ヘアのお悩み
2013.9.4

髪についた焼き肉やタバコのいや~なニオイを消す簡単テク

シャンプーのいい香りじゃない?髪に嫌なニオイがつく原因と対策夏の間は、汗をかいた後の頭皮のニオイが気になりましたよね? ですが、涼しくなり汗をかく量が減ったからといって、ニオイが気になる季節が終わったわけではありません。それは、頭のニオイが発生するのは頭皮だけではないからです。

そう、”髪の毛”にはニオイがつきやすいので、一年を通して気を配りたいところなのです。そこで今回は、髪の毛にニオイがつく原因と対策についてお話していきたいと思います。

 

■髪の毛にニオイがつくのはなぜ?

焼肉、お好み焼き、ハンバーグ、揚げ物など、ニオイが強いものを食べた後や、タバコの煙、空気が悪い場所などで過ごした後に、焼き肉やタバコのニオイってどうして髪の毛につきやすいの?自分の髪の毛にニオイがついてしまい、不快な思いをしたことがある人はたくさんいますよね? これは、髪の毛の表面に空いているたくさんの小さな穴が、ニオイ分子を吸着しやすいから。髪の毛は一本一本は細いのですが、数が多いため表面積が大きく、ニオイを溜めこみやすいのです。

風が吹いたときや、人が接近してきたときに、自分の髪がニオっていると気が気ではありませんよね。では、髪についてしまったニオイは、シャンプーをする以外にどうしたら消すことができるのでしょうか?

 

■髪についたニオイを消す方法

髪についてしまったニオイは、ウエットティッシュを使って軽くパッティングをすれば取ることができます。ですが、生乾きのままでは通常の状態よりもニオイを吸着しやすくなるので、風に当てたりして乾かすようにしましょう。ただ風をあてるだけでもニオイが飛ぶので、ドライヤーがあれば髪全体にあてたり、なければ扇子やうちわで扇ぐのも効果的ですよ。

ヘアスプレーで誤魔化そうとすると、ニオイ同士が混じってより不快な香りになってしまうので要注意! まずはニオイを取るようにしてください。

 

ニオイ対策を万全にして、すれ違った時に髪からいい香りがする女を目指したいものですね。

 

初出:美レンジャー  ライター:高木沙織

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事