お悩み別ケア
2020.5.4

突如できた“ぷつぷつ”、早く治すためにすべきことは?|皮膚科医の友利新先生が回答

目周りや首に突如できる謎のぷつぷつ。できる原因や対処法、おすすめコスメなどを皮膚科医の友利新先生、美容家の深澤亜希さん、眼科医の杉本由佳先生に教えてもらいました。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2020-02-19-0-41-10-2
突如現れるぷつぷつ…見られたくない!
憎きニキビをはじめ、一度できてしまうと即完治が難しいぷつぷつ。その後の色素沈着にも悩まされるなど、付き合いは長くなりがち…。

隠しきれない凹凸に気分もへこむ 顔のぷつぷつ

Q.年齢と共にニキビのぷつぷつはできにくくなるって本当!?

A.過剰な皮脂が原因ならできにくく
「皮脂分泌は年齢と共に減っていくので“思春期ニキビ”と呼ばれるニキビは減少傾向に。しかし、年齢を重ねるとストレス過多やターンオーバーの乱れなどによる“大人ニキビ”など、原因が異なるぷつぷつに悩まされることも」(友利先生)

 

Q.できてしまったぷつぷつ(脂肪がたまっているもの)は脂肪を出した方が早く治る?

A.正しい方法なら早く治る場合も
「ただの脂肪なのか、膿がたまっているのかなどの違いにもよりますが、間違った方法をとると炎症&色素沈着の原因に。必ず皮膚科で適切な処置を受けるようにしましょう」(友利先生)

 

Q.ぷつぷつが気になって手で触ってしまうのは、悪化の原因になる?

A.なります。手は雑菌だらけです!
%e5%86%99%e7%9c%9f-2020-02-19-0-41-10-14
「手についている雑菌が繁殖して悪化させてしまう可能性のほか、特に赤ニキビは触れたことによる摩擦も刺激となり、炎症を促進させてしまうおそれが。あせもや湿疹も同様に、できるだけ触らないように心掛けてください」(友利先生)

 

Q.あご周りにできるぷつぷつは、女性ホルモンの乱れが影響しているって本当?

A.その可能性は充分にあります
「ホルモンバランスが乱れ男性ホルモンが優位になると、ひげが生える場所=あご周りにぷつぷつができやすく。生理周期の影響も受けやすく、症状を繰り返しやすいのも特徴」(友利先生)

 

Q.ぷつぷつができてしまったときは、普段のスキンケアアイテムは使わない方がいい?

A.症状を和らげるアイテムの追加を
「例えばバリア機能の低下を防ぐ“ビタミンC”など、ぷつぷつの症状を和らげる効果に期待ができる成分が入ったアイテムを使うことで、治りが早くなることはあります」(友利先生)

%e5%86%99%e7%9c%9f-2019-10-21-0-00-00
「ビタミンCの働きを引き出す高機能ゲル。保湿力が高いのにべタつかず、ぷつぷつができている肌にもさっぱり使えます。オールインワンとしても使え、スキンケアによる肌負担が軽減されるのもいい」(深澤さん)
ロート製薬 オバジC セラムゲル 80g ¥4,000

痛くもかゆくもないからと放置しがち…目周りのぷつぷつ

Q.目の周りにできるのぷつぷつ小さな白いぷつぷつは何?

A.角質がたまってできる稗粒腫(はいりゅうしゅ)です
「うぶ毛が生える部分にできやすいとされ、直径1~2mmの袋に角質が少しずつ蓄積し、白くて固いぷつぷつに。年代を問わずできる可能性はありますが、特に新生児や中年以降の女性に多いといわれています」(杉本先生)

 

Q.白いぷつぷつはアイクリームをしっかり塗れば治る?

A.油分が毛穴を塞ぎ悪化する場合も
「角質を和らげて毛穴の閉塞を防ぐ“サリチル酸”が入った化粧水をコットンに含ませ、目に入らないように拭き取りケアを。すぐに治したい場合は、眼科や皮膚科に行き、針でひとつずつ取ってもらうという方法もあります」(杉本先生)

 

Q.白いぷつぷつが繰り返される原因は?

A.角質がたまりやすい体質かも
「遺伝性も含め体質的にできやすい可能性も。肌を清潔に保ち、生活習慣の見直しで改善されることもあります」(杉本先生)

老化現象とささやかれる…首のぷつぷつ

Q.首周りにできる小さなイボのようなぷつぷつはなんですか?

A.良性の腫瘍と思われます
「脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)といわれ、日光がよく当たる場所に多発する傾向が。炭酸ガスレーザーで簡単に除去することが可能」(友利先生)

 

教えてくれたのは…
%e5%86%99%e7%9c%9f-2020-02-21-22-35-34
皮膚科医 友利 新先生
ともりあらた/都内2か所のクリニックに勤務。美容知識の豊富さと、わかりやすい解説で、TVや雑誌、講演会などで幅広く活躍中。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2019-10-28-22-54-54
美容家 深澤亜希さん
ふかさわあき/幅広い知識と審美眼を生かし、美容誌や美容セミナーをメインに活躍。透き通るような美肌のもち主としても有名。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2015-07-07-20-34-47
眼科医 杉本由佳先生
すぎもとゆか/「中目黒眼科」院長。眼の健康はもちろん、美容の視点からのアイケアにも詳しい。“フローフシ”のまつげ美容治験も担当。

 

『美的』2020年5月号掲載
イラスト/naotte 構成/中島麻純・島田七瀬・宍戸沙希(スタッフ・オン)

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事