食・レシピ
2017.6.12

神崎恵さん発!“翌朝キレイ”なヘビロテレシピ♪ 深夜ごはん

夜遅く帰って来たときのごはん…面倒だし、太りそうだし、悩みますよね。
今回は、食べることが大好き♥な美容賢者に緊急調査!夜疲れて帰っても10分で作れて、〝太りにくい〟〝むくみしらず〟〝肌プルプル〟…になれるヘビロテレシピを教えてもらいました!

 

神崎 恵さん発 翌朝プルプル肌になれるレシピ

深夜はなるべく食べないようにしていますが、食べるときは幸せな気持ちで満たされたいので、炭水化物はやめて野菜やたんぱく質など〝罪悪感のないもの〟で作ります。今回ご紹介するのは、どれも翌朝むくまず、艶やかな肌を実感できるメニュー。ぜひお試しを♥(神崎さん)

 

サーモンのグリル アボカドディップ添え

ビタミンたっぷりのアボカドやパプリカで美肌に♪
_mg_9186ff-s30サーモンとアボカドは、週に数回は食べる食材。サーモンはハリ感を、オメガ3脂肪酸が豊富なアボカドは肌ツヤを高める最強ペアです!

【材料(2人分)】
生鮭…2切れ アボカド…1/2個
A(オリーブオイル小さじ1、塩・こしょう・レモン汁・下ろしにんにく各少量)パプリカ(黄・オレンジ)…各1/2個・塩・こしょう・薄力粉・オリーブオイル…各適量

 

【作り方】
①アボカドは皮と種をのぞき、フォークでつぶしてAと混ぜる。パプリカは一口大に切る。
②鮭の水気を拭き、塩・こしょうを振って薄力粉をまぶす。フライパンにオリーブオイルを熱して鮭を両面焼く。パプリカも一緒に炒めて塩・こしょうを振って器に盛る。
③鮭に①のアボカドディップをのせる。

 

教えてくれたのは…

神崎 恵さん
ビューティ・ライフスタイリスト。独自の美容法やファッション、ライフスタイルすべてが憧れの存在。多忙を極めていても疲れを見せないパワフルウーマン。新著は、自ら「渾身の作」と明言する『大人のための美容本』(大和書房)。

 

『美的』2017年7月号掲載
撮影/小林キユウ フードスタイリスト/渡辺ゆき レイアウト/最上真千子 構成/小内衣子(PRIMADONNA)

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事