お悩み別ケア
2016.9.11

ほうれい線も!「朝のむくみ」を放置すると起こる悲劇&解決策

朝起きて鏡を見て「顔がむくんでるな」と感じたことがある人も多いかと思います。睡眠時に長時間横になっていることから、朝は顔がむくみやすいのです。実はこの顔のむくみ、放置するとほうれい線や顔太りの原因になることもあるのです!

そこで今回、エステ講師の経験を持つ筆者が、顔のむくみを放置すると起こる悪影響と、短時間でできるむくみ解消法についてご紹介します。

 

■ほうれい線や顔太り…顔のむくみを放置すると起こる悪影響3つ

前日の夜に塩分の多いものをたくさん食べたり、寝る前に水分をたくさん摂ったりすることで、朝に顔がむくみやすくなります。朝、顔がむくんでいたときに「まあいっか!」と放置するのはNG! むくみを放置することで以下のような悪影響を招く可能性があります。

(1)ほうれい線や頬のたるみ

顔がむくんでいるということは、余分な水分や老廃物が溜まっている状態。放置するとそれらが重力でどんどん下がり、頬のたるみを引き起こしてしまいます。そして頬がたるんでくると同時に、ほうれい線も目立ってしまいます。

(2)フェイスラインがぼやけ、顔が大きく見える

余分な水分や老廃物が溜まることで、頬だけでなくフェイスラインも重力で下がり、たるみにつながります。フェイスラインがたるむことで輪郭がぼやけ、首との境目があいまいになってしまいます。その結果、顔が大きく見えてしまったり、首が短く見えてしまったりします。

(3)顔にセルライトができやすくなる

セルライトと聞くと、太ももや二の腕をはじめとしたボディを連想しがち。しかし、ボディと同様に顔にもセルライトはできます。余分な水分や老廃物と、脂肪がくっついて、顔にもセルライトができてしまうのです。特に頬、フェイスラインをはじめとしたむくみやすい部分にセルライトができやすいので要注意です。

 

■朝のむくみをスッキリ解消!毎日1分簡単マッサージ

以下2つのマッサージを行うとむくみ解消に効果的です。朝のスキンケア時に乳液をなじませ、指の滑りをよくして行います。

(1)頬ゴリゴリマッサージ

中指と薬指を使用して、老廃物が溜まりやすい頬のマッサージを行います。小鼻の横から耳の下まで、頬骨の下に沿ってやや強めにゴリゴリとマッサージすると、余分な水分や老廃物が排出されやすくなります。片側ずつ各5回程行います。

(2)フェイスラインゴリゴリマッサージ

親指と人差し指で鍵型を作り、フェイスラインに沿って親指と人差し指であごの骨を挟み、そのまま耳の下までやや強めにゴリゴリと引き上げます。これを5~10回程行うと、フェイスラインに溜まった余分な水分や老廃物が流れやすくなります。

仕上げに耳の下から首を数回下に向かってさすり、最後に鎖骨のくぼみにあるリンパ節を刺激すると、むくみ解消につながります。

 

■夜にたくさん食べると朝むくみやすくなる食べ物

朝のむくみを予防するには、夕食で塩分を摂り過ぎないようにすることが大切。塩分をたくさん摂ると、その分体が水分を溜め込もうとして、むくみにつながります。

食事の味付けが濃い人や、ドレッシングをはじめとした調味料をたくさん使用する人は、塩分を摂り過ぎる傾向にあるので注意したいところ。少し薄味を意識したり、調味料を控えたり、味噌は減塩タイプを使用したりして、塩分の調節をしてみてはいかがでしょうか。

また、『美レンジャー』過去記事「実は塩分たっぷり!“むくみを簡単に引き起こす”身近なNG食品3つ」でご紹介したように、かまぼこなどの練り製品や、ハムやベーコンなどの加工品、紅ショウガなどは特に塩分が多い食べ物なので、食べ過ぎないように気を付けましょう。

 

以上、顔のむくみを放置すると起こる悪影響と、短時間でできるむくみ解消法をご紹介しました。朝のむくみは放置せず、是非今回ご紹介したマッサージでスッキリ解消してくださいね!

 

初出:美レンジャー  ライター:玉村麻衣子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事