食・レシピ
2012.4.6

石坂優子の「キレイを養う★美味旬★レシピ」(53) 黒胡麻パワー!春野菜と豚肉の黒ゴマソテー


いよいよお花見の季節ですね。お花見と言えば手作りのお弁当!桜を見ながら食べるお弁当は美味しくてついつい揚げ物などに手がのびてしまいがち。お弁当といえどやはり美容やダイエットは気にしたいところですね。今回は、お弁当のおかずにピッタリの黒胡麻を使った満足感たっぷりの1品を紹介します。

胡麻の栄養成分の中でも、注目しておきたいのが「ゴマリグナン」。実はCMなどでおなじみの胡麻の成分、セサミンもゴマリグナンの中の1つです。ゴマリグナンはとても抗酸化力が高く、肝機能も高めてくれるのでしみやしわを予防するとともにアルコールの分解をスムーズにしてくれます。胡麻を使ったおかずは美容を気にする女子のお花見にぴったり!!野菜も一緒にはさむことで彩も良く、揚げ物感覚で食べられる満足感たっぷりの1品です。

【材料】 (2人分)
豚肉薄切り(なるべく油の少ないもの)…8切れ、にんじん…1/4本、スナップエンドウ…4本、梅肉…適量、塩・こしょう…適量、黒すり胡麻…適量、オリーブオイル…大さじ1

【作り方】
①豚肉の表と裏に塩・コショウをしておく。にんじん、スナップエンドウは塩を入れた湯でさっと茹でて少し大きめの千切りにする。
②豚肉に梅肉を塗り、①のにんじんとスナップエンドウを豚肉の端が少し余るくらいに乗せたらもう1枚豚肉を重ねて端を折り返してまとめる。
③フライパンにオリーブオイルを熱し、②の全体に黒すり胡麻をつけ、両面をこんがりと焼く。

☆ポイント☆
焼くときにばらばらにならないようにしっかりと豚肉の端を折りたたみましょう。
食感をのこすためにも、野菜の下茹で時に茹ですぎないようにしましょう。

♪ひとことメモ
二日酔いの原因は身体の中に残ってしまったアセトアルデヒド。最近の研究ではゴマリグナンは肝臓の活性酸素を除去するだけでなく、アセトアルデヒドを分解する酵素の量を増やすこともわかってきました。胡麻パワーで二日酔い防止!でもいくらお花見の席でもお酒は適量を守りましょうね!

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事