ボディケア
2015.7.29

極太ししゃも足に!「ふくらはぎモリモリ女子」の共通NG歩行法3つ

「ふくらはぎが男らしいのが悩み……」そんな人はいませんか? むくみや老廃物ならマッサージやストレッチが効果的ですが、筋肉質なふくらはぎは、これらのケアをしてもなかなか細くなりません。

そこで今回は、筋肉が目立ってしまう原因を作る“毎日の歩行時間”を見直して、女性らしいすっきりしたふくらはぎを手に入れる方法をご紹介します。

 

■1:歩幅が広い・歩くのが速い

歩幅が広い、また歩くのが速いと重心移動がブレやすくなります。すると、バランスを保とうと体に余計な力が入り、前ももやふくらはぎの筋肉が緊張して太くなります。歩幅が広い・歩くのが速いという方は、注意が必要です。

 

■2:かかとから着地して歩き続ける

かかとから着地する歩行は一見自然に見えますが、実はかかとや肩に大きな負担をかけてしまう歩き方です。体重+歩行の大きな衝撃を和らげてくれるのは、“足裏のアーチ”になります。そこで、足裏のアーチを利用した4つの歩き方を意識しましょう。

(1)膝をしっかり上げる

(2)かかと・足指の付け根・足指の3点で歩行の衝撃を吸収する

(3)天井から吊られているイメージで姿勢も意識する

膝を上げて歩くためには、股関節のストレッチを行い、可動域を広くしておくとよいです。

 

■3:足を広げて&膝を伸ばして立っている

バランスを保とうと両足を広げた立ち方をしていませんか? 足を広げると実は重心が定まらず、体に余分な力が加わります。そしてとくに外側に向かって筋肉が張ってしまいます。反対に、両足を揃え、体の中心を意識した立ち方をすると余分な力が入らず、太くなりにくくなります。

ただ、この時注意してもらいたいのが、膝裏をピンと張って立たないことです。膝裏にはリンパ節があり、ふくらはぎのむくみや老廃物が流れるのに大切な部位になります。膝を伸ばさず、両足を揃えて、体の中心、コアの部分を意識して立ちましょう。

 

歩行や立ち方によって、ふくらはぎを太くする原因を作っていることがあります。正しい歩き方を知り、常にすっきりしたふくらはぎを手に入れてみませんか?

 

初出:美レンジャー  ライター:清崎汐里

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事