ヘアスタイル・髪型
2011.2.6

あー、うっとうしい!「伸ばしかけヘア」期間を乗り切る7つの対策

「忙しくて美容院に行く時間がない」「ボブから伸ばしている途中で、長さが中途半端」という期間は誰にでもあるもの。伸ばしかけの髪はハネたりうねったりしやすく、とにかくうっとうしいですよね。結局、伸ばしたいのに途中で挫折してカットしてしまい、また『伸ばしかけ人生』に逆戻り……という人も少なくないはず。

そんな悪循環から抜け出して、今度こそきれいに髪を伸ばしたい! そこで今回は、まとまりにくい『伸ばしかけヘア』期間をハッピーに乗り切る方法を考えてみました。

 

1. シャンプー&コンディショナーを変えてみる

伸ばせば伸ばすほど、どうしても髪は傷みがち! とにかく毎日のホームケアが肝心なので、よりヘアケア効果の高いシャンプー&コンディショナーにシフトを。洗い心地や香り、仕上がりの髪の手触りなどが変わることで気分転換にもなります。何種類か用意して「今日はどれにしようかな?」とその日の気分で選んだりするのも楽しい!

 

2. アルミキャップで『おうちヘアエステ』

髪のメンテナンスが重要な伸ばしかけ期。トリートメントはこまめに行いましょう! トリートメントの浸透力を高めるため、ヘアエステ用のアルミキャップを使うのもおすすめ(写真は『マクシマ セルフヘアエステキャップ/630円(税込)』)。トリートメントを塗った後、キャップをかぶったまま湯船に入ること10分間。温熱効果でしっとりまとまりやすい髪が復活!

 

3. 使いやすいロールブラシでしっかりブロー

どうしても肩にあたってハネやすいのが、伸ばしかけの髪。そのため、ブローアイテムにはこだわりたいところ。ロールタイプのブラシを髪の根元からしっかりからませて、ドライヤーの温風を当てながら下に引くようにブローすれば、ハネやうねりも解消!

きれいなストレートヘアのできあがり。 私のイチオシは『スクンチ ロールブラシ35mm/924円(税込)』。王道アイテムといえるだけあって、やっぱり使いやすいです。毛足の短いブラシが、しっかり髪をキャッチします。

 

4. スタイリング剤の力を借りる

伸ばしっぱなしの髪は毛先の乾燥やパサつきがとくに気になるもの。毛先にツヤを出すワックスや洗い流さないトリートメントでしっかりケアしましょう。朝晩はもちろん、ミニサイズのスタイリング剤を持ち歩いて日中に乾燥を感じたときもすかさず塗るようにすれば、美髪をキープできます!

 

5. 可愛いヘアアクセでテンションUP

伸ばしかけの今こそ、ヘアアクセサリーをフル活用するとき! 巷には、安くて可愛いヘアアクセがいっぱい。大ぶりシュシュを使ってポニーテールやお団子ヘアにしたり、細めのカチューシャを重ねづけしたり、まとめ髪用のコームを活用したり。ハネたりふくらんだりしやすい髪をスッキリまとめられるし、存在感のある華やか&大ぶりヘアアクセを使えば目くらましにも!

 

6. セルフカットの腕を磨く

髪を伸ばす過程で、まずうっとうしくなるのが前髪。かといって、前髪を切るためだけにサロンに行く時間もないし、行ってしまうと髪を伸ばす決心がグラグラ揺らぎそう……。そんなときは思い切ってセルフカットに挑戦!

最近は、インターネット上でセルフカット法を公開レクチャーしている美容師さんも多数。試しに動画サイトなどで、キーワード『セルフカット 前髪』で検索してみて。わかりやすく解説された動画が見つかるはず。

 

7. 外国人風くせ毛ヘアなんだと思い込む

髪がなかなか伸びないもどかしさでモヤモヤしていると、ストレスがたまりがち! 発想の転換を心がけましょう。スタイリングがどうしてもキマらない日は「これは外国人風のナチュラルカール♪」とポジティブシンキング。

「髪の長い女のコが好き」という彼の言葉を心の中で呪文のように唱えたり、「私にはロングヘアのほうが絶対似合う!」と思い込むのも効果的。

 

ツライ時期を乗り越えれば、きっと理想のヘアスタイルになれる日はやってきます! その日を夢見て、あの手この手でハッピーに乗り切りましょうね!

 

初出:美レンジャー  ライター:城後紗織

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事