ヘアのお悩み
2019.7.25

正しい髪の乾かし方でサラサラ美髪が叶う!くせ毛さん必見のドライヤーテクもチェック!

乾かし方ひとつで差が出る!美髪につながる髪の乾かし方を伝授!ドライヤーで乾かす前にまずはしっかりタオルドライすることが重要です。サラサラ髪がかなう乾かし方からくせ毛さん必見!はねない!まとまる髪の乾かし方、ボブヘア・軟毛・剛毛さん別テクまで。今日から使えるドライヤーテク、ぜひ取り入れてみてくださいね♪

【目次】
乾かす前の大事なステップ&髪の乾かし方
サラサラ髪がかなうドライヤーテク
くせ毛髪をまとまりよく乾かすコツ
はねない!するんっとまとまりの良い髪に
ボブヘアの乾かし方のコツ
軟毛さん・剛毛さん別乾かし方

乾かす前の大事なステップ&髪の乾かし方

まずはしっかりとタオルで水気をとる

まずはしっかりとタオルで水気をとる
【ドライヤーで乾かす前のポイント】
・使い古しのタオル、パイル地に髪が絡まる元なのでNG。
・滑りの良い綿タオルで頭皮の水気をとる。
・こすらないことを意識!

薄毛&抜け毛に悩む前に実行すべき!効果てきめんヘアケア

パサつきを防ぐ乾かし方

【How to】

パサつきを防ぐ乾かし方
(1)根元に風を入れてしっかり乾かしてから、毛先に向かって毛流れを整えながら全体をドライ。

パサつきを防ぐ乾かし方
(2)後ろは根元をしっかり乾かしたら、襟足の根元から前に向かって風を送りながら髪を前に引き出すようにしてドライ。

パサつき、きしみ、寝ぐせ・・・ヘアトラブルのレスキューテク完全版

サラサラ髪がかなうドライヤーテク

梅雨から夏の湿度が高い環境でも大丈夫!猫っ毛でもふんわりツヤ髪に!

\使用アイテム/

梅雨時期でも大丈夫!猫っ毛でもふんわりツヤ髪に!
クール&ホットな温感と、森林浴しているような香りが心地いい頭皮用エッセンス。頭皮をしっかり保湿できる上、ボリュームケアもできる。
ウルオッテ|ハーバルエッセンス(爽) 140ml ¥5,800

梅雨時期でも大丈夫!猫っ毛でもふんわりツヤ髪に!
温度センサーで過度の熱によるダメージを防いでくれるので安心して使える。風量がパワフルだから、髪が乾くのが早い!
ダイソン|スーパーソニック アイアン/フューシャ ¥45,000

【How to】

梅雨時期でも大丈夫!猫っ毛でもふんわりツヤ髪に!
(1)シャンプー後にタオルドライしたら、頭皮に専用のエッセンスをつける。塗布する部分は、横はハチとハチの間、縦はおでこから頭のてっぺんの内側に、縦と横のライン状に何か所かつけていく。頭皮にしっかりつけられるように、髪をかき分けるのがコツ。塗布したら、指の腹で軽くもみ込んでエッセンスを浸透させる。

梅雨時期でも大丈夫!猫っ毛でもふんわりツヤ髪に!
(2)ドライヤー前に髪の絡まりが気になるときは、必ず手ぐしで優しくほぐす。髪が濡れているときはキューティクルが開いていてダメージを受けやすいので、ブラシを使うのは絶対にNG。

梅雨時期でも大丈夫!猫っ毛でもふんわりツヤ髪に!
(3)ドライヤーは、高温すぎるとダメージになるので、熱ではなく風で乾かす。風量が強いものなら、乾きが早くて髪の負担を減らせるというメリットも。頭皮からきちんと乾くように、髪をかき分けて乾かしていく。

梅雨時期でも大丈夫!猫っ毛でもふんわりツヤ髪に!
(4)頭皮が完全に乾き、髪は8割くらい乾いたら、仕上げに冷風を当てていく。髪を撫でおろすように上から下へ、後ろから前へと当てる。冷風でキューティクルが引き締まってツヤ髪に!

梅雨時期でも大丈夫!猫っ毛でもふんわりツヤ髪に!
完成!

梅雨時期でも1日中サラサラ髪になれるドライヤーテク|猫っ毛でもふんわりツヤ髪に!【美容賢者の髪コンプレックス解消vol.64】

くせ毛髪をまとまりよく乾かすコツ

扱いにくい髪をきれいにまとめる効率的な乾かし方

【How to】

扱いにくい髪をきれいにまとめる効率的な乾かし方
(1)髪を乾かす際は、まず根元をしっかり乾かすのが原則。最初に後頭部の生え際にドライヤーをあてて、手ぐしを入れながら乾かしていく。

扱いにくい髪をきれいにまとめる効率的な乾かし方
(2)ブロッキングしてパーツごとに根元から乾かす!上半分の髪をゴムでまとめて、下半分の髪を乾かす。乾かす順序は下半分、上半分、最後に髪の表面を。ツヤも出てスムーズにまとまる。

扱いにくい髪をきれいにまとめる効率的な乾かし方
(3)下半分の髪が乾いたら、いったんゴムをほどいて再び表面の髪だけをすくってまとめる。おろした上半分の髪を根元から乾かしていく。

扱いにくい髪をきれいにまとめる効率的な乾かし方
(4)上半分の髪が乾いたら、ゴムをほどいて表面の髪をブロー。

扱いにくい髪をきれいにまとめる効率的な乾かし方
(5)顔周りの髪は印象を大きく左右するので、前髪も忘れずに。毛先をつまんでひっぱりながら、上から風をあててクセを伸ばす。

扱いにくい髪をきれいにまとめる効率的な乾かし方
完成!

髪の乾かし方|多くて“くせ”のある髪をきれいにまとめる効率的な乾かし方のコツって?【髪コンプレックス解消vol.44】

はねない!するんっとまとまりの良い髪に

広がりを抑える髪の乾かし方

【How to】

広がりを抑える髪の乾かし方
(1)根元に温風がしっかり当たるように、手ぐしで髪をかき上げながら乾かす。ここでは髪全体を完全に乾かすのではなく、根元はしっかり乾かし、髪の中間と毛先は少し湿っているくらいを目安にするのも、オーバードライによる髪の広がりを防ぐコツ。

広がりを抑える髪の乾かし方
(2)髪の広がりを抑えるもうひと工夫は、手ぐしで髪を下に引っ張りながら、ドライヤーを上から当てること。温風で髪全体が乾いたら、冷風に切り替えて、同じように髪を手ぐしで引っ張りながらドライヤーの熱を取っていく。

広がりを抑える髪の乾かし方
完成!

広がりを抑える髪の乾かし方|“温冷風&手ぐし使い”でするんっとまとまりの良い髪に【美容賢者の髪コンプレックス解消vol.54】

ボブヘアの乾かし方のコツ

髪が多いショートボブを乾かしながらまとめる

\使用アイテム/

髪が多いショートボブを乾かしながらまとめる
Dyson Supersonic|ヘアードライヤー ¥45,000(編集部調べ)

髪が多いショートボブを乾かしながらまとめる
ペスカ クリア スタイリング ジェル 100g ¥3,800

【How to】

髪が多いショートボブを乾かしながらまとめる
(1)タオルドライした髪にトリートメント剤をつける。

髪が多いショートボブを乾かしながらまとめる

髪が多いショートボブを乾かしながらまとめる
(2)髪の根元にしっかり風をあてて乾かす。片手で髪をかきあげながら、いろんな方向から風を送って乾かすのがコツ。

髪が多いショートボブを乾かしながらまとめる
(3)乾かし切ったら冷風にチェンジして、上から風をあてて全体の形を整える。最後に冷風をあててスタイリングしておくと、寝ている間にクセがつきにくくなります。ツヤも出て、翌朝のブローが断然楽に。

髪が多いショートボブを乾かしながらまとめる
完成!

髪が多いショートボブさん必見!キレイにまとまる時短ドライヤーテク【髪コンプレックス解消vol.17】

軟毛さん・剛毛さん別乾かし方

軟毛さんは下から乾かすのが基本!

 

【How to】

軟毛さんは下から乾かすのが基本!
(1)タオルドライで水分をよく取ってから、髪の中間~毛先を手の中に丸めオイルミストをなじませる。

軟毛さんは下から乾かすのが基本!
(2)まずは、前髪を乾かす。片手の指先で頭皮をこすりながら根元のくせを取り、この場合のみドライヤーの風を上から当てる。

軟毛さんは下から乾かすのが基本!
(3)トップは分け目と逆方向から毛束を持ってきて上に浮かせながら、根元にドライヤーの風を当てる。このときは下から風を当て、根元をよく立たせる。

軟毛さんは下から乾かすのが基本!
(4)全体を乾かすときは、髪を軽く持ち上げて根元に風を送る。下から風を当てて、根元がふんわりするように。でも、毛先が散ってボサボサになるため、毛先には下から風を当てないこと!

軟毛さんは下から乾かすのが基本!
完成!

乾かすときは下から上に!軟毛さんにおすすめのドライヤーテクニック

剛毛さんは上から乾かすのが基本!

 

【How to】

剛毛さんは上から乾かすのが基本!
(1)しっかりタオルドライしてから、オイルをワンプッシュ手に広げ、髪がぬれているうちに髪の中間~毛先になじませる。手で浸透させるようにしてから、手ぐしを通して。

剛毛さんは上から乾かすのが基本!
(2)目の粗いコームでとかして、後頭部からドライを開始。風量の大きなドライヤーを使い、後頭部の根元を乾かす。後ろの毛をかき分けて根元を露出し、上から風を当てていく。

剛毛さんは上から乾かすのが基本!
(3)トップは根元に立ち上げグセをつけ、ふっくらボリュームアップさせる。毛束を上に引っ張りながら、風を上から当ててドライ。湿り気がなくなるようにしっかり乾かす。

剛毛さんは上から乾かすのが基本!
(4)根元~中間が乾いたら、表面をドライ。手ぐしで毛束を軽く下に引っ張りながら上から風を当てる。収まりが良くなるだけでなく、キューティクルが整ってツヤが生まれる。

剛毛さんは上から乾かすのが基本!
完成!

自分の髪質に合わせたドライヤーテク~剛毛の人はこう使う!~

*価格はすべて税抜きです。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事