食・レシピ
2019.1.24

血流UPで冷え性対策に◎! 3~5分煮込むだけの超簡単レシピ

乾燥がひどくて肌がカサカサ、メイクのりがイマイチ…、寒さでくまやくすみが気になる…、イベントごはん続きで腸内環境やおなか周りのもたつきが心配…etc.そんなときは、家で“食べるケア”を。今回は、血流を改善して、くすんでさえない肌をぱっと明るく導く煮込みをご紹介します。3~5分でできるから忙しい日でも安心♪

白菜とシジミの白ワイン蒸し煮

181018s19_156
シジミに含まれる鉄は赤血球のヘモグロビンの素となり、酸素を全身に届けて目の下のくまを解消。シジミのうまみを吸った白菜がおいしい。

材料(2~3人分)
シジミ…150g
白菜…5~6枚
べーコン…2枚
白ワイン…100ml
オリーブオイル…大さじ2
塩…少量

作り方
(1)シジミは必要なら砂抜きをする。白菜は1cm幅のざく切りにし、べーコンは1cm幅に切る。
(2)鍋にすべての材料を入れて強火にかける。沸騰したら中火にし、3~5分煮る。

ブリのピーナッツクリームしょうゆ煮

181018s22_162
ブリに豊富なEPAは血栓ができるのを防ぎ、“血液サラサラ”にしてクリアな肌に。コクと甘みはピーナッツクリームで。濃いめの味にごはんが進む!

材料(2〜3人分)
ブリ…2切れ
クレソン…1株
下ろししょうが…小さじ1
ピーナッツクリーム(加糖)…大さじ2(ピーナッツバターでも可)
しょうゆ…大さじ3
酒…大さじ2
水…80ml

作り方
(1)ブリは2~3等分に切り、クレソンは3cm長さに切る。
(2)鍋にすべての材料を入れて強火にかける。沸騰したら中火にし、クッキングシートなどで落とし蓋をして、3~5分煮る。

牛肉と湯葉のコチュジャン煮

181018s21_158
牛肉と生湯葉の鉄豊富コンビで肌のくすみを解消。甘辛味を程よくマイルドにする湯葉の鉄は、小松菜のビタミンCととると、吸収率がアップ。

材料(2〜3人分)
牛こま切れ肉…150g
小松菜…2株
生湯葉…100g
コチュジャン…大さじ2
赤みそ…小さじ2
砂糖…小さじ1/2
酒…大さじ1
水…100ml

作り方
(1)牛肉は大きければ一口大に切る。小松菜は4cm長さに切り、生湯葉は食べやすい大きさに切る。
(2)鍋にすべての材料を入れて強火にかける。沸騰したら中火にし、3~5分煮る。

ARRANGE!
181018s26_192
牛肉や小松菜を食べやすい大きさに切り、煮汁、ごはん、溶き卵と炒めてチャーハンに。

 

181018s29_219
フードスタイリスト 新田亜素美さん
にった・あそみ/東京都生まれ。浅草育ちの気っぷの良さと、身近な食材で作る洗練された料理が評判。著書多数。
「煮込みはうまみが出る食材を入れると、味が決まりやすいです」

 

『美的』1月号掲載
撮影/神林 環 料理・スタイリスト/新田亜素美 栄養監修/美才治真澄 構成/松田亜子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事