食・レシピ
2017.12.2

「水菜と梨と胡麻のあっさりフルーツサラダ」美容エディター・門司紀子のToday’s SALAD #18

18salad1
本日のビューティ食材:水菜
寒さに強く、冬でも安価で手に入る冬野菜のひとつである水菜は、鍋の具材の定番。鍋の翌日、水菜が余ったときには、シャキシャキとした食感が美味しいサラダをぜひ! 一見栄養がなさそうに見える水菜ですが、うれしい栄養素がたっぷり。抗酸化&美肌に効くビタミンCはもちろん、むくみを解消するカリウムや、妊活&妊娠中の女性に欠かせない葉酸などを含み、腸内環境を整えて便通をよくする食物繊維も豊富。スーパーに買い物に行って、レタスなどの葉物野菜が驚くほど高くて買うのを迷った日には、サラダ用に水菜を買うのがおすすめ!今回は水菜と梨の組み合わせ。胡麻油&醤油の風味をプラスして、和食にも合うフルーツサラダをご紹介。梨のみずみずしい甘さが胡麻脂香る醤油ドレッシングと絶妙にマッチして、さっぱり美味しくいただけます!

 

<材料>
水菜     1/4~1/3束(お好みで)
梨     1/3~1/2個
胡麻油     大さじ2
醤油      大さじ1~2
米酢      大さじ1~2
すり胡麻    大さじ1~

 

<作り方>
① 水菜を食べやすい大きさにカット。
18salad2

② 梨をざくざく細かくカット。
18salad3

③ ボウルに水菜と梨を入れ、胡麻油、醤油、米酢を加えてざっくりあえる。
salad4

④ お皿に盛り、すりごまをトッピング。

 

18salad5
「すり胡麻」は、スーパーなどでも売っているオニザキの「つきごま」を愛用しています。臼と杵でついた胡麻は、一般的なすり胡麻よりも粒が残っていて食感もよく、しっとりとしてより香ばしい風味が魅力。サラダには「白」がおすすめですが、胡麻和えなどにはより風味が強い「金」や「黒」もおすすめ。

オニザキコーポレーション「杵つき製法」
https://www.onizaki.co.jp/shop/kodawari/tsuki.php

 

 

noriko-monji
門司紀子
もんじのりこ/大学在学時からCanCam編集部にて編集アシスタントとして〝雑誌づくり〟のキャリアをスタート。約20年、フリーランスエディター&ライターとして活動。趣味は料理とゴルフ。Instagram(アカウント:norikomonji)でも、料理レシピや〝mondeli〟ケータリング写真を発信中。

料理・撮影・文/門司紀子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事