ヘアスタイル・髪型
2020.5.31

ボーイッシュな髪型にチェンジしてみちゃう? もやもやした気持ちも断ち切るカッコかわいいショートヘアカタログ

なんだかもやもやしちゃう……スッキリしたい! 心機一転、気持ちをスカッとさせたいというときにはヘアスタイルを変えるのがいちばん! ショートカットは勇気がいりますが、挑戦してみたら意外に似合う! シャンプーやスタイリングがラクでハッピー♡ ということもあるあるなんです。ここでは大人女性におすすめしたい、甘さを抑えたクールでカッコいいボーイッシュな髪型をご紹介します。スタイルチェンジにお役立てくださいね。

【目次】
ボーイッシュショートの髪型<ストレート>
ボーイッシュなショートの髪型<パーマ>
ボーイッシュな髪型のセット術が知りたい!


ボーイッシュショートの髪型<ストレート>

2wayで楽しめる長め前髪で落ちついた雰囲気に

2

【How to ベース&カラー】
バックは襟足を首に沿わせるよう短めにカットします。耳のすぐ前のサイドの毛束は長めにし、やや前下がりにカット。前髪は耳かけができる頬にかかる長さでスライドカットし、自然とサイドに繋げます。ショートのシルエットを丸くするため全体はグラデーションカットに。トップをふんわりさせ、耳周りにはニュアンスが出やすくなるようレイヤーもプラスします。カラーは7トーンのブラウンベージュ。ツヤがしっかり出るカラーで、落ち着いた大人の雰囲気を出します。

耳かけアリorナシどっちも決まって小顔効果あり!“長め前髪×ショート”は究極の大人カジュアルヘア

ランダムな毛先で大人カジュアルにぴったり

3

【How to ベース&カラー】
ベースはサイドグラデーションにカットし、顔まわりをマッシュラインで重めに。襟足はすっきりタイトにレイヤーでカットしたハンサムショート。首に沿ってカットをしているので、ネックラインを美しく見せてくれます。前髪は目の下の長さで重めにカット。カラーリングは、6レベルのブラウンベージュをセレクト。グレーがミックスされているため赤みを抑え、くすみのない透明感のある色味に。ファッションも問わず、どんなメイクにも似合うヘアカラーです。

色っぽハンサムのショートヘア。クセも活かして、柔らかい質感に

ボーイッシュなショートの髪型<パーマ>

毛先でアレンジしやすいカジュアルスタイル

4

【How to ベース&カラー】
襟足は2cmの長さでレイヤーにカット。中間からトップにかけてはグラデーションでカットして重さを残します。前髪はサイドを同じ長さに設定して、角をとる程度のレイヤーを入れて少しだけ軽くして、動きを出します。カラーは、8レベルのフォギーベージュに。気になる赤みやオレンジ色をくすんだグレーで打ち消すことにより、透明感や柔らかさのある色味に仕上げます。

5

【How to パーマ&スタイリング】
パーマをかける場合、20mmのロッドで毛先から2 回転平巻きのデジタルパーマをかけます。パーマ無しでも26mmのアイロンを使って、毛先は外ハネ、中間は内巻きにして波ウェーブとすることでも同様のスタイルを楽しめます。スタイリング剤は、パサつきを抑えて保湿力のあるヘアオイルをチョイス。適量を手に馴染ませて、毛先からも揉み込むようにつけます。ラフな動きと束感を整えたら完成です。

ショートヘア×ニュアンスパーマで、抜け感のあるナチュラルテイストに

再現性も◎セクシーでマニッシュな印象に

6

【How to ベース&カラー】
カットのベースは前下がりのグラデーションに。トップにはレイヤーを入れて動きが出るようにします。前髪はアゴのシャープなラインを強調するように、ほおの高い位置で長さを設定。顔まわりには隠しレイヤーを入れて、顔のラインがキレイに見えるデザインに。カラーリングは旬なオレンジベージュに染めます。派手に見えがちのオレンジ系でも、品があり柔らかいイメージの色味です。

7

【How to パーマ&スタイリング】
アイロンが取れやすかったり、アイロン仕上げが苦手なら、20mmのロッドでワンカールの柔らかパーマがおすすめです。ノンパーマなら32mmのアイロンでさっと内巻きカールに。顔まわりの髪を外ハネにすることで、動きと抜け感を演出します。最後に、軽い質感のヘアオイルを毛先にクシュクシュっと揉み込んだらフィニッシュ。ツヤ感と濡れ感のある質感に仕上げて今どきの表情に。

ハンサムショートヘアは、根元ふんわりの長めバングで女度アップ!

タイトとふんわりのコントラストが旬な耳かけショート

8

【How to ベース&カラー】
サイドは耳にかかる長さでグラデーションにカット。バックとトップもグラデーションでつなげます。襟足はキュッとタイトするためレイヤーで。前髪は、目が隠れるくらいの長さでカットします。カラーは9レベルのウォームベージュをセレクト。赤みを抑える色味でありながら、髪にまろやかさとツヤ感を与え、柔らかい質感に見せる効果があります。

9

【How to パーマ&スタイリング】
ダメージレスでトリートメント効果が望めるGDC(ガーデンオリジナルデジタルキュア)というデジタルパーマを20mmのロッドでかけます。すべて同じ太さのロッドを使い、襟足以外を平巻きで1回転巻きます。スタイルングは、ハーフドライの状態でオイルクリームを髪の中間から毛先にかけて塗布します。もみあげはしっかり目につけるのが鍵。アイロンで仕上げる場合は、26mm、もしくはストレートアイロンで。最後に、前髪を3〜5箇所、細めにつまんで束をつくり抜け感をプラスすることをお忘れなく。

長め前髪のモードな秋ショートヘアは、ニュアンスパーマが狙い目

ボーイッシュな髪型のセット術が知りたい!

トップと前髪のスタイリングでイメージ変えてみて

10

【How to スタイリング】
乾かすとき、トップの毛先を後ろから前に向かって乾かすとハチが広がって見えずに◎。また前髪はかき上げながら乾かすと、ふわっとした毛先を作りやすいです。26mmのアイロンで、前髪とトップの毛先をワンカール内巻きに。サイドは巻かずにタイトに仕上げると、トップの動きが主張されおしゃれな印象に。バームをひと差し指の第一関節くらいまで取り、しっかり伸ばしてからトップの毛束の中間から毛先に向かってもみ込みます。根元にはバームがつかないように注意しながら前髪をかき上げ、毛先をくしゅっと整えたら完成です。トップと前髪の毛先を大胆に動かすとボーイッシュになり、控えめに動かしマッシュのラインをいかすと女っぽく見えるショート。アレンジの幅を楽しめる、一歩先をいくおしゃれスタイルです!

すっきり小顔に見える前髪長めの“ジェンダーレスショート”で、一歩先をいく大人女子に!

簡単なスタイリングでカール感を調節

11

【How to スタイリング】
スタイリングは手軽で簡単!7割ほどドライヤーで乾かしてから、スタイリング剤を全体的につけてから、ムギュっと揉み込んでカール感を調整します。スタイリング剤は、ウェットな質感とツヤ感を出すバームを選んで。

パーマ&ウェット感で美人顔に。しゃれ感のあるマッシュショート

ねじって作る毛束感で動きをプラス

12

【How to スタイリング】
スタイリングを決めるコツは、分け目がパカッとしないように根元をこすりながら乾かすこと。襟足はキュッと締めて、ふんわり丸いシルエットに仕上げます。前髪を下ろし流しにする場合は、アイロンかホットカラーで。スタイリング剤は、バーム系を全体的に揉み込むように馴染ませます。馴染ませるだけだと、全体に動きが出ないので、最後に毛先を軽くねじって束感を作るのがポイントです。

小顔&小頭W効果の長め前髪がカギ。大人かっこいいスタイリッシュショート

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事