が主流で、炎症がひどければ抗生剤をプラスします」(小林先生)

Check
  • 「べピオ」など:過酸化ベンゾイルを成分とする薬
  • 「ディフェリン」など:アダパレンを成分とする薬
  • 「テラマイシン」など:テトラサイクリン系の薬(抗生剤)

 

初出:ニキビはこじらせる前にクリニックへGO!保険診療、自費診療でどこまで治療できる?|大人ニキビSOS

記事を読む

炎症の最終形「しこり状態」の治療法

「硬結になってしまった場合、早めに皮膚科を受診し治療をしましょう。自分でできるセルフケアはありません。そればかりか、早く治療をしないと、ケロイドや瘢痕、クレーター肌と呼ばれる状態になってしまうことも。ステロイド注射や美容レーザーを使用するなど、治療も大変になってきます」(アヴェーニュー表参道クリニック 皮膚科医 太田 理会医師・以下「」内同)

「ケナコルト注射は状態にもよりますが、固く盛り上がって治らなくなってしまった瘢痕やケロイドに適用されます。料金は¥3,300。クレーター肌に対するレーザーは、アヴェニュークリニックではパール、パールフラクショナルを使用します。料金は、全顔で¥165,000。鼻頬で¥82,500。費用も高額になってくるため、悪化する前にすぐに皮膚科を受診し、治療薬を使用するのがベストです。状況に応じて治療法や今後のケアを組み立てていくので、怖がらずに相談してみてくださいね」

 

初出:痛くて硬いしこりニキビの原因は?皮膚科に訊いてみた【今さら聞けないニキビケアの基本】

記事を読む

※価格はすべて税抜きです。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事