乾燥肌
2010.11.25

乾燥肌の対処法→全体的な乾き

洗顔&クレンジング方法を見直すと乾燥が改善されることも。リサージの保湿ケアライン“リサージモイスト”は、クレンジング料と洗顔料が各3種類と豊富。

【Q24】肌が全体的に乾いていて、表面がごわごわ。ファンデーションのノリが悪くて困ります。

【A24】
●年齢は10代
化粧水と乳液をきちんと使っていますか? 化粧水は使っているけど、乳液は使っていない…、という人も多いのでは。まずは肌に合った乳液を朝晩にきちんと使うことを習慣にしたいものです。使っているとするならば、肌に合っていない可能性が。よりしっとりしたタイプ、あるいは乾燥肌用のものに切り替えましょう。

乾燥肌用のものを使っているのに…、という場合は、美容液を試してみては。それでも足りない場合は、クリームをプラスすることをオススメします。

それでもまだ乾燥するという場合は、クレンジング料と洗顔料が乾きの原因である可能性が。例えばオイルクレンジングの一部には、肌を乾燥させやすい成分が含まれていたりします。また肌の皮脂を奪いすぎてしまう洗顔料も存在します。

クレンジング料と洗顔料を替えてみてください。メーク汚れをきちんと落とすクレンジング料と、汚れや古い角質だけをすっきりと洗い流してくれる洗顔料を厳選して使うようにしましょう。

●年齢は20代以降
この年代の乾燥肌のマストアイテムは、季節を問わず朝晩に、化粧水・乳液・美容液・クリームの4品です。もし欠けているものがあれば、まずはそのアイテムを毎日のお手入れに組み込みましょう。この4品の肌に合ったものをすべて使っていれば、日焼けなどの極端なストレスを受けた場合を除き、全体的な乾燥はほとんど感じられないはずです。

きちんとケアしていても乾燥するという場合は、本当に肌に合ったものを使っているか、カウンセリングが可能な化粧品売り場のコーナーで、相談してみることをオススメします。予算の関係ですべてをスイッチできない場合は、化粧水&乳液→美容液→クリームの順番で見直しを図りましょう。

それでも解決しない場合は、クレンジング料と洗顔料が乾きの原因である可能性が。例えばオイルクレンジングの一部には、肌を乾燥させやすい成分が含まれていたりします。また肌の皮脂を奪いすぎてしまう洗顔料も存在します。

クレンジング料と洗顔料を替えてみてください。メーク汚れをきちんと落とすクレンジング料と、汚れや古い角質だけをすっきりと洗い流してくれる洗顔料を厳選して使うようにしましょう。大人の肌には、大人用のアイテムを選ぶことが、若々しい肌を保つためには重要なのです。

 

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事