健康・ヘルスケア
2021.2.19

奥歯を抜くと小顔になるってホント?真相を専門家に直撃!【美容の常識ウソ?ホント?】

\"\"

日常生活で生まれる美容や女性のライフスタイルの疑問を専門家に答えてもらうこのコーナー。今回は「歯」について。奥歯を抜くと小顔になるってホント? 歯科医師で、口もと美容スペシャリストでもある石井さとこ先生にお答えいただきます。

Q:奥歯を抜くと小顔になるってホント?

奥歯を抜くと、そのぶんあごが小さくなって小顔になれるというウワサが。そんなことが本当にあるのでしょうか? さっそく、この疑問をさとこ先生に聞いてみました!

A:ウソ

「奥歯を抜いたからといって、小顔にはならないと思います。奥歯はかみ締め、かみ合わせを支えるキーポイントでもあります。そこがなくなってしまうということは、正しい骨格の位置が維持できなくなるので、逆に顔のたるみなどの弊害が起こる可能性が出てきてしまいます」(石井さとこ先生・以下「」内同)

小顔にこそ奥歯は欠かせない

「先述したように、逆に奥歯を抜くと弊害が起こる可能性のほうが高まります。食事はもちろん、歯を食いしばったり、噛むときには奥歯がかみ合わせを支えていますから、奥歯はなくてはならない存在。そして、よく噛むことは口もとや顔周りの運動になり、良い表情筋ができることにつながってきます。よく筋肉を使えているほうが、あごのたるみやほうれい線などの顔のたるみという悩みは遠のきます。奥歯をきちんと使って、よく噛む生活をして、顔の筋肉を動かしたほうが小顔につながりますよ!」

Point

奥歯がないと噛み合わせが悪くなり、逆に顔のたるみなどの弊害が起こる可能性が

歯並びが良くなれば小顔になる?

「歯並びが良くなることによって、表情筋や骨格、かみ合わせのバランスの調整が取れてきます。均等に噛めると、バランス良く筋肉が使われるようになり、顔に均等感が出ます。そうなると、測ってどうこうというより、見た目のバランスが整うので、ゆがみもなくなり、小顔になったと感じることがあります。

矯正治療をしたら顔が小さくなったという声を聞きます。矯正治療というのは歯列を整えるのと同時にかみ合わせを整える治療でもあるので、顎関節の位置を正しい位置にして、奥歯できちんとものを噛めるバランスにしてあげる治療にもなります。そのため、小顔になったと感じる人がいるのだと思います。

人間の顔のバランスというのは長い生活習慣の中で変わってきます。そのため、矯正治療のような先を見据えた治療をすることは、将来老け顔を作らないことにもつながってきます。顔たるみの原因は歯並びだけではありませんが、正しい位置で均等に噛む、正しく筋肉を使う、笑顔を作ることなどの習慣を続けることで、ゆがみのない口もとになると思います」

Point

正しい位置で均等に噛む、正しく筋肉を使う、笑顔を作ることなどの習慣を続けることで、ゆがみのない口もとに

マスク生活で気をつけたいこと

「マスクをしていると口もとが隠れているので、人に見られているという緊張感がなくなってしまいますよね。私自身もマスク生活が長くなってきて、口もとがゆがんでいると思うことがあり、人に見られている緊張感というのは大事だったんだと感じています。マスクをつける生活はストレスだけでなく、口もとへの意識も低くしてしまっているように思います。

まだこの状態は当分続くと思うので、よく噛む、顔の筋肉を動かすといった、ゆがみ対策を習慣づけていくことが大事だと思います。この期間は自分磨きのタイミングだとポジティブに捉えて、マスクが取れたときに美しい口もとでいられるように、ゆがみ対策も楽しく習慣づけられるといいですね」

歯科医師、口もと美容スペシャリスト

石井さとこ先生

ホワイトホワイト デンタルクリニック院長。日本歯科審美学会会員。日本歯科大学卒業。多くの女優やモデル、ミス・ユニバース日本代表を顧客に持つカリスマ歯科医師。歯のホワイトニングを日本で広めた第一人者で、歯と体を美しく保つための食事や、歯が美しく見える口もとメイクについてのアドバイスなどにも定評がある。オーラルケアブランド「ナチュラルドロップス」の監修も手掛け、著書は『美しい口もと』(ワニブックス)、『マスクしたまま30秒!!マスク老け撃退顔トレ』(集英社)。

ホワイトホワイト

Instagram ■Twitter ■ブログ

歯磨き剤だけでは歯は白くならないってホント?真相を専門家に直撃!【美容の常識ウソ?ホント?】

記事を読む

文/土屋美緒

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事