食・レシピ
2016.9.14

ピンクグレープフルーツと焼きサバ、きのこのマリネ

%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%b3%e3%82%af%e3%82%af%e3%82%99%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%95%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%84%e3%81%a8%e7%84%bc%e3%81%8d%e3%82%b5%e3%83%8f%e3%82%99%e3%80%81-%e3%81%8d

焼きサバの塩味が柑橘の味を引き立てて新鮮な味わい。グレープフルーツはくずれやすいので最後に合わせます。

〈材料(2〜3人分)〉
ピンクグレープフルーツ…1個
サバ…半身
しめじ…100g
きゅうり…1本
オリーブオイル…大さじ1
塩、しょうゆ、黒こしょう…各適量

 

<作り方>
1.グレープフルーツは薄皮をむいて実を外す。
2.サバは魚焼きグリル(またはフライパン)で焼いて皮と骨を外し、身をほぐす。
3.しめじは石づきを切ってから手でほぐす。フライパンにオリーブオイル(分量外)を熱し、しめじを炒め、塩、しょうゆで味つけする。
4.きゅうりは薄く輪切りにし、塩をひとつまみ振り、しばらく置く。水分が出てきたら水気を絞る。
5.1〜4、オリーブオイルをボウルに入れ、両手で優しく和える。器に盛り、黒こしょうを振る。

 

%e5%b0%8f%e5%a0%80%e7%b4%80%e4%bb%a3%e7%be%8e
料理研究家
小堀紀代美さん
こぼり・きよみ/料理研究家。洋菓子店を営む家で育つ。2年間営業していたカフェ「LIKE LIKE KITCHEN」は、おいしいもの好きの間で評判に。現在、料理とお菓子の教室を主宰。著書に『フルーツのサラダ&スイーツ』(NHK出版)など。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事