スキンケア特集
2018.8.11

美肌の秘訣は、肌状態に合わせた4種のクレンジングアイテムの使い分け【すっぴん女子#78】

すっぴん女子#78 須田夏美さん (33歳・乾燥肌)

■肌への負担を抑えるため、ベースはコンシーラーとお粉程度に

img-8284肌にあまり負担をかけたくないのと、暑い今の時期はメイクくずれが気になるので、ほとんどファンデーションは使いません。コンシーラーで気になる部分をカバーし、明るく見えるように仕込んだら、ルースパウダーをのせて、オイル入りのミストを顔全体にシュッとひと吹き。私の場合、これだけで一日中メイクがくずれず、自信のもてる肌でいられます。

■クレンジングは、肌状態によってアイテムを使い分け

image-1クレンジングは、その日の肌の調子や時間の余裕に合わせて、クリーム、ミルク、ジェル、バームなどを使い分けています。どれも使い心地が良くてお気に入り。洗顔は、最近美容好きの仲間に教えてもらったスキンフードの「ブラックシュガー パーフェクト ムースフォーム」を使っています。泡洗顔なのに落としすぎず、肌がしっとりと潤い、とても気持ちいいんです!

■【初公開!私のすっぴん】目力は弱まるものの、優しい雰囲気に

img-8227乾燥しやすく、赤みが出やすい肌。ストレスもすぐ肌に現れることが多いので、日頃のスキンケアには充分気をつけています。肌が疲れているなと感じたら、それはリラックスする時間が必要なサインだと考えるように。周りからは「ノーメイクだと目力が弱くなる」と言われますが、その分、普段より優しそうに見えるようです(笑)。

■インナードライにぴったりなエトヴォスの化粧水にハマり中

image今は、ETVOSの「モイスチャライジンググローション」が大好き。低刺激処方で、テクスチャーはサラッとしているのに肌がしっとり潤い、使い始めて数日で肌の調子が格段に良くなりました! クリームにもこだわり、高保湿で肌をしっかり保護してくれるものを選ぶように。その日の肌状態に合わせて、乾燥しているときは量を多めに調整したり、使用アイテムを変えたりしています。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事