お悩み別ケア
2017.10.2

不足すると肌老化がイッキに加速!医師オススメ「美肌ホルモン」UP法

 

“美肌ホルモン”とも言われる、女性ホルモンの一種“エストロゲン”。肌内部のコラーゲンの産生を促進することで、ハリやツヤを生み出し、くすみのない元気な肌へと導く作用があるため、エストロゲンを補うのが若さや美肌へのカギなのです。

しかし、加齢のみならず、ストレスによっても女性ホルモンはバランスが乱れるそう。すると、たるみやシワ、シミ、乾燥など多くの肌悩みを引き起こすことに……。そこで、重要になってくるのが女性ホルモンを補うこと。

今回は、株式会社ドクターシーラボが『シロノクリニック』城野親德総院長に女性のキレイをつくる“美肌ホルモン”を増やす方法について取材した内容を紹介します。

 

女性の半数以上は知らなかった!美肌にとって重要な女性ホルモン

“美肌ホルモン”とも言われる女性ホルモンは、たるみやシワ、乾燥とは無縁な美肌をつくるためにも重要。しかし、その分泌量は加齢やストレスによって徐々に減り、多くの肌悩みを発生させてしまいます。

株式会社ドクターシーラボがWebアンケートにて、20歳~59歳の女性360名に調査したところ、“女性ホルモンを増やすことが美肌に効果的だと知っている”女性は半数以下でした。

美しい肌づくりに励んでいる女性は多いですが“美肌ホルモン”についての認知はあまり高くないようです。

 

医師に聞く「ホルモンと美肌の関係」

そこで美肌と密接な関係のあるエストロゲンと、エストロゲンを増やし若々しい肌をつくる方法について『シロノクリニック』城野親德総院長に伺った内容を紹介します。

「女性ホルモン不足で、肌老化は一気に加速します。

女性ホルモンが不足することによる体調不良はよく知られていますが、実はたるみやシワといった肌老化も加速させます。またうるおい不足で生じる肌あれなどの肌トラブルが多発し、見た目にも大きな影響が。

しかし、一口に女性ホルモンが不足するといっても判断が難しいもの。いまの自分のホルモン状態をチェックするには、日常的に疲れやすくなる、精神的に不安定でイライラする、身体がだるいなどの症状が起きていないかを意識してみてください。これらはまさに女性ホルモンが減少しているサインなのです。」(城野医師・「」内以下同)

思わず「私のことだ!」とドキッとした人も多いでしょう。では次に、女性ホルモンを増やす対策について紹介します。

 

女性ホルモンを増やして肌老化をブロック!その方法とは

女性ホルモンを増やすには、2つ方法があるそう。

「クリニックでの ホルモン補充療法か、ホームケアでザクロを取り入れて頂くことがおすすめです」

“ホルモン補充療法”とは、どういうものなのでしょうか。

「最新のホルモン補充療法は2種類。エストロゲンなど女性ホルモンを注入する“若々しい女性らしさを保つ治療”と、成長ホルモンを注入し筋肉や骨格などを整えていく“アンチエイジング治療”があります。
特に女性の肌や、精神的な安定などに効果があるのは前者。治療数は近年増加傾向にあります。
しかし、アメリカでは9割近い方々の治療経験がある一方、日本では増えているといっても未だ1割程度。
今後はさらにホルモン補充療法が注目されてくるのではないかと考えています」

では、自宅でもできるザクロを取り入れる方法とはどんなものなのでしょう?
「クリニックでの治療が難しい場合は、スキンケアやサプリメントで女性ホルモンの不足分を補うことが必要だと考えます。

そこで手軽に取り入れられ、飲んでも塗っても効果的な美容成分としてザクロがあります。

特にスキンケアで有効なのは、ザクロ種子オイル。女性ホルモンのエストロゲンに似た成分のため、ハリや弾力、保湿効果は抜群。そのなかでも無農薬で栽培されたザクロは効果的、かつ安心・安全に取り入れることができます」

ザクロオイルにはものすごい美肌パワーがあるんですね。

 

「なんだか最近肌の調子がイマイチ……」と思っている人は、もしかしたら女性ホルモンが不足しているせいかも。若さと美肌のヒントにしてみてください。

 

初出:美レンジャー  ライター:美レンジャー編集部

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事