ヘアスタイル・髪型
2019.2.4

絶対小顔に見せたいなら、前髪あり×顔周り長めの“ひし形ショート”!

耳周りがふわっとしたひし形シルエットのショート。顔をキュッと包むような印象でこれだけでも十分小顔に見えますが、その上をいく小顔スタイルがこちら。一見ただのひし形ショートですが、実は顔周りの毛束にポイントあり。頬に落ちるいちばん手前の毛束がリップラインまで長く、気になる頬の丸みやエラ張りなどをカバーしてくれます。これにより顔周りを包む毛束のシルエットもひし形になり、小顔効果up。また前髪があるので必然的に顔の面積を小さく見せてくれて◎。

とにかく小顔にこだわったスタイル。もちろんふわっとラフな毛束でこなれ感があり、小顔に見せつつおしゃれな印象も手に入ります。顔の大きさや骨格に悩んでいる人は、ぜひこの計算づくのショートに挑戦を!

丸いふわっとしたシルエットは、女性らしい柔らかな印象にも

%e2%91%a0

 

【how to“ベース&カラー”】

顔周りはリップラインよりも長めの前上がりショートベース。バックは丸みが出るように長さを残し、襟足はタイトにして丸みを強調させます。輪郭を包みやすくするため、もみあげより前の毛束にレイヤーを。さらにふわとしたひし形シルエットを作りやすくするため、ハチ上にもレイヤーを入れます。前髪は目にかかる長さでカットし、サイドは自然に繋げて。カラーは8トーンのブルーアッシュにフォギーベージュを入れて、赤みを消しつつ柔らかな色味に。

%e2%91%a1

【how to“スタイリング”】

顔周りの左右の毛束が内巻き、外ハネと、違った方向に流れやすい人は乾かし方に注意。つむじの毛流れにより外ハネになる側が出てくるので、外ハネになる毛束は乾かすとき、必ず根元をしっかり前に引き出しながら乾かして。根元の毛流れのクセを取ってあげると、自然と内巻きに流れやすいです。乾かしたら26㎜のアイロンを毛束の中間から挟み、全体の毛先を軽く内巻きに。レイヤーが入っているので毛先に動きが出やすく、自然とひし形シルエットが作れます。

ラフな質感がおしゃれなのでスタイリング剤はなくてOK。気になる輪郭をカバーしつつ確実に小顔を狙える、こなれ感のある大人ショートです!

afloat-ruvua%e3%82%b9%e3%82%af%e3%82%a8%e3%82%a2-2
サロン名:AFLOAT D’L (アフロート ディル)
担当サロンページはこちらから
AFLOAT D’L (アフロート ディル)

ヘアスタイリスト/須藤直矢(AFLOAT D’L) モデル/長澤 愛 文/上村ゆう子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事