お悩み別ケア
2021.3.9

NG習慣は? 長持ちさせるための、マツエク「お手入れ法」

\"\"

マツエクさん必見!長持ちさせるためのお手入れ方法をご紹介!せっかく付けたマツエク、少しでも綺麗なままでキープさせたいですよね。当日のケアから気をつけたいNG習慣、洗顔&クレンジング方法、おすすめ美容液までたっぷりと。面倒くさがらずにきちんとお手入れして美まつ毛をキープしましょう♪

マツエクの「メリット」

 

Check
  • 劇的に目力が出る
  • すっぴん力が上がる
  • なりたいまつ毛になれる

なりたいイメージに合わせて、カールや長さ、太さが変えられ、目元に自信がもてるように。3週間程度でつけ足すとキレイな状態が持続。

 

初出:【美的GRAND】悩ましきまつ毛を蘇らせる、大人のまつ育&マツエクの勧め

記事を読む

施術後に気をつけたい「NG習慣」

原宿の老舗マツエク専門サロン『PRIMO』のアイリスト

大崎麻子さん

2000年開業の原宿の老舗まつ毛エクステ専門サロン。長年の経験で得た独自の高い技術力を誇り、特に2009年より提供している“矯正まつ毛エクステ”が好評。
Check
  • 施術後6時間以内の洗顔
  • 施術後24時間以内に湯船に浸かる
  • 施術後3日以内に大量に汗をかく(ホットヨガ、サウナなど)
  • 施術後3日以内に大量の水分や蒸気にさらす(水泳、スチーマーなど)
  • 目をこするクセがある
  • 洗顔の際にまつげに触れている
  • お湯で落ちないタイプのマスカラを使っている

「特に施術後、グルーが乾ききらないうちに蒸気に触れると、グルーが揮発してマツエクが取れやすくなる原因となります。また、乾いた後でも触れたりこすったりしないように気をつけましょう」(大崎さん・以下「」内同)

長持ちさせるための3つの「お手入れ法」

平均的な「もち期間」

マツエクが取れるタイミングとしては、自まつげが抜ける際に一緒に取れる場合、日にちが経つとともにグルー(接着剤)が劣化し減っていってマツエクがはがれ落ちる場合などがあります。

リペアをする周期は、3〜4週間に一度が平均的だと思います。常に同じ量をキープしていたいというお客さまは2週間に一度のペースでいらっしゃることもあります」

【1】「コーティング剤」で接着面を保護

Check
  • マツエクの接着面を保護してくれるコーティング剤は、マツエクのもちちをよくするのに有効です。
  • グルーは乾燥にも弱いので、保湿成分が入っているようなコーティング剤をまつげの根元のグルーを覆うように塗布するとよいでしょう。

「当サロンでも自社開発したコーティング剤を使っていただくようお客さまにおすすめしていますが、“マツエクのもちが全然違う!”と好評です」

【おすすめアイテム】
PRIMOオリジナル|ラブモイスチャーコート

できれば毎日、洗顔の後に使うのがおすすめ。

価格
¥4,200(税込) 透明

【2】求める効果にあわせて「まつげ美容液」でケア

Check
  • まつげ美容液には、商品によって、自まつげを強くしてくれたり、育ててくれる効果があります。
  • 市販でお手頃価格のアイテムもたくさん出ているので、ご自身が求める効果にあわせて使用するとよいでしょう。

「特に、まつげが弱っているときなどには、使用をおすすめします。ただ、“まつ育”の効果が大きく出る方もたまにいらっしゃるのですが、まつげの根元が伸びるほど、つけたマツエクは乱れやすくなります。まつげの成長が早すぎる方には、まつ育効果のある美容液はお休みしていただくこともあります」

【3】「コームやスクリューブラシ」で毛並みを整える

Check
  • 洗顔した後などは、まつげの並びも激しく乱れているもの。
  • そのまま何もせずに過ごしていると、クセがついて気づいたら元のキレイな並びには戻らないなんてことも。

【How to】
「乱れたらそのたびにコームやスクリューブラシでとかして整えることをおすすめします。特に洗顔後のマツエクは激しく乱れています。タオルで軽く水分をふき取った後、ドライヤーの冷風を下から当てながらコームやスクリューブラシでまつげを“上へ上へ”ととかし、乾かしましょう。途中、コーティング剤を塗ってさらに下から乾かしていくと、キレイに整った状態がキープできます」

特に夜、寝ている間は枕とこすれるなどしてまつげも乱れやすいので、就寝前にこのひと手間を加えれば、乱れ防止になるそうです。

初出:マツエクのもちをよくするには…?アイリストが解説“マツエク長持ちテク&NG習慣”

記事を読む

長持ちさせるための3つの「クレンジング・洗顔法」

【1】当日の洗顔は6時間経ってからにしましょう

Check
  • マツエクをした当日は、まつげを6時間は濡らさないようにしましょう。
  • 6時間経ったとしても、その日は軽いシャワーで済ませ、マツエクをつけてから24時間以内は湯船に浸からないようにしましょう。

マツエクに使用するグルー(接着剤)は、表面上は乾いても、中まで乾ききるのに24時間はかかります。せっかく乾き始めたときに蒸気にさらされると、グルーが徐々に揮発し、その後のマツエクの持ちも悪くなりますし、キレイにつけたマツエクも乱れてしまいます」

さらに、安全上の理由もあります。

「湯船に浸かったりしている間に、蒸気で揮発したグルーの成分が空気と混ざって目に入る可能性もあります。そうするとしみますし、目にとってよくありません」

【2】とにかくまつげに触れないことが大切!

「アイシャドウを落とすくらいならそれほどまつげに影響はないかもしれませんが、アイラインを落とすとなるとまつげに触れてしまうので要注意です」

【How to】

  1. 先に綿棒でポイントメイクを細かく落としてからクレンジングする。
  2. 洗い流すときはなるべくシャワーを直接当てないようにする。どうしてものときは、まつげを手で覆って水圧から守る。

【3】「オイルフリー」のクレンジングアイテムをチョイス!

Check
  • クレンジングや洗顔料は、オイルフリーのタイプを選ぶのがおすすめ。
  • オイルの粒子は小さく、グルーとまつげの間に入り込むことによってマツエクがとれやすくなってしまうため。

「当店も含め、最近では、オイルクレンジングOKのグルーを使用するサロンも増えています。それでも持ちをよくするためには、なるべくオイルは避けることをおすすめします。クレンジングや洗顔料を買う際には、成分を確認しましょう。私自身は、オイルフリーのサラサラなリキッドタイプクレンジングを使っています」

 

初出:マツエク対応のメイク落とし9選!プチプラ&デパコスのおすすめオイルフリークレンジング

記事を読む

おすすめの「美容液」【5選】

スカルプD ボーテ|ピュアフリーアイラッシュ セラム

【受賞歴1】美的2019年間ベストコスメ読者編まつげケアランキング1位
【受賞歴2】美的2018年間ベストコスメ読者編まつげケアランキング1位

発毛ブランドならではのまつげ育毛効果に期待。ナノ化した独自成分を配合。

【読者の口コミ】
「髪で有名なブランドだから、まつげにも効きそう」(アルバイ ト・24歳)
「本当にまつげが濃くなった。チップの形が良くて、根元に塗りやすい」(接客 業・32歳)

価格容量発売日
¥1,7626ml2017-07-05

スカルプD ボーテ ピュアフリーアイラッシュ セラムの詳細はこちら

DHC|エクストラビューティ アイラッシュトニック

【受賞歴1】美的2019年間ベストコスメ読者編まつげケアランキング3位
【受賞歴2】美的2018年間ベストコスメ読者編まつげケアランキング3位
【受賞歴3】美的2017年間ベストコスメ読者編まつげ美容液ランキング3位

透明マスカラ感覚でポーチにイン。マスカラ下地や透明マスカラ感覚で使える美容液。

【読者の口コミ】
「メイク前の習慣。まつげにコシが出るし、ダメージも減る気がする」(学生・20歳)

価格容量
¥1,8866.5ml

エクストラビューティ アイラッシュトニックの詳細はこちら

LASHBEIT(ラッシュビット)|バイオアイラッシュエッセンス

理想のまつげが手に入る !トウモロコシ由来成分など天然由来成分100%、無添加処方のまつげ用美容液。発毛促進因子の“FGF-7”が毛母細胞の増殖・分裂を促すことで、健康的なまつげを育む。

価格容量発売日
¥7,70010ml2020-08-01

バイオアイラッシュエッセンスの詳細はこちら

マリークヮント|プライム ラッシングス

1本で理想の肌が手に入る。トリートメント&カールキープ効果を兼ね備えるまつげ美容液で、印象的な目元へ。

価格発売日
¥3,3002019-09-06

プライム ラッシングスの詳細はこちら

フェース|グロウアイラッシュ セラム

美しいまつげを育む環境作りを。“キャピキシル”(毛髪ケア成分)やまつげの土台をケアする“リデンシル”、シロキクラゲ多糖体配合のまつげ美容液。根元からハリ・コシ、長さのある健康的なまつげを育む。繊細な目元を考えた無添加処方、というのもうれしい。

価格容量発売日
¥4,1806ml2018-07-02

グロウアイラッシュ セラムの詳細はこちら

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事