食・レシピ
2013.8.2

木下あおいのお薬ベジ★ごはん(18) ホームパーティやおつまみにも!水なすのカナッペ

今月のお題:

シミ・ソバカスを防いで透明感のある肌をキープkinoshita1

切って和えてのせるだけ!軽く冷やして召し上がれ
夏のシミ・ソバカス対策に有効な栄養素といえば、なんといってもビタミンC。美肌にはもちろん、疲労回復にも効果的なので、暑い夏こそ積極的にとりたいものです。そこでおすすめな1品が、ジューシーな生の水なすに、ビタミンCが豊富なパプリカやアボカドなどの野菜をたっぷりのせた「水なすのカナッペ」。火は使わず、切って和えるだけの超簡単レシピながら、味は抜群!水分が多さっぱりしているので、食欲がない日でもパクパク食べられます。彩りもキレイなので、ちょっとしたおもてなしにもどうぞ。

●注目素材1 パプリカの効能
ピーマンと同じ唐辛子の仲間。特に赤パプリカはビタミンCの宝庫と呼ばれ、加熱しても壊れにくいのが特徴。β-カロチンも多く含み、抗酸化力が高い食材。

●注目素材2 アボカドの効能
老化防止に効果的なビタミンEが豊富。パプリカと合わせると〝抗酸化トリオ〟ビタミンA・C・Eをバランス良く摂取できるため、アンチエイジングに最適。

 

●材料(2人分)
水なす…1本
赤パプリカ…1/4個
黄パプリカ…1/4個
アボカド…1/2個
きゅうり…1/4本
ノリ…1/2枚
レモン果汁…大さじ1
しょうゆ…小さじ2
紫キャベツ…1/2枚

●作り方
① なすを輪切りにする。赤パプリカ、黄パプリカを1㎝角に切る(写真1)。きゅうりをスライスし、塩少量(分量外)でもみ、水気をきる。アボカドの種を取り出し(写真2)、中身をスプーンでこそげ取る。

1

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

② ボウルに赤パプリカ、黄パプリカ、アボカド、きゅうり、ノリをちぎって入れ(写真3)、レモン果汁、しょうゆを加えて和える。

3

 

 

 

 

 

③なすの上に2をのせ、細かく切った紫キャベツを飾る。

+α menu
豆腐を加えてサラダボウルに
カナッペの具に水気をきった豆腐1/2丁を加えてボリュームアップ。サニーレタス(適量)にのせれば栄養満点のサラダボウルに変身です。

a

 

 

 

 

 

木下あおいさんの新刊がでました!詳しくはコチラ⇒お豆腐の実力120%の料理本「とうふ美人のヘルシーレシピ80」

 

\木下あおいのブログ 玄米菜食美食道♪/

 

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事