健康・ヘルスケア
2021.5.11

不織布 or ウレタン…肌&ウイルス対策を兼ね備えた素材はどっち?|マスクに関するウソ・ホント

これからも続いていくであろうマスクとのお付き合い。美容のためにもできる対策をきちんとしていきたいですよね。マスクについて知れば、もっと効果的&もっと快適に過ごせますよ♪

Q.肌対策とウイルス対策を兼ね備えた素材はどっち?

A.不織布
B.ウレタン

\マスクのUVパラソルがあるから大丈夫よね/
202106gp92-1

 

正解は…どちらでもない!

「不織布などのウイルス対策用素材のマスクは、しっかり捕集できる一方、正しく着用すると密閉度が高め。だからこそ蒸れやすく、肌あれを引き起こす可能性も。逆に、蒸れにくいウレタンや布素材は隙間が多めで、肌には心地の良い環境ですが、ウイルス対策効果は下がります。感染対策と肌対策は、今はまだトレードオフな関係。目的別で選ぶようにしましょう」(大西先生)

 

聖路加国際大学 公衆衛生大学院 環境保健学分野 准教授

大西一成先生

医学博士。環境疫学・公衆衛生学などを専門とし、環境学と医学を融合したアプローチの研究を行う。マスクは実験を通じて科学的に検証している。著書に『マスクの品格』(幻冬舎)がある。

「今のところ、肌対策とウイルス対策はトレードオフですね」

 

\こちらもチェック/

衛生マスクでウイルス感染は防げる?

記事を読む

マスクに書いてある「ウイルス99.9%カット」ってどういう意味?

記事を読む

不織布 VS ウレタン…ウイルス対策に適したマスクの素材は?

記事を読む

ウイルス対策に適した正しいマスクの外し方、知ってる?

記事を読む

【意外と知らないマスクの常識】新品のマスクに使用期限ってある?

記事を読む

0.5m or 2m以上…対面で話すときに空けるべき距離は?

記事を読む

2重マスクは感染対策に効果あり?

記事を読む

ファンデや鼻毛はウイルス飛沫の捕集効果がある?

記事を読む

食事の時の正しいマスクの置き方は?

記事を読む

 

『美的』2021年6月号掲載
撮影/河野 望 スタイリスト/大島有華 構成/むらなかさちこ

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事