食・レシピ
2013.2.13

木下あおいのお薬ベジ★ごはん(12)ジューシーな甘ずっぱさがたまらない リンゴのコンポート

今月のお題:

食べすぎで疲れた胃腸を休めたい

リンゴのデトックスパワーで胃腸をスッキリ

食べすぎたせいで、胃が重い、お通じの調子が今イチ…というときは「リンゴのコンポート」で胃腸の大掃除をしちゃいましょう!
リンゴには水溶性食物繊維がたっぷり含まれている上、むくみを予防するカリウムも豊富。そんなリンゴをやわらかく煮込んで、とろりとした葛粉のソースを絡めました。寒いと甘いものが欲しくなりますが、リンゴならヘルシーで腹もちも抜群。ダイエット中にもおすすめです。

●注目素材1 リンゴの効能

腸壁の粘膜を保護し、腸内環境を整える水溶性食物繊維ペクチンを多く含む。体内の余分なコレステロールを排出して、脂肪のつきにくい体にする効果も。

●注目素材2 葛粉の効能

マメ科の葛の根から得られるでんぷんを精製して作る食用の粉。胃腸を整えるほか、体を温めて血行を促進するので、風邪のひき始めにも用いられる。

 

●材料(2人分)
リンゴ…1/2個
しょうが(すり下ろし)…小さじ1
リンゴジュース…200㎖
塩…一つまみ
A リンゴジュース…50㎖
葛粉…小さじ1

 

●作り方
① リンゴをくし形切りにカットする。

 

 

 

 

 

② 鍋にしょうが、リンゴ、リンゴジュースを入れ、塩を振り、リンゴがやわらかくなるまでふたをして弱火で煮込む。

 

 

 

 

 

③ リンゴを取り出し、器に盛る。

④ ③の鍋に溶いたAを入れ、弱火にかけてとろみをつける。

 

 

 

 

 

⑤ 盛りつけたリンゴに④をかける。

 

+α menu
つぶしてリンゴジャムに。いろいろ楽しめます

コンポートに少量のリンゴジュースを加えて弱火にかけ、へらでとろとろになるまでつぶします。パンにのせたり、スイーツを作る際に甘みとして加えても。

 

 

 

 

 

\木下あおいのブログ 玄米菜食美食道♪/

 

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事