スキンケアニュース
2020.4.12

おうちで!今すぐ出来る美容テク7選|肌、体、頭皮ケアなど…プロのテクニックを総まとめ

自宅で過ごす時間、自分磨きに使ってみませんか?
今回は、今すぐできる&何も使わないでできる美容術をまとめました!各分野のプロたちが教えるテクニックはどれも必見!ぜひ今日から取り入れてみて!

~その1~“こぶしカッサ”で頬のむくみ&二重あごをケア!

“こぶしカッサ”とは、カッサをこぶしで代用した代官山山口整骨院院長 山口良純先生オリジナルのメソッド。リンパや血流を促し、筋肉のコリまでほぐしてくれます。今回は、頬のむくみ&二重あごケアを叶えるマッサージ術をご紹介!

<<頰のむくみケア>>

頰骨の下は老廃物がたまりやすく、特にむくみやすい箇所。むくみ顔に悩む人はこまめに試してみて。

01
頰骨を押し上げるようにグリグリほぐす
頰骨の下にこぶしの親指以外を当てる。押し上げるように圧をかけた状態で、左右に10秒揺すってほぐす。反対側も同様に行う。(左右10秒ずつ)

 

<<二重あごをなんとかしたい!>>
太ってないのに二重あごができる人は、首の筋肉がこって下がり頰を引っ張っている可能性が大。舌のつけ根や首の筋肉をほぐして、顔を引き上げよう。

1.舌のつけ根の筋肉を活動させる

02

あごを上げ、あごの中心から指1本分外側にこぶしの親指を当てる。押し上げながら10秒グリグリほぐす。反対側も同様に行う。(左右10秒ずつ)

2.老廃物を流してスッキリラインに

03

外をフェースラインの骨の下に当てる。左右に10秒揺すり、反対側も同様に行う。再度フェースラインの骨の下にこぶしを当て、鎖骨まで滑らせながら移動。10回繰り返したら、反対側も同様に行う。(左右10秒ずつ)

頬のむくみケアに!自宅で簡単にできちゃう“こぶしカッサ”

~その2~ちょっとした時間にケアしたい人は…人気ママモデル柳橋 唯さんの小顔マッサージ

kd_201909%e7%be%8e%e7%9a%84_0465

「小学生の子供がふたりいるので、美容ばかりに時間を割いてはいられません。スキンケアの流れで小顔マッサージをしたり、眉とノーズシャドウで視線を中央に集めて小顔に見せたりと、時短で効果のあるケアを行っています。長めの前髪にも秘密あり。普段は耳にかけていますが、下ろして毛先を巻くと顔の面積をさりげなくカバーできます。また、水分をたっぷりとり湯船につかるなど、体の巡りを良くしてむくまないようにも意識。普段の生活の中で、無理なくできることを見つけています」(インフルエンサー 柳橋 唯さん(モデル・美容家・32歳))

 

<<朝晩オイルを塗った後、デコルテまでしっかりリンパを流す>>

kd_201909%e7%be%8e%e7%9a%84_0450

kd_201909%e7%be%8e%e7%9a%84_0445

kd_201909%e7%be%8e%e7%9a%84_0449

「毎日のオイルケアの流れで行います。輪郭に沿って指を滑らし、耳の後ろ、首、鎖骨、肩先までしっかり流して」

人気ママモデル柳橋 唯さん直伝!小顔テクニック|前髪、ノーズシャドウ、オイルマッサージ…時短×効果大の小顔美容術

~その3~エイジングケアやリラックス効果も期待!超簡単「深頭筋マッサージ」!

「深頭筋マッサージ」とは、ヘッドスパの第一人者・山本幸恵さんが考案したマッサージ法。普通のヘッドマッサージとの違いは、頭の奥深くに潜り込んだ疲れや、筋肉の緊張をもみほぐすことにより、エイジングケアはもちろん、脳疲労までに働きかけ、リラックス効果も期待できます。

<<STEP 1>>
おでこの生え際を中央にギューッと寄せる(5回)
kd_bi-07_9282
おでこの生え際に、「ピアノの手」で両指の腹をしっかり密着させる。中央に頭皮を寄せて、2秒キープ。横ジワに縦のアプローチを!

<<STEP 2>>
おでこのこりや緩みを少しずつほぐしていく(10回)
kd_bi-07_9286

kd_bi-07_9290
眉の上に親指以外の指の腹を密着させて、ぐるぐると5回外回し。指1本分ずつ上にずらしながら、生え際まで同じ動作を繰り返す。

<<STEP 3>>
髪をかきあげるようにシワを引きのばす(10回)
kd_bi-07_9297
「ピアノの手」で、おでこの生え際→側頭部までゆっくりかきあげるようにスライドする。5秒かけて、指の腹でじっくりと引き上げる。

~その4~PC作業で目がしょぼしょぼ…そんなときは、目周りのツボ押しや頭皮マッサージがおすすめ!

d8a1f31961a94685ccdee6f54c1c36bc

Q.PC作業で目がしょぼしょぼ…リンパを流すように飲み会前に目力復活させたい!
A.目周りのツボ押しや頭皮マッサージがおすすめ!
「頭や目周りの血行を促進することで、目元のぱっちり感が戻ってきます。強く押しすぎないように注意」(深澤さん)

教えてくれたのは・・・美容家 深澤亜希さん

a2dafae2530b68c7eb0e4720bb3f69ca-300x300

PC作業で目がしょぼしょぼ…座りっぱなしで脚パンパン…手軽にケアしてアフター6を満喫♪

~その5~今のうちに美ボディを手に入れたい人は…プロフィギュアスケーター 安藤美姫さんがヒップエクササイズを伝授

まずは、女性からも「あんなボディになりたい!」という声が多数挙がっているプロフィギュアスケーター 安藤美姫さん直伝のヒップアップエクササイズ!

<<スクワットでヒップアップ!>>

_29a8255

かかとが肩幅と同じくらいになるように足を開き、膝がつま先より前に出ないように注意しながら、膝を曲げ、腰を落としていきます。

_29a8260

ヒップアップを狙いたい人は、立ち上がったときがポイント!立ち姿勢に戻った時に、お尻を内側に締めるイメージで立ってみましょう。「スクワット」がどうしても辛いという人は、つま先を少し外に向けると楽に。

 

<<四つ這いのポーズでヒップアップ!>>

_29a8269

四つ這いになって、右手と左足をアップするだけ。足は、90度くらい、ちょうど背中と足が平行になる程度まで上げます。
このとき、お腹が床の方に落ちないようにして、3秒しっかりキープ!手足をゆっくりと下ろして、左右を変えます。この時、四つ這いになる時間は短くして、すぐ逆の手足を上げましょう。

_29a8270

四つ這いポーズに慣れてきた人は、手をついた状態で、足をそのまま上に上げていくポーズにトライ!四つ這いの角度のまま足を上げていきます。

ぷるぷる二の腕をスッキリ!安藤美姫が教える“チューブでしっかり刺激”二の腕エクササイズ

~その6~自宅で本格的なエクササイズにトライしたい人は…ウエスト51cmになったayaさんが教える「1ポーズayayoga」<ウエスト/エクササイズ編>

続いては、女優やモデルからの支持も厚く、ヨガスタジオ『syaraaya』主宰でヨガクリエイターayaさん。ヨガに出会い、ウエスト51cmに、体重21kgの大減量を成功させた彼女による、美的オリジナルのヨガのメソッドが含まれたエクササイズは動画でCHECK!

ウエストを伸ばして縮めて、くびれのある体に!|ウエスト51㎝になったayaさん伝授の自宅でできる♪「1ポーズayayoga」<ウエスト/エクササイズ編>

~その7~人気美容家・樋口賢介さん直伝の「HIGUCHI式 頭筋マッサージ」で健康な頭皮&美肌をキープ!

「深刻な肌悩みを抱えている人こそ、頭皮ケアを行うべきよ!」と語るのは、頭皮ケアのカリスマ、樋口賢介さん。頭皮にも肌にも嬉しいテクニックを教えて頂きました。

【ケアすべきはこの4ゾーン!】
(1)ザビエルゾーン
p122-3

●頭頂部のこと。ここをストレッチすると線維芽細胞が活性化して血流がアップ。顔の潤い度や血色感がアップ。

 

(2)カチューシャゾーン
p122-4

●●前頭部から側頭部にかけての、まさにカチューシャをつける髪の生え際ゾーンのこと。頬から上のリフトアップに有効なので、まぶたのたるみや目尻のシワが気になる人、目元をパッチリさせたい人は、ここをしっかりほぐして!

 

(3)こめかみゾーン
p122-2

●こめかみにはリンパ節があり、老廃物をここから流すことでシワや乾燥が緩和。さらに、頭筋ストレッチの最後にここを引き上げると、形状記憶効果でリフトアップできます。

 

(4)サイドバックゾーン
p122-5

●耳の後ろから後頭部にかけてのゾーンのこと。ここをほぐして首の後ろへと流せば、フェースラインが引き上がって美しい横顔に。額のシワ も目立たなく。

約5分でOK! どんな肌悩みをもつ人もこれだけは行うべき基本の4ステップ!

 

【Step 1】 5指を使ってほぐす

\カチューシャゾーンからスタート!/
p123-1

\サイドバックゾーンまで行ったら終了!/
p123-2

両手の5本の指の腹を使い、カチューシャゾーン→こめかみゾーン→ザビエルゾーン→サイドバックゾーンの順に、頭皮を押すようにマッサージし てほぐします。各ゾーン15秒ずつ、気持ちいいと感じる程度の強さで押して。こめかみゾーンは目尻を軽く引っ張るように、ザビエルゾーンはジリジリジリと音がするぐらい押すのがポイント。

 

【Step 2】手根を使ってのばす

\こめかみゾーンに手根を当てて…/
p123-3

\目尻がつり上がるぐらいグイッと上にのばす!/
p123-4

両手の5指は真っすぐのばしたまま、こめかみゾーンに手根(手のひらの下部)を当て、上に向かってゆっくりと頭皮を動かしながら、頭筋の可動域を広げてのばします。5~10秒行って。これにより、固くなった頭皮が徐々にほぐれて動かしやすくなります。

 

【Step 3】ナックリングで鍛える

\指の第一関節と第二関節の間の面を使用!/
p123-5

\痛気持ちいいぐらいの強さで刺激して!/
p123-6

5指を使ったマッサージより、もっと強い力で刺激を与えられるのがナックリング。両手をグーにして、人差し指・中指・薬指の第一関節と第二関節の間の面をマッサージしたい部位に当て、ギューッと押しながら回して鍛えます。マッサージする順番は、カチューシャゾーン→こめかみゾーン→ザビエルゾーン→サイドバックゾーン。各15秒ずつナックリングすることで、頭皮のこりがスッとほぐれて皮膚がのびるようになります。

 

【Step 4】手のひら全体で引き上げる

\親指と人差し指で耳をV字に挟む!/
p123-7

\グーッと引き上げれば形状記憶効果が!/
p123-8

両手の親指と人差し指の間でV字を作り、耳を挟むようにハンドプレスしながら5~10秒間、グーッと引き上げます。これは「形成」と呼ばれ、引き上げた顔の皮膚を定着させる効果が。頭筋ストレッチの最後にこの「形成」をじっくり行うことが成功のカギ。

目尻のシワ、フェースライン、乾燥…様々な肌悩みは「HIGUCHI式 頭筋マッサージ」で解消!

***

いかがでしたか?
ぜひ自分にぴったりの美容テクで、理想の美を手に入れてみて!

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事