メイクアップニュース
2022.7.27

大事なのは「引き算」!ネイビーメイク【やり方14選】

\"\"

『美的.com』で好評だったネイビーメイクをまとめました。主張しすぎない、ネイビーの強さをトーンダウンするのが、洗練された大人のネイビーメイクのコツ。アイライナーやマスカラも、黒を使うより、締めすぎないネイビーを使うことで抜け感のあるおしゃれな目元に!

ネイビーの「アイシャドウ」を使ったメイク 4選

【1】「締め色先行づけ」でふんわり強いクールEYE

ヘア&メイクアップ アーティスト

paku☆chanさん

Three Peace所属。端正な美しさとトレンド感を兼ね備えた理論的なメイク提案には美容業界にもファン多数。女優やアーティストのヘア&メイクも多数手掛ける。
関連記事をcheck ▶︎

発色に透け感があるといっても、もともと目力が強い広二重さんがダークカラーを使うと、キツい印象に転ぶことも。そこでおすすめなのが、本来ならば最後に入れて目元を引き締めるはずのダークカラーを最初に使い、その後にベージュやゴールドといったニュートラルカラーを重ねるテクニック。大人っぽく洗練されたイメージの中にも優しい印象をきちんともち合わせたまなざしが完成します。

\【二重さん】派手顔予防の「あえて」ぼかしメイクポイント/


使う色は2色まで。二重の線や色の境目をあえてぼかし、派手顔を予防
【Point.1】アクセントカラーは黒目の上へ
目頭や目尻といった箇所は、色が目立ちやすい部分。黒目の上は色があっても違和感が少なく、派手になりがちな広二重さんでもトレンド感だけ得られ、濃くなるのを防げます。

【Point.2】まつげは基本的に上げすぎない
頑張っていないのにおしゃれな雰囲気がトレンド。広二重さんの場合、まつげをきちんと上げると目力が強くなりすぎるので、自然体のナチュラルカーブを意識して。

【Point.3】下まぶたに色をのせる
使う色数は最小限&メリハリを効かせないのが広二重メイクのコツ。でも、それだけだと地味になることも。上まぶたへ使った色を下まぶたのキワへ入れ、華感もさりげなく演出。

【Point.4】二重幅をカムフラして、あえて凹凸をオフ
くっきりとした二重の線があるのに色の境目まで明確につけると、濃い線が増えすぎてトゥーマッチな印象になりがち。使う色は2色までと決め、色の境目はぼかして。すると、二重の線も曖昧になり、エフォートレスな旬の美人印象Eyeに。

\これはNG/


境目くっきりのグラデーションメイクは古くさくなる原因に。ブラウンやベージュといった陰影効果が強い色が悪いわけではなく、コントラストをはっきりつけて入れるのがNG。生まれつき強い目力が際立ちすぎて、古くさい顔だちに。

【HOW TO】

【Step.1】上まぶたのキワへ細めにシャドウラインを引く


アイライナーブラシか細チップで、上まぶたの目頭?目尻へ。ネイビーシャドウを細くライン状に入れる。

【Step.2】ミックスカラーを上まぶたの中央へON


ネイビーとゴールドを指で混ぜ、上まぶたの中央へピンポイントでのせる。下まぶたの目尻側1/2の範囲にも薄くのせて。

【Step.3】ブラシを使ってゴールドをまぶた全体へふんわり重ねる


柔らかくて大きめのアイシャドウブラシにゴールドだけをとり、アイホールの外側まで重ね、ネイビーの強さをトーンダウンする。

\洗練された大人のネイビーメイクの完成/

 

初出:大人気「ヴィセ リシェ」のアイシャドウで「大人っぽ洗練クールアイ」に変身!

記事を読む

【2】「引き算」で魅せる抜け感アイ

大人顔にマッチするのは、ブルーよりも落ち着いた色合いのネイビー。下まぶたへ部分的にのせると白目の透明感が際立ち、フレッシュなまなざしへ。はつらつとした印象に、肌色のくすみ感も払拭されるはず。マスカラやアイラインを控えめにし、抜け感アイを楽しんで。

【HOW TO】


チップの先端にネイビーのアイシャドウをとり、下まぶたのキワへスタンプをおすようにポンポンと色をのせていく。あえて隙間を作るのがコツ。

\透明感のUPしたクリアアイの完成/

 

初出:大人顔イエベ肌に◎! アンプリチュードのブルーアイシャドウで爽やかメイク

記事を読む

【3】ダークネイビーで品良くカジュアルに

ヘア&メイクアップアーティスト

笹本 恭平さん

ファッション誌でも引っ張りだこ。垢抜け美人メイクが大人気のヘア&メイクアップアーティスト。
関連記事をcheck ▶︎

「コンサバカラー代表ともいえるダークネイビーは、柔らかいラインを描いてミニマムに効かせると夏らしくカジュアルな目元に!カジュアルなメイクに振っても、上質感と大人っぽい発色でどこか上品さを残せます。」(笹本さん)

【HOW TO】


シアーなツヤのグレージュをアイホール中央に指でラフにおく。ネイビーのアイシャドウを目尻と目頭のキワ0.5mmにちょんと塗って、中央が薄いライン状になるようにサイドから内側に向かってなじませる。ゴールドのアイシャドウをラインとまぶた中央のゴールドラメの間になじませて、ラインをぼかす。

\品の良いカジュアルな目元が完成/

 

初出:ルナソルの最旬アイパレットで夏のカジュアル顔へ♪|人気H&M笹本恭平さんが提案

記事を読む

【4】今どきの抜け感をプラスしたコンサバ顔に

\教えてくれたのは…ヘア&メイクアップアーティスト 福岡玲衣さん/

「ネイビーは肌なじみが良く、適度なツヤが秀逸!目元に深みが出る分、ブロンザーやハイライトを駆使して艶っぽく仕上げるとグッと抜け感が出せます」(福岡さん)

【HOW TO】


上まぶたはベースにゴールドを広くのせ、二重幅にチップでネイビーをオン。さらに、ネイビーを太めのブラシにとり、アイホールにふわっと重ねてわずかに深みをプラス。涙袋にはグレージュとゴールドを混ぜてしっかりラメをのせて、光を集めて。

\抜け感のある大人コンサバ顔の完成/

 

初出:ルナソルの人気アイパレットで今どきの抜け感をプラスしてコンサバ顔に|H&M 福岡玲衣さんが伝授

記事を読む

ネイビーの「アイライナー」を使ったメイク 5選

【1】甘め眉に似合う「辛めネイビーアイライン」

ヘア&メイクアップアーティスト

Georgeさん

大のコスメ好きとして商品知識も豊富で、韓国コスメにも精通。透明感のある肌作りも得意。
関連記事をチェック ▶︎

明るめブラウン眉×ネイビーラインで遊ばせて

【HOW TO】


優しげふんわり眉とネイビーラインなら外しすぎず、遊びが効いた印象に。地眉より少し明るめのカラーで表情を明るくしつつ、締まるけれど黒より強くならないネイビーで抜け感としゃれ感を。

 

初出:【甘め眉×辛めアイライン】カジュアルからフォーマルまで♪シーンに合わせておすすめの組み合わせをご紹介

記事を読む

【2】冬にも似合う!涼感アイメイク

ミックスニット×アイスブルーの涼感アイメイク

「見た目にも暖かそう、と感じるニットはひんやりとしたアイメイクで全体の温度感を少し下げてあげると好バランス。アイスブルーのシャドウとネイビーラインを組み合わせると、ミックスニットがぐっとしゃれて見えます。厚みのあるタートルなのでヘアもタイトにまとめて」(笹本さん)

【HOW TO】


ホワイトアイシャドウををアイホールにのばし、アイスブルーのアイシャドウをふんわりと重ねる。下まぶたは全体にオレンジベージュのアイシャドウを。ネイビーラインは上まぶたキワと目頭に「く」の字形でマーク。

\アイスブルーの涼感アイメイクが完成/

 

初出:【最旬冬メイク】ぬくもりたっぷりのミックスニットには涼感アイメイクでクールダウン|簡単ヘアアレンジも

記事を読む

【3】おしゃれ度UP!クリーンな華やかメイク

トーンの高い白っぽいシルバーシャドウとネイビーラインは、メイク感が強く出やすい色。けれども、あえて挑戦すれば儚げEYEのおしゃれな雰囲気がアップ!クリーンな華やかさもあり、好感度大。

\希望イメージは… フェミニン/

【HOW TO】


上下まぶたの黒目の外側からネイビーラインを引いて目尻を囲む。

オーロラシャドウを追加して、さりげなく甘く
シルバーシャドウは黒目の上を外して、上まぶたの内側と外側にのせる。黒目の上にはオーロラシャドウを入れて、クールな中にも甘さをプラス。

\寒色系気分の儚げアイメイクが完成/

 

初出:【一重・奥二重さんの夏メイク】なりたい雰囲気別|シルバーシャドウ×ネイビーラインでおしゃれ度UP!

記事を読む

【4】「目元と眉の色の濃さを揃え」ほかのパーツは引き算する

ヘア&メイクアップアーティスト

AYAさん

繊細で透明感あふれるメイクと明快な理論が人気。 著書に『AYA MAKE』(宝島社)がある。
関連記事をcheck ▶︎
Check
  • 表情の“骨格”となる眉周辺の彫りを強調することで、内なる強さを表現。

【HOW TO】

眉は、濃いめのアイブロウパウダーでストレートを意識して。目元は、ベージュ系のシャドウをアイホールに、ネイビーのアイライナーでラインを引いたら、オレンジベージュのシャドウを重ねてラインを軽くぼかす。さらにを下まぶた全体に。

\眉と目元の彫りを強調して“芯”と“覚悟”のある眼差しの完成/

 

初出:シャネルのアイブロウパウダーで“芯”のある目元を演出|「貫きたい信念」【美的オリジナルショートストーリー】

記事を読む

【5】「同色でそろえて魅せる」知的でクリーンな印象

ブルー系のアイライナー&マスカラのいい所は使い方も黒と同じでOK。 それなのに、白目には透明感が生まれ、知的でクリーンな印象の目元へ。アイライナーのみ、ネイビーよりも明るめのブルー系を選び、春らしい軽さを演出するのも旬に仕上げるコツです。

【HOW TO】

上まぶたの際全体へ細く長めに入れ、キレ長の凜とした眼差しにメイク。目頭から引き、実際の目尻より5ミリ程まっすぐ延長させ、眼差しに吸引力をプラス。細めに引き、さりげなく使っている感じを演出するのもおしゃれに仕上げるワザ。

\同色でそろえて魅せる知的でクリーンな印象の完成/

 

初出:シスレー、アナ スイ、フローフシ…オフィスでもOKな最新ブルーライン&マスカラ

記事を読む

ネイビーの「マスカラ」を使ったメイク 5選

【1】顔だちを凜りんと引き締めるネイビーマスカラ

ヘア&メイクアップアーティスト

岡田 知子さん

TRON所属。女優、アーティストのヘア&メイクを多数手がけ、顔までファッションの一部と捉えた、今どきのおしゃれメイクを得意。独自の明確な“抜け感”に理論にも定評あり。
関連記事をチェック ▶︎

「まつげや眉毛の毛感をしっかり出して、アクセントにしつつも抜け感を感じさせることもポイント」(岡田さん)

【HOW TO】

ダークブルーやパープルのニュアンスを感じるネイビーマスカラを上下にたっぷりと。ネイビーのマスカラで毛に勢いを出して顔だちを凜りんと引き締める。

\凜とした、フレッシュな華やかな目元が完成/

 

初出:SUQQUの最旬オレンジリップで上品な夏顔の完成♪|H&M岡田知子さんが提案

記事を読む

【2】人気のピンクメイクはネイビーのマスカラをセレクト


ピンクブラウン系の眉マスカラで眉を染め、マスカラも黒ではなくネイビーをセレクト。

【HOW TO】

上下まつげにネイビーのマスカラを塗る


ビューラーなどでまつげを上げずにネイビーのマスカラを塗ることも、大人っぽく仕上げる秘訣。ダマや束をオフして繊細に仕上げて。

 

初出:【最旬ピンクメイク】ピンクシャドウでまつげと眉に抜け感を与えてアンニュイな雰囲気に♪

記事を読む

【3】透明感をグッと引き出す!さりげない目力メイク

儚げ目元さんの魅力“眼差しの透明感”を盛り上げる、ネイビーブルーのマスカラがこのメイクの主役。深みのあるベージュとコーディネートして、おしゃれな印象と目力もさりげなく盛るのが、ツウの技。

【HOW TO】


上まぶたの際からアイホールよりも広めに&下は涙袋くらいまでダークベージュを広げ、グラデーションをつける。仕上げに、上まつげにネイビーブルーのマスカラをたっぷり塗ったら、完成。

\さりげなく盛る、おしゃれな印象の目元が完成/

 

初出:ディオールのカラーマスカラで透明感倍増の秋メイクにトライ!【儚げ目元さんの秋メイク】

記事を読む

【4】「目尻まつげに重ねづけ」で叶う目幅UP

二重だけれど、目が小さいのが気になる…ナチュラルだと目力不足…という方におすすめしたいのが、トレンドのカラーマスカラです。目力と抜け感が両立する旬の“盛り感”にカラーマスカラがちょうど良いんです。ネイビーのマスカラを使えば、目幅の広い、クリアアイになれますよ。

【HOW TO】


全体にさらりとつけたら、目尻から1/3くらいだけ重ねづけ。目尻方向に横に動かすと◎。

\目幅の広い、クリアアイの完成/

 

初出:シャネル、アンプリチュード、セルヴォーク…最旬ネイビーマスカラでクリアアイに♪|一重・奥二重さんにおすすめ!

記事を読む

【5】ネイビーブルー×ダークベージュのノーブル美女EYE

【HOW TO】

上まぶたの際からアイホールよりも広めに&下は涙袋くらいまでダークベージュのアイシャドウを広げ、グラデーションをつける。仕上げに、上まつげにネイビーブルーのマスカラをたっぷり塗ったら、完成!

\ネイビーブルー×ダークベージュのノーブル美女EYEの完成/

 

初出:ディオールのカラーマスカラで透明感倍増の秋メイクにトライ!【儚げ目元さんの秋メイク】

記事を読む

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事