ヘアスタイル・髪型
2020.3.20

切りっぱなしロングで大人の色気をプラス!自由自在のヘアアレンジ術も♪

ワンレンベースの切りっぱなしロングヘアなら簡単に色っぽさが手に入ります♪大人の女性の魅力を引き立たせるおすすめヘアスタイルからセルフでできる巻き方など。印象チェンジのアレンジ法も必見です!

【目次】
おすすめヘアスタイルをチェック!
セルフで簡単にできる巻き方をレクチャー♪
ヘアアレンジを加えてさらにおしゃれに

おすすめヘアスタイルをチェック!

暗めカラーでも重たくならならない!

暗めカラーでも重たくならならない!

【How to“ベース&カラー”】
・鎖骨下4cmの重めのワンレンベース。
・表面と顔周りにややレイヤーを入れ、毛束を動かしやすく。
・前髪は巻いて眉が見えるように、眉下でカット。
・前髪のサイドは眉より外側まで取り、ややラウンドにカット。
・カラーは6トーンのアッシュベージュ。
・しっかり艶の出る明度で赤みを抑えます。また透明感が高く、暗めカラーでも重たい印象にならない。

暗めカラーでも重たくならならない!

【How to“スタイリング”】
・前髪を乾かすときは、パカッと割れないよう左右に振りながら乾かす。
・裾はバーっと乾かしてOK。
・32mmのアイロンで、まず全体の毛先をワンカール内巻きに。
・その後、表面の毛束をところどころ取りくるくるねじる。
・ねじった毛束の中間にアイロンを挟み、内外ランダムに2回転巻く。
・この表面の毛束がほつれたようなウエーブに。
・前髪はストレートアイロンで毛先をワンカール。
・さらに表面の毛束だけところどころ取り、根元付近まで内巻きをプラスすることでヌケ感のある動きが出る。
・裾全体にウエットな質感になるオーガニック系のワックスをなじませ、しっかりカールをほぐせば完成。

暗めカラーでも、重たくならならないセミディの秘密は“抜け感前髪”と“ほつれウエーブ”にあり!

ナチュラルなこなれ感をゲット

ナチュラルなこなれ感をゲット

【How to“ベース&カラー”】
・鎖骨下5㎝のワンレングスベース。
・表面に動きを出しやすいようトップにのみレイヤーを入れる。
・前髪を薄く取り、あごラインでカット。
・これが顔周りの後れ毛に。
・毛束を少し取りハサミを滑らせるストロークカットを全体的に細かく入れ、表面に浮いて透けるような毛束を作る。
・カラーは透け感のあるグレーに赤みを抑えるブルーを少しMIXした6トーンのフォギーベージュ。
・落ち着いたカラーで、ストロークカットによる表面の毛束の軽やかさで重たい印象を与えない。

ナチュラルなこなれ感をゲット

【How to“スタイリング”】
・タオルドライ後、パサつきを抑えるためヘアオイルをなじませてから乾かす。
・32㎜のアイロンで毛先のみゆるく内巻きワンカール。
・ツヤを出しながらしっとりまとまるヘアミルクを全体にもみ込み、毛先をラフに動かす。
・片サイドはこめかみに落ちる顔周りの毛束=後れ毛を少しだけ残して耳掛けを。
・反対サイドは顔前に落ちる細い毛束を作り、完成。

顔周りの後れ毛効果で“ナチュラルセミディ”にこなれ感をプラス!

作り込まない自然なかわいさが◎

作り込まない自然なかわいさが◎

【How to“ベース&カラー”】
・ベースは鎖骨ラインでワンレングスにカット。
・ふわっと仕上がるように表面のみに軽くレイヤーを入れて、毛先に軽さが出るよう毛量調整。
・前髪は、目の上ギリギリの長さでカットし、サイドと繋ぐことで頬骨をカバー。
・カラーは10レベルの柔らかい印象を与えるラベンダーベージュに。
・透明感があり、肌色のキレイ見せ効果もあるカラーリング。

作り込まない自然なかわいさが◎

【How to“スタイリング”】
・ドライ時、根元を起こしながら乾かすとふわっと仕上がり美しいシルエットに。
・乾いたら32mmのカールアイロンで、内巻きにワンカール。
・その後、耳周りをメインに外ハネを4パネルほどランダムに巻く。
・スタイリング剤は、広がりやすい人はオイルを、ぺたっとしやすい人は水分が少なめのものがおすすめ。
・手の平に伸ばし、乾燥しやすい毛先から塗布して毛束感を演出してから、表面、前髪の順に塗布。
・前髪の塗布量は手に残っているごく少量で◎。

目ヂカラUPの小顔バング! ナチュラルで男心も掴むこなれボブ

全方位ウケ抜群のストレートのツヤ髪ロング

全方位ウケ抜群のストレートのツヤ髪ロング

【How to“ベース&カラー”】
・胸丈のローレイヤーベース。
・毛先に厚みを残すようにカットするとまとまりやすいロングに。
・髪に“面”があるとツヤが出やすいため、短い毛が表面に出やすいレイヤーは入れない。
・カラーは5トーンのブルーアッシュとグレーのMIX。
・ブルー系が入っていると透明感が出やすく、暗いトーンでも重たく感じさせない。
・色ヌケしにくく、ツヤが際立つカラー。

全方位ウケ抜群のストレートのツヤ髪ロング

【How to“スタイリング”】
・シャンプー後、コンディショナーをなじませた後にスケルトンブラシなど目の粗いコームで髪をとかすとトリートメント成分が均等に浸透しやすくなる。
・濡れ髪に目の細かいブラシを使うと髪を傷めるキケンがあるので注意。
・乾かすときは根元から毛先に向かって乾かす。
・7〜8割乾いた後に、スケルトンブラシでとかしながら乾かすとキューティクルが整いやすくなる。
・よりツヤを求めるなら、ロールブラシを練習して仕上げに使うことがおすすめ。
・ドライ後、髪全体にアイロンを根元付近から毛先まで滑らせ、毛先を軽く内巻きに。
・髪のキューティクルが整い、髪に面が作られツヤが生まれる。
・またミネコラトリートメントを施術した場合は、アイロンの熱量によりさらにツヤ感がUP。
・仕上げに毛先がまとまるようにオイルをなじませれば完成。

「ミネコラトリートメント」がスゴイ!美人髪の代名詞、ストレートの“ツヤ髪ロング”は髪質問わず手に入る時代に

うるサラ質感で最強のモテヘア

うるサラ質感で最強のモテヘア

【How to“ベース&カラー”】
・胸ラインくらいのワンレングスベースでカットし、ローレイヤーを入れる。
・レイヤーは、顔まわりにニュアンスをプラスする程度で、量感は梳き過ぎずに重めで整えるくらいの方が、髪の面をキレイに見せることができる。
・前髪はあご下7cmくらいの長めにカット。
・センターでカットすることで、センターパートでも、左右どちらかに分けてもOK。オールマイティに対応できる。
・カラーは、8レベルのアッシュベージュ。
・軽さのある色味なので8レベルでも重たく見えず、透明感を感じさせてくれる。

うるサラ質感で最強のモテヘア

【How to“スタイリング”】
・根元をふんわり立ち上げるため、頭皮を軽くこするようにドライヤーで乾かす。
・乾いたらストレートアイロンを使って、ごくナチュラルな内巻きに。
・よりキレイに仕上げたいなら、アイロン前にブラッシングを!
・最後に、保湿力のあるトリートメントオイルを毛先になじませてツヤ感アップ。

長め前髪の艶やかロングは、うるサラ質感で最強のモテヘアに!カット&スタイリングに秘密あり

セルフで簡単にできる巻き方をレクチャー♪

ちょっぴり辛口のニュアンスウエーブ

ちょっぴり辛口のニュアンスウエーブ

【How to】

ちょっぴり辛口のニュアンスウエーブ

(1)ハチ上の毛をクリップなどで留め、ハチ下の内側の毛から”なみなみ”に。ひと束を、10㎝間隔で上から順に内カールと外カールをヘアアイロンで交互に作ってウエーブ状に。

ちょっぴり辛口のニュアンスウエーブ

(2)内側の毛を巻いたら、クリップを外して表面の毛を”なみなみ”に。顔周りはやや高めの位置から内→外→内→外と5㎝くらいずつずらしてウエーブを作り、立体感を出す。

ちょっぴり辛口のニュアンスウエーブ

(3)(2)の横の毛束は根元から10㎝程下、外カールからスタート。こうやって高さや巻き、ウエーブの幅をランダムにすると、よりこなれた雰囲気に。

ストレートアイロン〟ひとつでできるなみなみウエーブ

ラフな動きのあるCカール

【How to】

ラフな動きのあるCカール

(1)5㎝幅くらいの毛束を取り、まずは髪の中間から大きく弧を描くようにアイロンを毛先に向かって流す。髪にエアリー感をプラス。

ラフな動きのあるCカール

(2)毛先は角度をつけすぎず内巻きにスッと抜くくらいにすると、カールに程よい抜け感が。”カールをつける”と意識しすぎないコト!

ラフな動きのあるCカール

(3)(2)のサイドの毛束は、トップからアイロンを流すようにかけ、毛先はスッと内巻きに。ひと束ずつ交互に”中間から”と”トップから”巻いていくと、表面に立体感がつく。

\ポイント/

ラフな動きのあるCカール

くせ毛の人、髪が広がりやすい人は、生え際の毛を根元からしっかりとストレートアイロンで伸ばす。髪全体がまとまりやすくなる上、毛先のカールもつけやすくなる。

〝ストレートアイロン〟ひとつでできるCカール

ヘアアレンジを加えてさらにおしゃれに

軽やかな高めポニーテール

軽やかな高めポニーテール

【How to】

軽やかな高めポニーテール

(1)髪全体を、手ぐしで後ろの高い位置に集める。
(2)襟足はきっちりした方がくずれにくいので、再度コームで整える。
(3)飾りゴムで結んだら、指を使って毛束を逆毛にしてふんわりボリュームアップ!

夏のアウトドアイベントは高めポニーテールでアクティブに♪

ボーイッシュな3つ編みテール

ボーイッシュな3つ編みテール

【How to】

ボーイッシュな3つ編みテール

(1)前髪をオールバックにして、低い位置でひとつに結ぶ。
(2)結んだ毛先を3つ編みにして、編み終わりもゴムで結ぶ。
(3)オールバックにした前髪は、ボワッとしないようにピンで留めて、キャップをかぶる。

キャップにも合う! カジュアルヘアアレンジで夏を先取り!

カジュアルにキマるボリュームお団子ヘア

カジュアルにキマるボリュームお団子ヘア

【How to】

カジュアルにキマるボリュームお団子ヘア

(1)まずはゆる巻きに。耳辺りから毛先までを緩く巻いておくと、アレンジした際に柔らかいニュアンスのある仕上がりに。1本結びでもこなれて見える。

カジュアルにキマるボリュームお団子ヘア

(2)後頭部の高い位置で髪を手ぐしでざっくりひとまとめにして、ゴムで留める。まとめた毛束に、お団子ベースを通す。

カジュアルにキマるボリュームお団子ヘア

(3)よりふわっとリラックス感のあるヘアに仕上げたいので、髪はコームで逆毛を立て、ボリュームを。

カジュアルにキマるボリュームお団子ヘア

(4)お団子ベースに毛をくるくる巻きつけるようにして、お団子を作っていく。毛先は落ちてこないよう、何か所かピンで留める。

\ポイント/

カジュアルにキマるボリュームお団子ヘア

カジュアルな印象を狙うなら、お団子は高め位置でボリューミーに作るのが正解。簡単にボリュームが出せる”お団子ベース”は毛量が少ない人の救世主にも。

¥100の“お団子ベース”が超使える! 簡単ボリュームお団子ヘア|1週間アレンジ

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事