健康・ヘルスケア
2021.4.28

アイメイクの落とし残しが眼精疲労の原因になるってホント?真相を専門家に直撃!【美容の常識ウソ?ホント?】

\"\"

日常生活で生まれる美容や女性のライフスタイルの疑問を専門家に答えてもらうこのコーナー。今回は「目」について。アイメイクの落とし残しが眼精疲労の原因になるってホント? 吉祥寺森岡眼科の院長、森岡清史先生にお話を伺いました。

Q:アイメイクの落とし残しが眼精疲労の原因になるってホント?

目もとはデリケートなため、ゴシゴシしないように気をつけているという人も多いと思います。とは言え、目もとのダメージを気にするがゆえに落とし残しがあるなんてことも。そんなアイメイクの落とし残しが、眼精疲労の原因になると言うのは本当なのでしょうか。さっそく、この疑問を森岡先生に聞いてみました!

A:ウソ

「アイメイクの落とし残しはドライアイを悪化させたりなどのトラブルが起きる可能性はありますが、直接的に眼精疲労に影響することはないと思います」(森岡清史先生・以下「」内同)

「アイメイクの落とし残し」が目に起こす悪影響は?

「眼精疲労というのは目のまわりの筋肉が疲労することだと考えています。アイメイクを落とさないということは、筋肉に強い刺激を与えていないということになりますから、眼精疲労に影響することはないと考えます。しかし、アイメイクが残っていると、まぶたの皮膚に影響して、まぶたの筋肉にも悪い影響を及ぼす可能性はあるかもしれません。
そして、アイメイクの油分というのは目の中に残ることが多いので、涙の量や成分には多少影響することが考えられます。マイボーム腺という、上下のまぶたの内側にある腺がアイメイクの汚れで詰まってしまうと、涙の量が減ってしまいます。そうすると、ドライアイを悪化させる可能性は出てきますよね。単純に目を清潔に保つためにも、アイメイクはきれいに落とせると良いです」

アイメイクの落とし残しによるそのほかのトラブルは?

「そのほかのトラブルのセルフでの診断法ですが、多少の目やには問題ないですが、量が多く、目が充血している場合は結膜炎などの病気の可能性が高いです。結膜炎はウイルス性のもの、細菌性のもの、アレルギー性のものと原因はいろいろ。ドライアイが原因で結膜炎が起こることもありますし、アイメイクの汚れが目に入ってしまうことでも結膜炎になる可能性もありますから、アイメイクは落とし残しがないに越したことはありません。症状が強い場合は市販の目薬では治りにくいかもしれませんから、眼科を受診することをおすすめします。
目の表面も皮膚と同じように、垢のようなものも出ますし、乾燥したり、疲労することでも多少の目やには出ます。多少充血がないと、目やにが多く出るということはないと思うので、充血があって、目やにが多いという場合は注意してください」

吉祥寺森岡眼科院長

森岡清史先生

浜松医科大学医学部卒業。東京大学大学院医学系研究科にて網膜色素上皮細胞の研究に従事し、同大学院を修了。医学博士授与、日本眼科学会眼科専門医認定。都内の眼科に勤務後、吉祥寺森岡眼科を開設。視覚身体障害者指定医・難病指定医でもある。著書は「目は10秒でもっとよくなる!—すぐできる目ヂカラの強化書」(自由国民社)、「見える力がよみがえる 立体 遠近トレーニング」(サンクチュアリ出版)。

吉祥寺森岡眼科

 

 

文/土屋美緒

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事