食・レシピ
2013.9.15

木下あおいのお薬ベジ★ごはん(19) ケーキ!?  いいえ野菜料理です 黒豆とカボチャのキッシュ

今月のお題:

〝食欲の秋〟でも太らない体になりたい0

おなかはしっかり満たしつつ、上手にヤセ体質に
ようやく夏の暑さも和らいで、食欲の秋到来❤おいしいものがたくさん出てきて、つい体重オーバー…なんてことにも。
そんなときは食欲を満たしながら、同時に代謝を良くするメニューで〝食べても太らない〞ズルいボディになっちゃいましょう。おすすめは見た目もかわいい「黒豆とカボチャのキッシュ」。代謝促進効果に優れたビタミンB群を含む黒豆と、食物繊維が豊富なカボチャの黄金コンビに、疲労回復効果の高いにんにくをプラス。ケーキのような食感ながら、中身はしっかり野菜料理! パーティの前菜にも喜ばれそうです。

●注目素材1 黒豆の効能
代謝を促すビタミンB群に加え、ポリフェノールの一種アントシアニンも豊富で、アンチエイジング効果に期待大。血液サラサラ、体脂肪がつきにくく❤

●注目素材2 にんにくの効能
黒豆に含まれるビタミンB₁の吸収を高めて代謝を促し、疲れにくい体を作る。料理に加えると味にぐっと深みが出るので、満足感もアップ!

 

<recipe>
●材料(4個分)
黒豆…1/2カップ
カボチャ…1/8個
木綿豆腐…1丁
にんにく…1片
バジル…5g
みそ…大さじ2
練り梅…小さじ1
くず粉(片栗粉でも可)…大さじ1
塩…ひとつまみ
紫キャベツ…適量
マフィンカップ…4個
〈ソース〉
木綿豆腐…1/3丁
みそ…大さじ1
酢…大さじ1
にんにく…1/2片

●作り方
① 木綿豆腐を水きりする。
鍋に黒豆を入れ、3倍量の水を加え、ふたをして弱火にかける。フツフツと沸騰したらふたを少し開け、やわらかくなるまで煮て粗熱を取る。やわらかくなる途中で水気が無くなったら、1カップの水を加えて再び火にかける。

1

② 別の鍋にカボチャと鍋底1㎝程の水を入れ、塩(分量外)を少量振り、ふたをしてカボチャがやわらかくなるまで蒸し煮する。粗熱を取り、皮と実に分ける。

③ ①の黒豆を包丁で粗みじん切りにし、マフィンカップに敷き詰める。

④ フードプロセッサーに木綿豆腐、にんにく、バジル、カボチャの皮、くず粉、みそ、練り梅、塩を入れて攪かく拌はんする。ペースト状になったら、2/3量を取り出し、マフィンカップの中段に重ねる。

2

⑤ ④の残りに②のカボチャの実を加えて再び攪拌する。

⑥ ⑤をマフィンカップの上段に重ねて、180℃に温めたオーブンで30分焼く。

3

⑦ ソースを作る。にんにくをすり下ろし、すべての材料をフードプロセッサーにかけて、なめらかになるまで回す。

⑧ ⑥にソースをかけ、彩り用に刻んだ紫キャベツを散らす。

 

+α menu
砕いて丸めて野菜ボールに
a

 

キッシュを砕いて好みの大きさに丸め、スライスアーモンド(適量)をまぶして完成。ひと口サイズで食べやすく、お弁当のおかずにもなります。

 

 

 

 

木下あおいさんの新刊がでました!詳しくはコチラ⇒お豆腐の実力120%の料理本「とうふ美人のヘルシーレシピ80」

 

\木下あおいのブログ 玄米菜食美食道♪/

 

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事