健康・ヘルスケア
2021.2.15

【快眠】パジャマや入浴剤、マッサージetc. 美のプロたちが実践している入眠儀式8選

眠れないとつらいし、しんどい…忙しいと余計にそうなってしまいがちですよね。でも忙しくても、しっかりとした眠りを得ている人もいます。睡眠コンサルタント、美容賢者、『美的』スタッフがリアルに実践している眠りへのこだわりを聞いてみました。

ぐっすり眠るための入眠儀式は?

寝る直前にお気に入りのパジャマに着替える

202103gp140-49
就寝前に着替えると“眠るためのスイッチ”が自動的に押され、スムースに入眠しやすく。綿100%で吸水性・通気性・保温性に優れたものが◎。

UCHINO TOUCH
マシュマロガーゼ レディスパジャマ シャツ ピンク5 ¥10,000
同 パンツ ピンク5 ¥8,000

睡眠コンサルタント

友野なおさん

【PROFILE】
平日・休日ともに睡眠は7時間を死守。幼い子供を寝かしつけるコツは、毎日読み聞かせをして入眠儀式を刷り込むこと。

 

体の緊張をほぐすボディオイルでマッサージ

202103gp140-11
交感神経の働きを抑えるラベンダー入りのオイルが、深い眠りへと誘ってくれる。塗ってすぐに寝たいのでベッドの上でマッサージするように。

メルヴィータ
リラクセサンス マッサージオイル 100ml ¥4,400
リラクセサンス マッサージオイルの詳細はこちら

美容エディター

松本千登世さん

【PROFILE】
美しい肌作りのため、睡眠の長さよりも質にこだわりあり。バランスのいい食事、適度な運動、正しい入浴を徹底している。

 

10分入浴でも体がポカポカ♪1日の疲れをリリース

202103gp140-17
温浴効果の高いシチリア岩塩を配合した入浴剤を入れて、湯船につかるのが習慣。血行促進&デトックス効果で疲れを翌日にもち越さない!

エッフェオーガニック
バスソルト ローズ&イランイランの香り 400g ¥3,800

美容家

石井美保さん

【PROFILE】
快眠を求め、リラックスグッズを数多く収集。中でも心地よい香りは、深い睡眠のための“おまじない”アイテムとして重宝。

 

スマホはベッドにもち込まないのがルール!

スマホのブルーライトは交感神経を刺激し、寝つきを悪くしたり睡眠の質を下げたりする可能性が。寝室で眠りにつくまでだらだらとスマホを見なくなり、夜中のオンラインショッピングも回避できるように(笑)。翌朝のすっきり感も見違えるし、眼精疲労も感じにくくなりました!

美容家

岡本静香さん

【PROFILE】
1歳の娘がいるため、まとまった睡眠時間がとりにくい日々。なるべく早めに就寝し、細切れでも時間を確保するように。

 

重炭酸イオンの入浴剤で効率的に体を温める

202103gp140-36
温浴効果の高い重炭酸入浴剤は、疲労回復効果も抜群。40℃までの低い温度かつ短い時間でも、長時間体がポカポカ♪さらに全身の毛穴汚れも落ちて一石二鳥。

BARTH
薬用BARTH中性重炭酸入浴剤 [医薬部外品] 30錠 ¥2,500 (問)TWO

ドクター

友利 新さん

【PROFILE】
平日・休日の睡眠時間に差が出ないよう、同じ時間に起床。スムースに入眠できるよう、体が冷えない環境作りも心掛けている。

 

毎晩その日の気分に合わせたハーブティーをブレンド

202103gp140-42

202103gp140-43
鎮静・緊張緩和効果のあるカモミールをベースに、ダンディライオンやローズをブレンドしたオリジナルハーブティーを飲むように。体が内側から温まり、呼吸も自然と深くなるので、ぐっすり眠れます。

モデル・美容家

有村実樹さん

【PROFILE】
毎日0時前にはベッドに入るように。さらに8〜9時間睡眠を心掛けるという徹底ぶり!寝室は乾燥しないよう、湿度管理も欠かさない。

 

充血しやすい瞳を労わる夜用目薬を眠る前に1滴

202103gp140-1
角膜の代謝を促進する成分入りの目薬を、5年程前から使用。就寝5〜10分前に点眼することで、瞳に潤いが行き渡り、目の疲れを癒しながら眠りにつけます。

サンテ ボーティエ ムーンケア[第2類医薬品]
12ml ¥1,500 (問)参天製薬

エディター

もりたじゅんこさん

【PROFILE】
寝る時間が不規則な分、毎日一定の睡眠量&質にはこだわりがあり。ストレスフリーな睡眠を目指し、ニッチなアイテムもくまなくチェック。

 

充電式のアイマスクで安眠&SDGsにも貢献♪

202103gp140-23
202103gp140-24
Amazonでゲットした「充電式ホットアイマスク」は、温度が高温・低温から選べる上にエコ。15分で自動的に切れるので、寝落ちしても安心です。目に直接触れる部分が取り外せて洗えるのも衛生的。

本企画担当エディター

中島麻純

【PROFILE】
毎晩血気盛んにSNSチェックを欠かさないが、その分ケアは抜かりない。ミーハーでとにかく新しい睡眠グッズは試してみる、がモットー♪

 

『美的』3月号掲載
構成/中島麻純・島田七瀬・宍戸沙希(スタッフ・オン)

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事