ヘアスタイル・髪型
2020.12.12

自分にぴったりが見つかる!内巻きボブ【13の作り方】

\"\"

シンプルで可愛い内巻き。ボブとの相性は抜群!『美的.com』の連載で好評だった人気サロンのスタイルからおすすめの内巻きボブをご紹介します。

簡単可愛いが叶う内巻きボブの「3つの特徴」

Check
  • 内巻きになるようにカットされているスタイルが多いので、ワンカール巻くだけでスタイリングはとっても簡単!
  • 前髪ありなら守ってあげたくなるような愛しい印象を与えてくれる。
  • 外ハネに飽きてしまって、次の一手となる髪型を探している人にもおすすめ!

アイロンやカーラーを使った【巻き方3つ】

【巻き方1】32mmのコテを使ったやり方

  1. ストレートにブローした後、32mmのアイロンで毛先をサラッと内巻きに。しっかりカールをつけるよりも、軽く動きをつける程度が今っぽい。
  2. 巻いた毛先にセミウエットに仕上がるヘアクリームを軽くもみ込み、ふわっとした束感を。

担当サロン:EVOKE TOKYO(イヴォークトーキョー) 松島春樹さん

 

初出:毛量が多くても大丈夫!“前髪パッツン系ボブ”でカジュアルかわいく♪

記事を読む

【巻き方2】29mmのコテ使ったやり方

メイクアップアーティスト

レイナさん

早稲田大学在学中にメイクアップスクールにも通う。化粧品会社勤務を経て独立。小学館より『コンプレックスを解く本当にちょっとしたメークの法則』を出版。
関連記事をチェック ▶︎

(1)表面の髪をクリップで固定する
・髪が多くて巻きにくい場合は、スタイリングする際、髪をブロッキング。
・表面の髪をすくってクリップで留める。

(2)下側の髪をヘアアイロンでワンカール
・手ぐしで毛先をとり、ヘアアイロンで内巻きにワンカールする。

「私は29mmのヘアアイロンを使用。短い髪でもちょうどよい自然なカールがつきます」(レイナさん/以下「」内同)

(3)表面の髪もヘアアイロンでカール
・クリップを外して、表面の髪も内巻きにカールする。
・レイナさんいわく、下側の毛より少しだけ強めにカールするのがコツ。

「表面と内側、2段階でカールを入れることで髪が空気を含むので、最後の仕上げでふんわりと自然な丸みが生まれます」

(4)前髪もヘアアイロンで立ち上げる
・前髪全体を外巻きにして、根元を立ち上げる。

(5)ワックスを手にとる
・固めのワックスなので、使う量はほんの少しでOK。

「これくらいの量のワックスを手でしっかり伸ばしてから髪全体にうす~くつけると、重くならずに動きはしっかり出てアレンジしやすいんです」

(6)下から上に向かって大胆に手ぐしでワックスをつける
・手のひらのワックスを髪の下から上へ向けて“ワシャ~ッ”となじませる。
・とくに後頭部はしっかりとボリュームを出したいので、逆毛を立てるくらいのつもりで大胆に!

(7)全体を手ぐしで整えて完成!
・トップと後頭部にしっかりとボリュームが出て、毛先はふんわりと内巻きに。
・きっちりとフォルムを作ることでスタイリッシュな雰囲気になり、華やかさも断然アップ!

耳を出すとまた違った雰囲気に。

「ヘアアイロン+ワックス仕上げで毛先に動きがつけやすく、フェミニンにもカジュアルにもアレンジ自在。簡単なのでぜひ試してみてください!」

\使用アイテム/

資生堂プロフェッショナル ステージワークス トゥルーエフェクター(マット)(写真はレイナさん私物)
スーパーマットな質感とハードなスタイリング力を誇るヘアワックス。

価格容量
¥1,500 80g
初出:シンプルなショートボブを簡単ヘアアレンジでふわっと華やかに!【髪コンプレックス解消vol.19 】

記事を読む

【巻き方3】カーラー×ストレートアイロンを使ったやり方

Un ami omotesando トップスタイリスト

津村佳奈さん

神崎恵さんを担当する美容師として一躍有名に。確かな技術で、その人に必ず似合うヘアスタイルを提案してくれる。

(1)前髪~トップをマジックカーラーで巻く
・大きめのマジックカーラーで、前髪を後ろ向きに巻く。
・その後ろの毛束も同様に巻いて。
・さらに、ハチ上の髪を分けて、クリップで留めておく。

(2)毛束を横に引き出して
・耳上の毛束を取り、根元をストレートアイロンで挟んで横向きに引っ張る。
・下向きに引っ張るとペタンとなり、上向きに引っ張ると広がるので注意!

(3)大きく内巻き
・中間まで来たら、手首を大きくカーブさせるように返して内巻きに。
・両耳の上、両耳の後ろ、真後ろの5つを目安に毛束を分けて巻くとちょうどいい。

(4)シアバターを手にとる
・すべて巻き終わったらマジックカーラーを外す。
・シアバターをほんの少し指先にとって、手のひらから指の間にまで薄く広げておく。


(5)シアバターを髪になじませて整える
・前髪をかきあげるようにしながら、手に広げたシアバターをなじませる。
・その後、手グシを通しながらフォルムを整え、毛先を軽くつまんで束感を。

出来上がり! ふんわりエアリーなストレートタッチに


初出:髪が短くてもOK!梅雨のうねる髪はカーラーとアイロンでふんわりヘアに♪

記事を読む

内巻きを【キープするコツ2つ】

【コツ1】巻く前にベース剤をつけておく

S.HAIR SALON スタイリスト

紗良さん


「髪は、熱で形が変わり、それが冷めるときにくせが定着するので、しっかり巻いてから冷風でほぐすとカールが固定されます。巻く前にベース剤をつけておくと、カールが長もちしますよ」(紗良さん)

 

初出:簡単ヘアスタイリング術|スタイリング剤選びとくずし方でこなれ感のあるランダムウェーブに♪

記事を読む

【コツ2】仕上げはスプレーワックスでしなやかにキープ

Check
  • スプレーなので髪に薄く、均一につけられる。
  • セット力もホールド力もあるけど、つけた後でも手グシを通しやすくバリバリしない。
  • 巻いた髪を柔らかくキープしてくれる。

初出:春ボブに変えたら…スタイリング剤もこだわるべき!ワックス・スプレー・バームetc.

記事を読む

ビューティーエクスペリエンス ロレッタ フワフワシュー

【このアイテムのポイント】
・巻く前にも巻いた後にも使えるスプレーワックス。
・ふんわり感を一日中キープする。

価格容量
¥2,000 180g

初出:毛質別!トレンドヘアを叶えるスタイリングのアイテム&テクニック

記事を読む

資生堂プロフェッショナル ステージワークス フラッフィーカールミスト

【このアイテムのポイント】
・髪を巻く前に仕込むと、カールがくずれにくい。

価格容量
¥1,500(サロン専売品) 150ml 

初出:こなれ感のあるヘアのポイントは“隙間のある束感”! 最旬ヘアをかなえる5つのルールとは?

記事を読む

ナプラ N.ポリッシュオイル

【このアイテムのポイント】
・根元以外の全体に。軽いツヤをのせ、巻きをキープするオイル。

価格容量
¥3,400 150ml

初出:外国人風ウェーブはストレートアイロンで作る!伸ばしかけ髪で作るラフな波巻きヘア

記事を読む

花王 ケープ ナチュラル&キープ 無香料

ふんわり自然な動きをキープ。

価格容量
¥665(編集部調べ) 180g

初出:湿気が多くても巻き髪やストレートヘアを長時間もたせるコツは? 美髪のエキスパートおすすめのアイテムも

記事を読む

資生堂プロフェッショナル ステージワークス パウダーボリュームエアー

【このアイテムのポイント】
・オイルフリーのパウダーインタイプ。皮脂を吸着して、軽いスタイルを長時間くずさない。

価格容量
¥1,800 150g

初出:春ボブに変えたら…スタイリング剤もこだわるべき!ワックス・スプレー・バームetc.

記事を読む

アリミノ スパイス シャワー ワックス

【このアイテムのポイント】
・ベタつきや重さを抑え、ワックス感を保ちながらスタイリングしやすく。
・ノンウォーターなので、ふわっとソフトに仕上がるのが特徴。

価格容量
¥1,500 180ml

初出:春ボブに変えたら…スタイリング剤もこだわるべき!ワックス・スプレー・バームetc.

記事を読む

ミルボン ジェミールフラン スプレーSD

【このアイテムのポイント】
・巻いた髪の動きを瞬時に固める。
・空気を含んだ立体感のあるカールを、セミドライな質感でクール&軽やかにセット。

価格容量
¥1,600 150g 

初出:春ボブに変えたら…スタイリング剤もこだわるべき!ワックス・スプレー・バームetc.

記事を読む

「前髪あり」内巻きボブ【7選】

【1】明るめカラー×レイヤー入り空気感のあるボブ

【how to“ベース&カラー”】

  1. 全体を鎖骨下1cmのロブに。トップのみにレイヤーを入れて空気感を表現する。
  2. 前髪は目の上ギリギリの長さで、奥行きの狭いシースルーに。幅も黒目と黒目の間の狭めにすることで、額縁のような効果をもたらし小顔に見せてくれる。
  3. カラーは9レベルのカフェラテベージュに。ラテ系色は今季のトレンドでもあり、ナチュラルな透明感と肌をキレイに見せる効果あり!寒色でありながらイエベベースの肌に似合い、幅広い洋服にもマッチする。

【how to“スタイリング”】

  1. ドライ後、ストレートアイロンで毛先をワンカール。温度設定は170度でカールがつきすぎないナチュラルさを目指して。
  2. 前髪は低めの150度で軽くワンカールさせるくらいに通す。マジックカラーでもOKですが、持ち重視ならアイロンが◎。
  3. スタイリング剤は軽めのオイルがおすすめ。毛先中心に塗布して手ぐしで整え、手に残っているオイルを前髪につける。さらに、コーム(櫛)でとかすと、自然でキレイな束感がつくれる。

担当サロン:MINX 銀座二丁目店(ミンクス ギンザニチョウメテン) 桜井智美さん

 

初出:長め前髪とラテ系ベージュならモテヘア確実!幅狭め前髪で小顔効果も

記事を読む

【2】思いっきりシースルーが軽やかなふんわり愛されボブ

【how to“ベース&カラー”】

  1. 全体をあご下3センチの長さで、切りっぱなしボブに。髪質によってはグラデーションを入れても。
  2. 前髪は眉と目の間の長さで、ぱつっとしたラインが残るシースルーに。サイドバングは、耳かけした時にこめかみ部分などに“割れ”ができないよう重めにカットする。
  3. カラーリングは冬におすすめのフォギーベージュをチョイス。赤みの無いベージュで、柔らかさを表現し、色が抜けた時もキレイ。

【how to“スタイリング”】

  1. 柔らかい動きをつけたいので、ドライ時は根元を起こしながらドライヤーの風を当てるのが必須。広がりやすい人は、ドライヤーを前から当てると◎。
  2. 乾いたら32mmのカールアイロンかストレートアイロンで、内巻きにワンカール巻くだけの簡単ヘア。前髪はアイロン無しでOK。
  3. スタイリング剤はクリームバターがおすすめ。全体ではなく、毛先~中間に塗布することで部分的にウェットな質感となりおしゃれな仕上がりに。前髪も毛先メインでつける。

担当サロン:GARDEN aoyama  (ガーデンアオヤマ) 豊田楓さん

 

初出:毛先ワンカールのふんわり愛されボブヘア!シースルー前髪と相性ばっちり

記事を読む

【3】オン眉バングのキュートな内巻きヘア

【how to“ベース&カラー”】

  1. ベースをアゴ下でワンレングスにカット。表面に少しだけレイヤーを入れる。短めレングスは小顔効果があり、お手入れが楽チンなのも嬉しい。
  2. 眉毛上でパッツン前髪にカットする。
  3. 全体のカラーは6レベルのブルーアッシュに。ブルーアッシュは、しっかりとした色味で色持ちがよく、透明感が魅力。さらに、前髪と顔まわりにハイライト入れ、おしゃれ感のある仕上がりに。

【how to“スタイリング”】

  1. スタイリングはとっても簡単!内巻きになるようにカットされているので、ドライ後、32mmのアイロンでワンカール巻いて、スタイリング剤をつけるだけ。
  2. スタイリング剤はさらっとした質感のクリームバターがおすすめ。中間から毛先につけ、手に残ったものを前髪につけるとちょうどいいシースルー感に。耳掛けするとハイライトのニュアンスが絶妙にかわいい。

担当サロン:GARDEN aoyama  (ガーデンアオヤマ) 豊田楓さん

 

初出:マスクとヘアのいい関係!思い切った”オン眉バング”ならコンサバボブに飽きた人にピッタリ

記事を読む

【4】清楚な雰囲気の王道内巻きボブ

【how to“ベース&カラー”】

  1. サイドは平行ライン。肩に当たる長さでカットすると、巻いたとき肩につかず軽やかな印象に。顔周りはやや前上がりにカットし、内巻き部分が重たく見えないようにする。表面に少しだけレイヤーを入れふわっとした毛束を作る。
  2. 前髪は薄めに取り、目の上で流れるように毛量調整しながらカット。こめかみ部分はやや長めにカットし、前髪の端とサイドが90°にならないように自然につなげる。ゆるやかな曲線を作ると幼い印象になりません。
  3. カラーは8トーンのナチュラルブラウン。落ち着いたカラーですがツヤ感と透け感が出るので重たくならず、上品な印象に。退色しにくいのもおすすめポイント。

【how to“スタイリング”】

  1. ドライヤーで乾かすとき、トップの毛束は上に引き上げながら乾かす。普段の分け目から5mmズラして分けると、トップがふわっと立ち上がり立体感が出る。
  2. 裾はナチュラルなカールを作れるストレートアイロンを使い、毛先だけなめらかな内巻きに。150℃ぐらいの低温に設定するとカールがつきにくく、失敗せず自然なカールを作ることができる。さらにハチ上の毛束を横に引き出しやや高い位置から同じように巻くと、表面にふわっとした毛束が作れる。
  3. ソフトワックスを指先に少量伸ばし、毛先にもみ込みながら束感をつける。トップをつまんで根元の立ち上げ部分にもなじませ、さらに前髪の毛先にもなじませたら完成。

担当サロン:Sui(スイ) 深瀬介志さん

 

初出:清楚な愛され系女子をかなえる“隙間前髪×内巻きボブ”|頭の形をキレイに見せるトップのボリュームがカギ!

記事を読む

【5】バルーンシルエットのモテ髪ヘア

【how to“ベース&カラー”】

  1. サイドは鎖骨にかかる長さで前上がりにカット。バックは立体感が出るように段差を入れる。
  2. 前髪は毛先が流れるように少し隙間を作りながら目の上でカット。こめかみに落ちる毛束をやや長めにすることで顔効果を狙える。ふわっとしたバルーンシルエットを作りやすくするためトップや表面、顔周りにはレイヤーを。
  3. カラーは透明感のあるカラー剤の“イルミナカラー”の7トーンのオーシャンサファリ。赤みを消すブルー配合で、落ち着きつつも重たくないブラウンカラーに仕上がる。

【how to“スタイリング”】

  1. 太めのアイロンで全体の毛先を内巻きワンカールに。しっかり巻かず軽く滑らせる程度でokです。前髪も毛先が内巻きになるように軽く滑らせる。
  2. ソフトワックスを手のひらでしっかり伸ばしてから、全体の毛束の中間から毛先に揉み込んでふわっとした立体感を作る。片側だけ、こめかみに落ちる毛束を残して耳掛けを。耳掛け&表面のふわっと浮いた毛束でバルーンシルエットが完成。

担当サロン:AFLOAT D’L (アフロート ディル) 井上紗矢香さん

 

初出:モテ髪ってこーゆーこと! 内巻きストレートの清楚系“バルーンミディ”

記事を読む

【6】パッツン前髪×内巻きのこなれヘア

【how to“ベース&カラー”】

  1. 前髪は眉毛がギリギリ隠れるくらいの長さで、横幅が広めのワイドバングにカット。ワイドバングにすることでパッツン系ボブが今っぽく仕上がる。
  2. 裾はハネないように、肩につかない長さでカット。まとまりやすくするため内側は短めにカットし、表面は束感が出るストロークカットで動きをつける。
  3. カラーは透明感のある10トーンのフォギーベージュ。室内だと落ち着いて見えますが、光に当たると透けて見えて明るい印象に。ベージュの柔らかさでかわいらしさもプラスされる。

【how to“スタイリング”】

  1. ストレートにブローした後、32mmのアイロンで毛先をサラッと内巻きに。しっかりカールをつけるよりも、軽く動きをつける程度が今っぽい。
  2. 巻いた毛先にセミウエットに仕上がるヘアクリームを軽くもみ込み、ふわっとした束感を。前髪の毛先にも少し隙間ができるように束感を作ると、個性的に見えず程よくカジュアルに仕上がる。

担当サロン:EVOKE TOKYO(イヴォークトーキョー) 松島春樹さん

 

初出:毛量が多くても大丈夫!“前髪パッツン系ボブ”でカジュアルかわいく♪

記事を読む

【7】大人可愛いオルチャン風ボブ

【how to“ベース&カラー”】

  1. ベースは肩下くらいの長さで前上がりにカット。ひし形シルエットとなるよう顔まわりにレイヤーをしっかり入れる。
  2. 前髪は横幅を狭めにとりシースルーバングに。サイドバングは長めにつくり、ハネさせることで頬骨をカバー。
  3. カラーリングは、9レベルのアッシュベージュに。赤みをしっかり抑え、外国人のような透明感があり肌色をキレイに見せてくれる色。

【how to“スタイリング”】

  1. 根元を後ろから前方に髪を乾かすだけで内巻きベースとなり、キレイにまとまるようカットに施されているため、ドライヤーの風は前から当てないように。
  2. 乾いたら32mmのアイロンで、全体を内巻きワンカール。前髪は軽く熱を当てる程度にするか、マジックカーラーで。サイドバングは外ハネにする時、横に流すようにクセづけするとよい。
  3. 最後に、アウトバス用トリートメントオイルやクリームタイプのワックスなど、うるおいとツヤ感を与える軽い質感のものを毛先中心に馴染ませる。前髪は毛先1/3くらいに塗布して、上品に仕上げて。

担当サロン:Beauty Connection Ginza Hair Salon(ビューティーコネクションギンザ ヘアサロン) 石橋千紘さん

 

初出:オルチャンへアの鍵は、根強い人気のシースルーバングの内巻きボブ

記事を読む

「前髪なし」内巻きボブ【4選】

【1】ナチュラルな内巻きのワンレンボブ

【how to“ベース&カラー”】

  1. ベースを肩上のギリギリ結べる長さでワンレングスにカット。
  2. 前髪はサイドと同じ長さに揃えます。ハネにくく自然な内巻きとなるようベースの内側はイングラデーションに。質感をセニングとスライドカットで調整し、柔らかさと束感のあるスタイルに仕上げる。
  3. カラーリングは、暗めの5レベル・アッシュベージュをチョイス。赤みを押えつつ透明感があり、ダークカラーでも柔らかい表情の色味になる。

【how to“スタイリング”】

  1. ドライ時のポイントは、分け目がつかないようにふんわりと乾かすこと。生えグセに逆らうようにドライヤーの風を当てるとナチュラルなボリューム感になる。
  2. 乾いたら32mmのアイロンで毛先を内巻きにワンカールするだけで、簡単にスタイルがキマる。
  3. 保湿力があり立体的なスタイルをキープできるバター系のスタイリング剤を毛先に馴染ませ、揉み込んでから軽く崩したら完成。

担当サロン:drive for garden(ドライブフォーガーデン) 西川真矢さん

 

初出:前髪なしの技ありワンレンボブで、大人の抜け感を演出

記事を読む

【2】耳前のふんわり毛束がポイントのおしゃれヘア

【how to“ベース&カラー”】

  1. 肩上でカットしたボブベース。毛先が自然と内巻きになるイングラデーションカットで、丸いシルエットを作る。
  2. 前髪は鼻上で長めにカットしサイドに流して。
  3. カラーは9トーンのラベンダーアッシュ。ボブはこっくりした重たいカラーだと幼く見えがちに。ラベンダーは透け感と柔らかさ、ツヤ感が出るカラーなので重たく見えません。またアッシュが入っていることでおしゃれな印象に。黄みも抑えるので上品な発色をKEEPする。

【how to“スタイリング”】

  1. 乾かすとき前髪を含め分け目と反対側に髪を寄せ、温風で乾かした後に冷風をあてる。それから分け目に戻すと前髪が自然に立ち上がりトップもふんわり。
  2. 32mmのアイロンで毛先を内側にワンカールする。さらに表面の毛束を持ち上げながらワンカールをプラス。
  3. セミウエットな質感になるバームタイプのワックスを全体になじませる。このとき耳前の毛束の根元と、前髪の根元にもしっかりなじませると、髪にコシが出て立ち上がりやすくなる。片側だけ、耳前の毛束を少し残して耳掛けをする。耳前の毛束がふわっとするよう根元を立ち上げ、前髪の根元、サイドもふわっとするように整えたら完成。

担当サロン:XELHA (シェルハ) 石橋千紘さん

 

初出:“内巻きボブ”を今っぽおしゃれに作るカギは、耳前のふわっと毛束にあり!

記事を読む

【3】ボリューム感が魅力の立体感ボブ

【how to“ベース&カラー”】

  1. 表面にスライドカットでところどころ短い毛束を作った、あごラインのワンレンベース。
  2. 丸顔の重心を下げて見せたいので裾を26mmのアイロンでワンカールの内巻きに。さらにハチ上の表面の毛束をリバースカールにし、トップ付近にもボリュームを。表面に短い毛束があるのでふわっとした立体感が出る。この裾とトップのボリューム感が丸顔をカバーするカギに。
  3. カラーは10トーンのアッシュ系になじみのいい細かいハイライトをon。ハイライトで表面の立体感が際立ち、こなれ感と軽やかさがプラスされる。またヌケ感のあるカラーにすることでより大人っぽい印象にも。

【how to“スタイリング”】

  1. 乾かすとき、トップの根元を左右に?き上げながら乾かすと自然な立体感が出て◎。乾かす前には裾にオイルを揉み込んで保湿することも大切。
  2. ベースのケアをきちんとした上で、ややパサッと仕上がるパウダー系のスプレーワックスで毛先を動かす。きれいにまとめ過ぎないラフなボブは大人の余裕を演出。またこのボブはサングラスやハットなどとも相性抜群。

担当サロン:S.HAIR SALON(エス) 古谷貴洋さん

 

初出:丸顔&幼顔は「前髪なし×立体感」で作る“計算的大人ボブ”がおすすめ!

記事を読む

【4】ルーズ感のある内巻きボブ

【how to“ベース&カラー”】

  1. ベースは肩につかない長さで、やや前下がりのグラデーションにカット。美しいシルエットとなるよう表面にレイヤーを入れる。
  2. 前髪はリップラインで、薄めにカット。もみあげ部分は、耳にかけた時にボテっとしないように毛量調整する。
  3. カラーは、寒色でありながら暖かみのある10レベルのラベンダーアッシュに。赤みを抑えてツヤ感があるカラー。

【how to“スタイリング”】

  1. 髪を乾かしたら、32mmのアイロンで内巻きにする。トップの髪は巻くパネルを上に引き出すとふんわりとした仕上りになる。
  2. 前髪も上に持ち上げて、後ろに流れるように毛先をワンカール。
  3. スタイリング剤は、髪の動きが出にくい人はシアバターを、硬毛の人はオイルクリームを選んで。どちらの場合も、スタイリング剤を手の平で馴染ませ、指の間にもつけてから、髪の内側から手ぐしを通すように塗布をしたら完成。

担当サロン:GARDEN Tokyo(ガーデン トウキョウ) 田中麻由さん

 

初出:ふんわりショートボブヘアは、ルーズに耳にかけたシャレ感のある長め前髪が鍵

記事を読む

スタイリング楽ちん!「パーマ」をかけた内巻きボブ【3選】

【1】太めのロッドの毛先ワンカールヘア

【how to“ベース&カラー”】

  1. あごラインのワンレングスボブ。
  2. 前髪は眉下の長さで、奥行きを狭くすることで透けバングに。顔まわりは前髪につなげて動きのある髪をつくる。
  3. カラーリングは9レベルのヌーディベージュをチョイス。パープルを補色としてプラスすることで、柔らかさや透明感のある仕上がりにしながらツヤ感をもたらす色味。

【how to“パーマ&スタイリング”】

  1. パーマは、太めのロッドで毛先ワンカール、顔まわりはリバース方向に縦で巻く。
  2. スタイリングは、根元が立ち上がるようにふんわり乾かすか、半乾きでスタイリング剤を塗布しても◎。
  3. ドライ後、オイルやオイルワックスを手に取り、上から手ぐしを通すように塗布。ややウェットでツヤ感のあるスタイリング剤を選ぶとおしゃれ感のある質感に。最後に前髪をつまんで束感メイクしたら完成。

担当サロン:LONESS omotesando(ローネス オモテサンドウ) 原倫子さん

 

初出:シースルーバング&パーマが新鮮!スタイリッシュなエアリーボブ

記事を読む

【2】忙しい朝でもしっかりカールが出るデジパボブ

【how to“ベース&カラー”】

  1. 前髪を6:4で分けます。裾はあごラインのやや前下がりのワンレンベース。
  2. 顔周りの毛束をリップラインでカットしサイドと差をつけ、毛先の動きを見えやすくする。表面にグラデーションカットを入れ、三角形の角を取って柔らかい印象に。
  3. 全体の毛先に22mmのロッドでワンカールのデジタルパーマをon。デジタルパーマはアイロンで巻いたようなくりっとしたカールがつきやすく、忙しい朝でもしっかりボリュームを出すことができる。
  4. カラーは9トーンのシナモンベージュに透け感のあるブルーアッシュをMIX。落ち着いた中にも柔らかさと透明感のあるこなれカラー。

【how to“スタイリング”】

  1. 乾かすとき、まず分け目と反対側に髪を流しながら乾かし、7割乾いたら分け目に戻して乾かすと前髪が立ち上がりやすくなる。さらに前髪の根元を立ち上げなら、温風と冷風を繰り返しあてると◎。
  2. 裾は毛束を耳前、耳後ろ~後頭部のセンターに左右それぞれ分け、ねじりながら乾かすとデジタルパーマが復活。
  3. ヘアバームを毛先にもみ込み、ふわっとした立体感を出せば完成。

担当サロン:S.HAIR SALON(エス) 宮澤卓也さん

 

初出:面長カバー! サイドボリュームで叶えるイイ女系“トライアングルボブ”

記事を読む

【3】パーマだから扱いやすい!シースルーバングのショートボブ

【how to“ベース&カラー”】

  1. ベースはアゴラインの長さで、やや前下がりのワンレングスボブでカット。表面に入れたレイヤーが、毛先に動きをつけてくれる。
  2. 前髪は横幅を狭くし、巻いた時に目にかかる長さを計算してカット。横幅を狭くすることで、分け目を変えれば“かきあげ前髪”も楽しめる。
  3. カラーは、アッシュ寄りのベージュ。暗めの7レベルでも、透明感のあるカラーなので、重たさを感じず抜けのある印象に。

【how to“スタイリング”】

  1. 大きめロッドでワンカールのパーマをかければ、抜群に扱いやすくなる。
  2. アイロンの場合は髪をドライしたら、26mmのアイロンで内巻きワンカール。表面は2cm間隔で細かめの毛束を取り、リバースにワンカールさせると立体感のあるスタイルになる。
  3. 最後に、ヘアオイル、もしくはシアバターを全体になじませて、カール感をほぐすようにスタイリングする。ウェットな質感と前髪にもしっかりスタイリング剤を付けるのがデザインのカギ。

担当サロン:MINX 青山店(ミンクス アオヤマテン) 蛇石智哉さん

 

初出:シースルーバングのショートボブは大人でもトライしやすい!輪郭補正で、丸顔が気になる人にも!

記事を読む

内巻きをいかした【アレンジ3つ】

【アレンジ1】簡単華やかハーフアップ

\動画で詳しくやり方をチェック!/

\How to/

(1)まずは、コームを使って分け目をジグザグにとり、顔周りの毛束がペタッとつぶれるのを予防。

(2)その後、顔周りの毛束を残してハーフアップにし、大きめのクリップで留めて。仕上げに、毛先中心にソフトワックスを薄くつけ、自然な毛流れをメーク。

【SIDE】

【BACK】

初出:湿気で広がりやすくなった髪をボリュームとして利用!梅雨のおすすめヘアアレンジ

記事を読む

【アレンジ2】ねじって留めるだけのワンサイドヘア

(1)前髪を9:1の大胆なサイドパートにする。根元からしっかりと髪をかき分けてからしばらく手で押さえ、くせをつけて。

(2)分け目側のサイドの髪を、後ろ向きにねじりながら耳にかけて飾りピンで固定。おしゃれなニュアンスをプラスする。

【SIDE】


初出:外出先でもささっとできちゃう夏ヘアアレンジ~サイドねじり留め~

記事を読む

【アレンジ3】カチューシャ風ツイスト編み込み

DAMIAスタイリスト

増田怜奈さん


\How to/

(1)トップの髪を少量とる
トップを7:3の位置でざっくり分けて、7側の毛束を少量とります。

(2)顔まわりをツイスト編み込みに
毛束を2分して、交差させツイスト編みにしていきます。

顔まわりの毛を少しずつすくい、交差させて前側にきた毛束と合わせて編み込み風に。

そのまま耳うしろまでツイスト編み込みを続けます。
「トップはゆるめに、サイドは少しタイトにツイストさせるのがコツです」(増田さん・以下「」内同)

(3)トップの毛を引き出す
ツイストした毛先を片手でしっかり押さえ、もう片方の手でトップの毛を部分的に引き出して、ボリュームとルーズ感を出します。

(4)サイドの毛を引き出す
同様に片手でツイストした毛を押さえ、もう片方の手でサイドの編み目を少しずつ引き出してルーズ感を出します。

「サイドは引き出しすぎないのがポイントです」

(5)毛先をアメピンで固定する
ツイストした毛先をアメピンで固定します。

「大人っぽく仕上げたい場合は、小さめの黒いアメピンを目立たないように、カジュアル感を出したい場合は、色つきのアメピンを交差させてとめると◎!」

完成!

【SIDE】


初出:ボブのカチューシャ風ツイスト編み込みアレンジで脱マンネリ&骨格カバー!【髪コンプレックス解消vol.33】

記事を読む


※一部サロン専売品が含まれます。

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事