食・レシピ
2021.9.15

【美肌レシピ】肌の炎症を抑える「サバ缶の和風カレー」|簡単「腸ぱく」レシピ

\"\"

腸活×たんぱく質の「腸ぱく」食材コンビで肌の炎症を抑えて美肌を育みましょう!今回は食物繊維の食材×サバ缶。

肌の炎症を抑えて保湿効果を発揮!食物繊維の食材×サバ缶

腸活
202110gp112-18
たんぱく質
202110gp112-3
ストック食材としても重宝するサバ缶は、DHA-EPAを含むため肌の炎症を抑えつつ、保湿効果を発揮します。食物繊維の多い食材と組み合わせて便秘予防にも働きかければ、代謝のいい体に仕上がり美肌を育みます。

サバ缶の和風カレー

みそ煮のサバ缶を使うことでコクとうまみがUP!

202110gp112-15
材料(2人分)
・サバ缶(みそ煮)…1缶
・ほうれん草(2cm幅)…60g
・トマトピュレ…約70ml
・大豆水煮(市販)…60〜80g 
・クミンシード(あれば)…小さじ1/3
・サラダ油…大さじ1強
・にんにく・しょうが(みじん切り)…各1片分
・水…200ml
・カレー粉…大さじ1
・しょうゆ…大さじ1/2
・梅干し(細かくちぎる)…2個
・玄米ごはん(または雑穀ごはんなど)…2膳分

作り方
(1)鍋にサラダ油とにんにく、しょうがを入れて火にかけ、香りが立ってきたらクミンシードを加えて炒める。

(2)サバ缶を缶汁ごと加えてなじませたら大豆を加え、続けてトマトピュレと水も加えてひと煮立たせる。サバの身をなるべくくずさないように弱火にし、カレー粉、しょうゆ、梅干しで味つけをする。

(3)ほうれん草を加えて5~6分煮たら完成。器に玄米ごはんと一緒に盛りつける。

料理研究家

植松良枝さん

うえまつ・よしえ/野菜作りをライフワークとし、旬の野菜を使った料理や、これまでに旅をしてきた世界各国のエッセンスを取り入れた料理に定評がある。

『美的』2021年10月号掲載
撮影/宗田育子 スタイリスト/阿部まゆこ 構成/正木 爽・宮田典子(HATSU)、有田智子

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事