お悩み別ケア
2021.2.5

「粉ふき肌」は保湿するだけじゃ治らないってホント?真相を専門家に直撃!【美容の常識ウソ?ホント?】

\"\"

日常生活で生まれる美容の疑問を専門家に答えてもらうこのコーナー。今回は、“乾燥”について。粉ふき肌は、ただ保湿するだけじゃ治らないって…ウソ? ホント? 美容皮膚科タカミクリニックの美容皮膚科医・山屋雅美医師にお答えいただきます。

Q:「粉ふき肌」は保湿するだけじゃ治らないってホント?

冬のお悩みあるあるのひとつ、顔やボディの「粉ふき」。ローションとミルク、クリームやオイルなどで保湿した直後は落ち着くものの、時間が経てば、またカサカサと白く粉がふいてしまう……ということも多いですよね。保湿するだけじゃ収まらないのでしょうか。さっそく、この疑問を山屋医師にぶつけてみました! 果たして答えは…?

A:ホント

「粉ふき肌は、肌のいちばん外側の角質のバリア機能が乱れてしまっている状態。つまり、割れたバケツのようなもの。そこにいくら水を入れても、どんどん水分が蒸発していってしまうのです」(山屋医師・以下「」内同)

粉ふき肌は、肌がどのような状態のときに起こるの?

「粉ふき肌になってしまう要因としてもっとも大きいのが、乾燥などの外的な刺激。これによってお肌のバリアが壊されることから生じます。そのせいで潤いが保てず、白っぽく、粉をふいたようになってしまうのです。また、体調不良や疲れ、睡眠不足なども要因となります」
\粉ふき肌の要因は?/

Check
  • 乾燥
  • 睡眠不足
  • 体調不要
  • 疲れ

粉ふき肌のケア方法とは?

「とにかくバリア機能を修復させてあげることです。肌から水分が蒸発しないよう、フタをしてあげることが大切です。ただ単に化粧水や乳液で保湿するのではなく、角質層内の水分をキープしてくれるはたらききのある、セラミドやヒアルロン酸などの成分が入ったスキンケア用品を使用するようにしてみて。まず化粧水で保水を、次に有効成分が配合されたクリームやワセリンなどの油分で保護してあげるのがベストです。

炎症を起こして赤みやかゆみがでてしまっている場合は、皮膚科を受診し、ステロイド軟膏を処方してもらうというのもひとつの方法です。症状が酷くなる前に、医師に相談してみてくださいね」

美容皮膚科タカミクリニック 美容皮膚科医

山屋 雅美医師

埼玉医科大学卒業後、東邦大学医療センター大橋病院にて従事。三井記念病院、都内美容皮膚科を経て、2011年美容皮膚科タカミクリニックに勤務開始。シミ、しわ、たるみなどのアンチエイジング治療のほか、ニキビや肌荒れなどの皮膚疾患にも精通し、肌質改善治療まで一貫して行っている。

美容皮膚科タカミクリニック ▶︎
かかとのひび割れは剥がすパックでしか治らないってホント?真相を専門家に直撃!

記事を読む

文/木土さや

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事