ヘアのお悩み
2020.12.28

元宝塚歌劇団娘役の伶美うららさんに聞くタカラジェンヌのヘアケア術|月1カラーでも美髪を保つ秘訣とは?

宝塚歌劇団宙組在団中は美貌の娘役として重要な役を担い、惜しまれつつも2017年に退団した伶美(れいみ)うららさん。退団後は舞台のみならず、コンサートやハンドメイドアクセサリーの講師などで活躍をされています。12月22日発売の『美的』2月号の「真冬の髪質改善プログラム」ではモデルとしてご登場。“ヘアケア”つながりで、タカラジェンヌ時代の髪のお手入れについて教えてもらいました。ここでしか聞けないレアなお話をお届けします。

伶美うららさん

20-11-9%e7%be%8e%e7%9a%84_8544

5月30日生まれ、大阪府出身。愛称は「ゆうり」。2009年に95期として宝塚歌劇団に入団、娘役として宙組大劇場公演『薔薇に降る雨/Amour それは…』で初舞台を踏み、宙組に配属。2017年大劇場公演『神々の土地/クラシカル ビジュー』にて退団。退団後はミュージカルやコンサートへの出演、アクセサリー制作の講師など、フリーとして活動中。
インスタグラム▶︎@urara_reimi
ハンドメイドアクセサリーショップ▶︎Urara La petite boite a bijoux

 

「タカラヅカ在団中はずっと明るい髪色でした。入団したての若手の頃はブリーチをして髪色を抜いていましたが、髪がボロボロになるので、年齢が上がってきたらブリーチはせずにハイトーンカラーで対応していました。こまめに染めないと根元が生えてきてプリン状態になってしまうので、サロントリートメントを併用しながら月に1回の頻度でカラーをしていましたね」と伶美さん。

ここでライター私物の、宙組公演『神々の土地/クラシカル ビジュー』(伶美さんの退団公演でもある)のプログラムにある、伶美さんの現役時代のお姿を紹介。
img_1452
「宝塚歌劇は、基本、お芝居とショーの2部構成で、特にショーでは場面によって髪型を変えます。だいたいお団子にしているのですが、くしを使って分け目を変えたりするときに無理に引っ張ることもあり。舞台時のヘアセットは、ジェルとグリースを使っていました。全部ジェルにすると固まるけどくしが通らず、グリースが多いと汗で溶けて化粧まで落ちてきてしまうため、絶妙なバランス感が大事。そういったテクニックは上級生(先輩)から教わり、自分の髪質と合わせて試行錯誤しながら、自分なりにぴったりハマるやり方を身につけていくんです」

タカラジェンヌのヘアケア術

ハイトーンカラー、毎日のヘアセット、さらにスポットライトの強い光…。髪にはかなり過酷な状況です。髪が弱って切れてしまうこともあったので、丁寧なダメージケアを心がけていたそう。そこで、伶美さんが実際に行っていたケア方法や愛用アイテムを紹介します。

1.スタイリング剤がついた髪はトリートメントのサンドイッチで洗髪

「公演が終わると、お風呂に入ってメイクをして楽屋を出ます。お風呂の時間をそんなに割けないので、スタイリング剤でバリバリになった髪はまずトリートメントをなじませて柔らかくしてから流し、そのあとに通常のシャンプー→トリートメントの順で洗います。1回目のトリートメントは、顔のクレンジングと一緒。最初からシャンプーで洗うと、たっぷりついたスタイリング剤を落としきれず2度洗いすることになり、時間がかかるだけでなく摩擦で髪が傷むことも。トリートメントは油分が多いため、なめらかに流せます」

2.超音波アイロンを使ってじっくりインバスケア

image0-1
「サロントリートメントの際に使っている“ケアプロ トリートメント浸透促進器 超音波アイロン”を購入してホームケア。インバスで使える充電式で、お風呂でトリートメントをしたあとにこのアイロンを通し、しばらく放置して浸透させてから流す、というスペシャルケアをしています。トリートメントの有効成分が髪に行き渡り、サラサラになるんです」

ケアプロ トリートメント浸透促進器 超音波アイロン/本人私物

3.細くて湿度の影響を受けやすい髪質に合う神アイテムを厳選

「私の髪は、細くてやわらかく、湿気を含むとすぐに広がってしまうなかなか扱いにくい質感。ヘアサロンで勧められたものをメインに使い、髪質に合うダメージケアをしていました」

【COTAのシャンプー&トリートメント】
s-300_9_a
「今は髪が蘇ってきたのでいろいろなシャンプーを使っていますが、現役時代はシャンプーにこだわっていました。毎日使うものなので髪に本当に合うものがいいなと思い、美容師さんに相談してサロンで買えるCOTAのまとまるタイプに。周りもサロンで買っている人が多かったですね。ケラスターゼも人気でした」

(左)コタ アイ ケア シャンプー 9 300ml ¥2,500(税抜/美容室専売品)
(右)コタ アイ ケア トリートメント 9 200g ¥2,800(税抜/美容室専売品)

お問い合わせはこちらから

【リトル・サイエンティストのリケラエマルジョン】
image0-2-1
「インバスにもアウトバスにも使える2wayのトリートメントクリームです。インバスで使うときはやや多めの量を取り、なじませてからしばらく放置して流します。かなりのびるので、アウトバスで使うときは髪の中間〜毛先に少量をなじませます。ヘアサロンで購入していました」

リトル・サイエンティスト リケラエマルジョン/本人私物

【ミクシム サプリのヘアオイル】
image0-1-1
「細い髪質だから重いオイルだとベタッとしてしまうため、軽やかに仕上がるものが好み。タオルドライをしたらまずエマルジョンをつけ、毛先だけこのオイルを重ねてコーティングし、乾かします。エマルジョンで程よくしっとり、オイルで毛先はサラサラに」

ミクシム サプリ アミノ リペアオイル/本人私物

 

20-11-9%e7%be%8e%e7%9a%84_8216
そして、在団中の公演後の話に。例えば18:30に終演するときは、だいたい19:30にすべて身支度を終え楽屋を出るのだそう。早いときは19:10くらいに出ることもあったのだとか。

「終演後に予定があって『今日は早く出たいな』というときは、あらかじめクレンジング含ませたポイント用のコットンや綿棒を出し、普段のメイク用のファンデーションやパウダーを並べ、ドライヤーをコンセントに差し、お風呂の支度を椅子の上に置いておくんです。終演後、髪のお団子につけたピンやゴムを取りながら楽屋にダッシュし、つけまつげを外してケースに入れ、目元をポイントクレンジングで落としながらお風呂道具を持って、お風呂に。お風呂は5分くらいで髪と体を洗い、あとは髪を乾かして普段メイクをして、髪を巻いて出る感じ。帰宅後にもう一度お風呂に入り、そのときにケアをしていました。終演後の楽屋はてんやわんやでしたね。もうあんなに急ぐことはないんだろうな、と思います(笑)」

撮影/横山翔平(t.cube) ヘア/角 薫(RUALA) メイク/相馬久美子 スタイリスト/門馬ちひろ 構成/斉藤裕子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事