食・レシピ
2018.3.3

「トマト、キュウリ、黒オリーブとフェタチーズのギリシャ風サラダ」美容エディター・門司紀子のToday’s SALAD #30

img_20180302_083555_831

【本日のビューティ食材:トマト

トマトは言わずと知れたパワフルな美容食材。トマトはβカロテンを多く含む抗酸化効果の高い緑黄色野菜ですが、特筆すべきはリコピンのすばらしき美容効果! 代謝を上げるとともに、肌サビを防ぐ働きがあり、シワやシミができるのを防ぐアンチエイジング効果が。キレイになりたいなら、積極的にとりたい食材です。栄養素を余すところなく取り入れたいなら、やっぱり生食=サラダにするのがおすすめ。今回は、むくみを改善するキュウリ、抗酸化効果があるといわれているオリーブ、ギリシャ名産の塩っ気が特徴的なフェタチーズとともに、ギリシャ風のサラダにアレンジしました。野菜そのものの味とチーズの塩っ気を感じたいので、味付けはシンプルに。

 

<材料>
ミニトマト  10個程度
キュウリ     1本
黒オリーブ     10~15粒程度
フェタチーズ     70g程度
オリーブオイル    大さじ2
レモン汁       大さじ2
ハチミツ       小さじ1
塩こしょう        適宜
ディル(飾り用)      少々

 

<作り方>

(1)キュウリは食べやすい大きさに乱切りにして、塩をひとつまみふって、10分ほど置いて少ししんなりさせ、味がしみ込みやすいようにしておく。

img_20180302_083733_540

(2)ミニトマトは半分にカット。

img_20180302_083755_872

(3)フェタチーズはダイス状にカット。

img_20180302_083710_109

(4)ボウルに水を軽く切ったキュウリ、ミニトマト、オリーブと、オリーブオイル、レモン汁、ハチミツ、塩こしょうを入れてざっくり混ぜる。

img_20180302_083633_539

(5)フェタチーズはボウルで混ぜるとくずれがちなので、(4)と一緒に適宜お皿に盛りつけていく。最後にボウルに残ったドレッシングを回しかけ、ディルを飾り付けて完成。

 

 

img_20180302_083841_749

フェタチーズは羊や山羊の乳からつくられる、ギリシャの代表的なチーズのひとつ。白くねっとりした塊状で、食塩水中で熟成させるために強い塩味があるのが特徴。今回は使ったのは、成城石井で見つけたオーガニックのフェタチーズ。

 

ちなみにオリーブは瓶詰でもパックでも、黒でも緑でも、お好きなものを使って。食べやすいよう種抜きのものを使用しましたが、種ありのものでもOK。ただし、スタッフドオリーブはサラダの風味が変わってしまうので避けて。

 

 

 

noriko-monji
門司紀子
もんじのりこ/大学在学時からCanCam編集部にて編集アシスタントとして“雑誌づくり”のキャリアをスタート。約20年、フリーランスエディター&ライターとして活動。趣味は料理とゴルフ。Instagram(アカウント:norikomonji)でも、料理レシピや“mondeli”ケータリング写真を発信中。

料理・撮影・文/門司紀子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事