ヘアスタイル・髪型
2018.12.31

小顔も柔らかさも手に入る、顔周り長め&中央シースルーの“W前髪”で、大人かわいいショートボブに

ショートにするとき悩むのが、前髪を作るかどうか。前髪がないとクールになり大人っぽい印象に。逆に前髪を作るとグッとかわいらしい印象になります。どっちも魅力的ですが、今回はそのふたつに絞らない、クールもかわいいもイイトコ取りの前髪をご紹介します! それは、まず顔周りは鼻ラインでカット、さらに中央の前髪を薄く取り、目の上ギリギリでカットしたシースルーバングをプラスした前髪。つまり、顔周り長め&中央シースルーを合わせた前髪にすれば、クールさもかわいらしさもバランス良く取り入れられるスタイルに。またこの前髪は、頬ラインが隠れるので小顔効果も絶大です。中央のシースルーバングはトレンド感がありつつ、表情を柔らかく見せる嬉しい効果もあり。
この前髪はロングに合わせると野暮ったく見えがちですが、ショートに合わせることでおしゃれ感が際立ちます。顔周りが長いので、ショートというよりショートボブに見えるので挑戦しやすさも◎。ショートで前髪に悩んでいる人は、ぜひこのイイトコ取りの合わせ前髪に注目を!

ふわっとした毛先はパーマで作っているので、忙しい朝でもスタイリングは簡単!

%e2%91%a0
【how to“カット&カラー”】

サイドはリップライン、耳より前はレイヤーを入れず長めにカットします。顔周りは鼻ラインでカットし、前髪の中央は薄めに取り目の上ギリギリでカット。後頭部は裾が丸いシルエットになるようグラデーションカットに。カラーは7トーンのカシスブラウン。ピンク系のカラーは最近のトレンドです。ツヤがしっかり出つつ、どんな肌色もきれいに見せます。

%e2%91%a1

【how to“パーマ&スタイリング”】

24㎜のロッドでバックを上から3段、サイドを上から2段に分け、それぞれ平巻きパーマをかけます。顔周りは毛先が軽くリバースになるようパーマをプラス。スタイリングは、乾かすときトップの毛束は持ち上げるように乾かし、サイドは後頭部に向かって流すように乾かします。前髪のシースルーバングは、くしでとかすと適度な隙間が作れて◎。パーマは乾燥しやすいので、仕上げにオイルをもみ込んでツヤを与えつつふわっとした束感を作れば完成です。
小顔に見せつつ柔らかな雰囲気も楽しめるショートボブ。パーマでスタイリングは簡単なので、朝が忙しいOLやママにもぜひおすすめしたい髪型です!

 

4_salonphoto1
サロン名:AFLOAT JAPAN(アフロート ジャパン)
担当サロンページはこちらから
AFLOAT JAPAN(アフロート ジャパン)

ヘアスタイリスト/田邊可奈(AFLOAT JAPAN) モデル/西林さき 文/上村ゆう子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事