食・レシピ
2017.6.25

フライパン1つで簡単に作れる!夜遅く食べても◎な深夜ごはん

夜遅い帰りの日にも簡単に作れて、野菜をたっぷり摂れるヘルシーレシピを、〝mondeli(モンデリ)〟として撮影現場やホームパーティなどへのケータリングも行っている、美容エディター門司紀子さんに教えていただきました。

 

美容エディター 門司紀子さん発
にんじん&ゴーヤーのしりしり丼

フライパンひとつで作れちゃう◎にんじんとゴーヤーの食感も楽しめます!
_mg_9131f2週3は遅めごはんに。炭水化物は減らしつつ、美肌美髪のもととなるたんぱく質を積極的にとります。しりしり丼は、にんじんを丸ごと1本飽きずに食べられるのが魅力。ゴーヤーを加えれば抗酸化効果もアップ!

【材料(2人分)】
にんじん…1本 ゴーヤー…1/2本 温かいごはん…軽く2杯分
A(白だし・酒各小さじ1)
B(卵1個、みりん小さじ1、塩・こしょう各少量)
ごま油…小さじ1 白すりごま…適量

【作り方】
①にんじんはせん切り、ゴーヤーは種とワタを取って薄切りに。
②フライパンにごま油を熱して①を炒め、Aで味を調える。Bを溶き混ぜて加え、大きくかき混ぜて卵が半熟になったら火を止める。
③丼にごはんを盛って②をのせ、すりごまを振る。

◆その他にも、美容エディター・門司紀子さんが考案するレシピを続々公開中!
「ケールとオレンジ、ミニトマトのバルサミコサラダ」はこちらをチェック>>https://www.biteki.com/life-style/food-recipe/202100

 

『美的』2017年7月号掲載
撮影/小林キユウ フードスタイリスト/渡辺ゆき レイアウト/最上真千子 構成/小内衣子(PRIMADONNA)

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事