食・レシピ
2018.12.16

1日1杯のみそ汁で冬不調を撃退! 疲労回復&リラックス効果のある万能みそ汁レシピ

1日頑張って疲れた体をいたわるみそ汁レシピ。ビタミンB群やアミノ酸のグルタミンは疲労回復のマスト。GABAにはリラックス効果も。1日の終わりのみそ汁は明日の活力! 簡単レシピを料理家のエダジュンさんに教えてもらいました。

豚肉とえのきとモズクのみそサンラータン

%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%82%99180912s17_252
モズクのつけ汁も全部入れてさっぱり味に
豚バラ肉のビタミンB1、黒酢のクエン酸でお疲れモードから復活。春雨を入れればおかずみそ汁に。

材料(2人分)
豚バラ肉(薄切り)…60g
えのき…1/2パック(50g)
モズク(黒酢づけ)…2パック(140g)
水…500ml
鶏ガラスープの素(顆粒)…小さじ2
みそ…小さじ2
酢…小さじ2
ラー油…少量

作り方
(1)豚バラ肉、えのきは3cm幅に切る。
(2)鍋に水、鶏がらスープの素、えのきを入れ、中火で温める。
(3)沸騰する直前に弱火にし、豚肉を1枚ずつ入れる。アクが出てきたらすくう。
(4)みそを溶き、モズクをつけ汁ごと入れて温め、酢とラー油で味を調える。

豚しゃぶとサニーレタスのコンソメみそスープ

%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%82%99180912s21_278
サニーレタスの味と食感も新鮮!
豚肉のナイアシン(ビタミンB3)は栄養素をエネルギーに変えるのを助ける働きがアリ!

材料(2人分)
豚ロース肉(しゃぶしゃぶ用)…80g
サニーレタス…葉を2枚
レモンスライス…2枚
A[水…500ml コンソメスープの素(顆粒)…小さじ2 みそ…小さじ2]

作り方
(1)鍋にAを入れ、みそを溶きながら中火で煮る。
(2)沸騰する直前に豚肉を入れる。アクが出てきたらすくう。
(3)食べやすい大きさにちぎったサニーレタスを入れて数秒間煮込む。器に注ぎ、レモンスライスをのせる。

エビともやしのトムヤムみそ汁

%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%82%99180912s20_269
後のせパクチーがクセになる
エビに含まれるタウリンも疲労回復効果が。豆板醤のピリ辛味で食欲増進効果も。

材料(2人分)
エビ…4尾(ボイルエビでも可)
もやし…1 /2パック(100g)
パクチー…1束(10g)
A[水…500ml ナンプラー…大さじ1 レモン汁…小さじ2 みそ…大さじ1 豆板醤…小さじ1 /2]

作り方
(1)エビは殻と背わたを取る。パクチーは3cm長さに切る。
(2)鍋にAを入れて中火にかける。温まったらエビともやしを入れ、火を通す。器に注ぎ、食べる直前にパクチーをのせる。

セロリとトマトの梅ミネストローネ風

%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%82%99180912s17_262
疲れたときはすっぱいもの。梅干し!
梅干しのクエン酸は糖をエネルギーに変える。塩味があるのでみそは少なめで。

材料(2人分)
セロリ(茎)…1/2本
トマト…1個
梅干し(はちみつづけ)…1~2個
A[水…500ml コンソメスープの素(顆粒)…小さじ2 みそ…小さじ2]
オリーブオイル…適量

作り方
(1)セロリ、トマトは角切りにする。梅干しは種を取り、包丁でたたく。
(2)鍋にAを入れて中火で温め、1を入れて4〜5分、沸騰しない程度に煮込む。器に注ぎ、オリーブオイルを回しかける。

 

※レシピでは米みそを使っています。使うみそはお好みで。

 

『美的』12月号掲載
撮影/神林 環 料理/エダジュン スタイリスト/洲脇佑美 構成/松田亜子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事