食・レシピ
2021.7.11

話題のスイーツ・台湾カステラが卵2個で作れちゃう♪人気の台湾ごはんレシピ公開!

今話題の“台湾ごはん”。フードフェアが開催されたり、輸入食品店「カルディ」で調味料が売れていたり、台湾カステラ、豆花(トウファ)や豆漿(トウジャン)の専門店が出来たり。なかなか海外旅行に行けない日々が続いていますが、ごはんで旅気分を味わっている人が多いよう。そんな“台湾ごはん”ブームの中、先日発売されたレシピ本『弾丸トラベラーの台湾妄想旅ごはん』が、手に入る食材で簡単に台湾ごはんが作れると、人気を博しています。今回は『弾丸トラベラーの台湾妄想旅ごはん』の中から、特に人気の高い台湾カステラのレシピを大公開!ぜひおうちで旅気分を味わってください。

1年で15回!日帰り台湾旅行をした著者による台湾“風”ごはん

著者である門司紀子さんは、『美的』や『Oggi』などの多くの女性誌で活躍し、美的.comで毎週サラダレシピ「Today’s SALADA」を連載しているフリーランスエディター&ライター。趣味である日帰り台湾旅が高じ、2019年に『台北日帰り弾丸旅 食べまくり1年12回』(小学館)出版。大ヒットに!2019年には1年で15回も日帰り旅を楽しんできました。

640_20210421-030219

しかし、旅行に行けない日々。「台湾“風”ごはんをおうちで楽しむしかない!」と考え、現地で食べてきた味を、身近に手に入る食材で再現。1冊の本にまとめました。現地の味に寄せたものから、こんな味もアリかも!?と作られた完全妄想レシピまで、80品を掲載。卵2個で食べ過ぎる心配のない台湾カステラや、豚バラスライスで時短&罪悪感控えめのルーロー飯など、作ってみたくなるレシピばかり♪

taiwan-mousou-obitsuki

『弾丸トラベルライターの台湾妄想旅ごはん』
著/門司紀子(弾丸トラベライター)
¥1,430  発行/小学館
購入&試し読みはこちら▼
https://www.shogakukan.co.jp/books/09310684

話題のスイーツ・台湾カステラのレシピを大公開!

p114-115-20210404_094343

台湾カステラ

[材料]パウンド型(約18×8×高さ6.5㎝)1本分
太白ごま油(米油でも) 25g
牛乳  25g
卵  2個
きび砂糖 25g
薄力粉  30g
ベーキングパウダー 小さじ1/2

《作り方》
1)型に合わせてオーブンシートを適宜カットしながら敷いておく。すべての材料を計って用意。さらに湯(分量外)を多めに沸かしておく。オーブンは170℃に予熱を。
2)太白ごま油をボウルに入れ、軽くレンチンした牛乳を投入して手早く混ぜる。
3)卵を割り、黄身は2のボウルに投入し均一に混ぜる。卵白は別のボウルに入れ、なにも入れずにざっと泡立てたら、途中できび砂糖を2回に分けて加えながら、しっかりとしたメレンゲ状になるように泡立てて。
4)黄身を入れたボウルに3のメレンゲの1/3量を入れて泡立て器で混ぜ、薄力粉とベーキングパウダーを合わせた1/2量をふるいながら投入。ヘラですくうようにして混ぜたら、メレンゲの1/3量を、さらに粉の残り1/2を、最後にメレンゲの残り1/3を混ぜ込みながら、その都度さっくり混ぜていく。
5)型に4を流し入れ、表面をならしたら、1で沸かしておいたお湯を半分の高さくらいになるまで入れた天板にのせ、170℃で40分湯せん焼きを。40分たったら竹串か楊枝を刺して抜き、生地がついてこなかったら焼き上がり。

p114-sub2-20210404_074405

<Point>
●メレンゲはツノがしっかり立つくらいまで。卵2個分なら、電動ミキサーがなくても手でもどうにか頑張れるはず!

p114sub1-20210404_073711

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事