ヘアスタイル・髪型
2021.3.17

前髪を薄くしたい…! 簡単にできる「カット方法」とカット「なし」のアレンジ術

\"\"

プロの美容師さんが教えるセルフでできるシースルーのカット方法をご紹介します。その他、『美的.com』の連載でも好評だった人気サロンのスタイルから、おすすめのシースルーの髪型をご紹介します。

「セルフでできる」薄め前髪の【カット方法】

GARDEN Tokyo 副店長

津田 恵さん

人気タレントからの指名が多く、『美的』のアレンジや髪悩み解決企画にも多数登場。クールで色気のあるスタイル作りに定評あり。

\カットしたのは…鈴木尚子さん/

【before】
髪が細くて柔らかい鈴木さんのお悩みは、「前髪を作ると分かれやすくて、結局分けちゃう」。分け目が目立つのも気になっている。

【After】
薄くて透け感のある変形のシースルーバングに!
「前髪の真ん中とサイドの長さが違うので、いろんなアレンジができそうです」(鈴木さん)


Point

両端を長くしたシースルーバングなら、カジュアルすぎず大人っぽい。リバース巻きにしたりかきあげ風にしたり、2ウェイで楽しめます

\切り方/

STEP1:前髪は薄めに取り

STEP2:真ん中は目の下でカット

STEP3:両端は曲線にせず急角度でチークラインにつなげてカット(これがサイドバング)


初出:脱・ぺたんこ前髪! シースルーバングで抜け感のある色気をプラス♪

記事を読む

巻いて作るシースルーバング【2つ】

【1】「アイロン」を使ったラフ感がポイントのシースルー

STEP1:前髪を薄く分けとる
前髪を薄めに分けとって前に下ろし、残りを後ろに向けてコテで平巻きにする。

STEP2:水スプレーをかけながらくずす
薄く下ろした前髪に水スプレーをかけながら、ザクッとくずして動きをつける。

STEP3:スプレーをかけてキープする
後ろに流した前髪が戻らないよう、根元にキープスプレーをかける。


初出:今日からできる前髪アレンジ4選!毎日違う印象で周りをドキッとさせちゃおう

記事を読む

【2】「カーラー」を使った長めシースルー

tricca ginza ネイリスト

旭 美香さん

ヘアの施術と同時にネイルを受けられるサロン『tricca ginza(トリッカ銀座店)』で活躍中のネイリスト。上品なのに今っぽい、ほんのりエッジの効いたネイルデザインが得意。

\How to/

STEP1:前髪をふたつに分けてカールをしっかりと…カーラーの幅にこだわる!
「前髪の長さが目の下まであるので、前髪全体にしっかりとカールがつくように、上下に分けてカーラーを巻きます。カーラーの大きさは、前髪を2回転できる幅のものを。上の毛は長めなので32mm幅、下は26mmと変えています」(旭さん/以下「」内同)

「上の髪は、髪を立てて上から巻きつけ、下の髪は、顔と垂直に伸ばしてから巻きつけ、根元までしっかりと巻きます」

STEP2:温風を当てて熱が冷めるまで待つ
「カーラーを巻きつけた髪にドライヤーで熱を当てて、しっかりとカールをつけます。前髪全体に熱を加えたら、そのまま熱が冷めるまでカーラーを巻いておきます」

STEP3:膨らみやすい耳後ろの内側をヘアピンで留める
「耳の後ろの髪がダメージによる乾燥で広がりやすいため、ヘアピンで留めてスッキリさせます。ヘアピンが見えないように、ハチ上の髪を上げ、内側の毛を押さえるように留めます」

STEP4:前髪にバームをなじませて毛束感を出す
「前髪のカーラーを外したら、バームをつけて毛束感を出します。バームを指全体の伸ばし、内側から手ぐしでバームを前髪全体になじませます」

「前髪全体にバームがなじんだら、髪をつまんで毛束感を出していきます」

完成!
目にかかる長めの前髪も、シースルーバングなら軽やか。


初出:流行のシースルーバングの作り方|カーラー2個使いで抜け感のある春らしい前髪に【美容賢者の髪コンプレックス解消vol.55】

記事を読む

カット不要!ピンでできるシースルーバングの作り方【2つ】

【1】可憐な印象の透け感前髪

STEP1:前髪の約半分をまばらに上げてピン留め
額がまんべんなく透けるよう、前髪を全体的に間引くイメージでつまんで上げる。鏡を見ながら量を調整してみて。

STEP2:ソフトワックスをなじませて前髪の毛束を固定
所々前髪にワックスをつけて束を固めておくと、アレンジを作ったときの額の透け感を長時間キープできる。

【SIDE】


初出:前髪の分け方だけで4変化! 美人になれる前髪、教えます。

記事を読む

【2】程よいウェット感とルーズ感が今っぽいシースルー

tricca Daikanyama トップスタイリスト 

小走祥菜さん

東京・代官山アドレス内にある洗練されたヘアサロンtricca Daikanyama(トリッカ ダイカンヤマ)の店長。髪悩みを解消するカットが得意で、“小走さんにカットしてもらうとスタイリングがラクになる”と評判。

\How to/

STEP1:前髪~髪全体にバームをなじませる
「手のひら全体にバームをのばしたら、手ぐしで前髪をとかしながらバームをなじませます。前髪の内側からもなじませると、全体にまんべんなくバームがついて、崩れにくさがUP」(小走さん/以下「」内同)

「前髪以外は、髪をもみこむようにバームをなじませていくと、均等につけられます」

STEP2:こめかみの産毛を取り出す
「前髪を左右に分けたら、こめかみの産毛を出しておきます。根元からきっちりと上げてしまうと少し古い感じになってしまうので、ルーズ感を演出します」

STEP3:前髪を後ろへ引っ張りながらツイストを
「左右に分けた前髪の片側からツイストしていきます。前髪の根元近くからツイストし始めると幼い印象になるので、スタート地点が頭頂部くらいになるように、毛束を後ろへ引っ張りながら行います。これが大人っぽく仕上げるコツ!」

STEP4:毛流れと逆方向にヘアピンをさす
「ツイストした毛束と逆方向から、一番外側の髪をピンですくい取り、そのまま髪の内側へピンを押し込みます。これで、しっかりと前髪が固定します。反対側の前髪も同様にツイストしたら完成です」

完成。程よいウェット感とルーズ感が今っぽい! サイドの髪を耳にかけないのも、大人らしさをキープするコツ。


初出:クセ毛&ドライヘアにおすすめアレンジ!ツイスト前髪でボリュームダウン、小頭効果も!【美容賢者の髪コンプレックス解消vol.60】

記事を読む

シースルーバングの「ヘアスタイル集」【7選】

【1】シースルー×くびれの大人気ミディ

【how to“ベース&カラー”】

  1. 全体を鎖骨の長さで平行にカットし、顔まわりに軽く動きが出るようにレイヤーを入れる。毛先が薄くなるとアイロンが巻きにくいので重さを残しつつ、毛量調整を。長めにおくれ毛をとり、レイヤーと繋げる。
  2. 前髪は目と眉の間の長さでシースルーに。
  3. 髪色は7レベルのブランジュにカラーリングする。ブラウンとグレージュをミックスした色味で、赤みを消しながらツヤ感と透明感のある仕上がりに。

【how to“スタイリング”】

  1. 髪を乾かした後、32mmのカールアイロンで外ハネに巻いてから、レイヤーを入れた表面を内巻きにワンカール巻くだけのお手軽ヘア。
  2. タイリング剤はスプレーワックスを中間から毛先にかけてつけ、ふわっとエアリーに仕上げる。髪のパサつきが気になる時は、オイルスプレーを薄めにつけて。スプレータイプのワックスは、髪全体に塗布できるだけでなく手につかないメリットも。

担当サロン:LONESS ginza(ローネス ギンザ) 目澤沙友里さん

 

初出:丸顔さんに朗報!小顔見せもかなう大人気のくびれミディ

記事を読む

【2】目元ぱっちり感を強調!ぱっつんシースルーのロングヘア

【how to“ベース&カラー”】

  1. 胸上3cmくらいの長さで、ベースを前上がりにカット。毛先に重さがあると幼く見えるので、顔まわりを中心に動きを出すレイヤーを入れる。
  2. 前髪は真ん中にパツっとしたライン感をつくりながら、両サイドは小顔が望める長めに。
  3. カラーリングは8レベルのブラウンをセレクト。赤みを打ち消しつつ、ツヤ感と透明感を与えてくれる色味。

【how to“スタイリング”】

  1. 32mmのアイロンでまず毛先を内巻きにワンカール。この内巻きをしっかり目に巻くのがフェミニンさのポイント。表面はフェイスラインからリバース→フォワードとMIX巻きにする。
  2. スタイリング剤はスプレーオイルのツヤ感が1日時持続するようなタイプがおすすめ。全体にふわっとつけ、前髪は塗布してからコーム(櫛)でとかすと綺麗なシースルーに仕上がる。

担当サロン:LONESS ginza(ローネス ギンザ) 目澤沙友里さん

 

初出:レイヤーで王道ヘアをおしゃれに!目元強調の旬顔フェミニンロング

記事を読む

【3】シースルーバング×レイヤーのカジュアルミディ

【how to“ベース&カラー”】

  1. 全体を鎖骨ラインでカットし、くびれやすいようにトップにレイヤーをしっかり入れる。
  2. 前髪は目の上レングスのシースルーに。その後、前髪とサイドをラウンド状につなげてフェイスラインに沿うようにカット。さらに、結んだ時のニュアンスとなる後れ毛をつくる。
  3. カラーは、7レベルのウォームベージュに。暖色寄りの温かいイメージで、色持ちがいいので抜けやすい人にも。

【how to“スタイリング”】

  1. スタイリングは32mmのアイロンを使い、外ハネ→レイヤー部分は内巻きワンカール。
  2. 前髪は毛先だけをゆるめに内巻きに。
  3. ややウェットに仕上がるシアバターやクリームバターを手に伸ばしたら、髪の内側から塗布。中間~毛先と馴染ませ、最後に前髪につける。
  4. アレンジや結ぶ時は、スタイリング剤の量はつけ過ぎくらいがおしゃれに仕上がる(前髪は除く)。結んだらトップの髪を指でつまんでルーズ感を出し、柔らかい雰囲気をプラスして。

担当サロン:GARDEN aoyama  (ガーデンアオヤマ) 豊田楓さん

 

初出:結んでもかわいく決まる!レイヤーたっぷりのくびれミディ

記事を読む

【4】シースルーバングの切りっぱなし

【how to“ベース&カラー”】

  1. 全体を肩くらいの長さでワンレングスボブにカット。切りっぱなしのままだと重さが残るので、毛先を中心に毛量調整をして軽さを出す。レイヤーを入れていないので内巻きにする時も簡単。
  2. 前髪は目の上ギリギリのシースルーに。
  3. カラーは12レベルのベージュをチョイス。温かみがあり落ち着いた印象のベージュは、大人でもハイカラーに取り入れやすい色味。

【how to“スタイリング”】

  1. ツヤ感が重要なので、乾かす前には洗い流さないタイプのトリートメントを。特にハイカラーの場合、パサつき防止として必須アイテム。
  2. ドライ後、32mmのアイロンで外ハネ→フォワード&リバースのMIX巻きに。カールは中間~毛先メインでOK。
  3. 巻き終えたら、ヘアオイルを毛先中心に塗布し、手に残っているものを前髪の毛先に馴染ませる。浮遊感が活かせるよう、オイルはつけ過ぎないことがポイント。

担当サロン:MINX 銀座店(ミンクス ギンザテン) 田中柚衣さん

 

初出:「シースルーバング×切りっぱなし」を1ランクアップさせる大人ボブ

記事を読む

【5】インナーカラーが映えるぱっつん前髪ミディ

【how to“ベース&カラー”】

  1. 全体は胸上の長さでカットし、トップと顔まわりを中心にレイヤーをいれます。ローレイヤーにすることで、品良くふわっと軽さのある動きに。
  2. 前髪はややワイドにとり、眉が隠れる長さでぱつんとしたライン感を残すのがポイント。顔をすっきり明るく見せるのでwithマスクにおすすめ。
  3. カラーリングは、全体を8レベルのブラウンアッシュ、インナーカラーは12レベルのミルクティーベージュに。明るさのコントラストはあるものの、落ち着いたトーンにすることで大人っぽい仕上がりとなっている。

【how to“スタイリング”】

  1. 髪を乾かす時、前髪に生えグセがある場合、ラインが出るように根元が分かれないようにする。
  2. 32mmのアイロンで外ハネに巻いてから、トップと顔まわりをフォワード&リバースのMIX巻きに。カールは中間から毛先に巻くと、抜け感のあるスタイルになる。
  3. スタイリング剤は、さらっとしたヘアオイルを毛先~全体にしっかり馴染ませる。手に残っているオイルを前髪に塗布したら完成。全体の質感を艶っぽく揃えるのが美人ヘアの鍵。

担当サロン:Violet栄店(バイオレットサカエテン) 西村俊輝さん

 

初出:インナーカラーでトレンド感満載ヘア!ぱっつん前髪の若見えミディ

記事を読む

【6】シースルー前髪と相性ばっちり先ワンカールボブ

【how to“ベース&カラー”】

  1. 全体をあご下3センチの長さで、切りっぱなしボブに。髪質によってはグラデーションを入れても。
  2. 前髪は眉と目の間の長さで、ぱつっとしたラインが残るシースルーに。サイドバングは、耳かけした時にこめかみ部分などに“割れ”ができないよう重めにカットする。
  3. カラーリングはフォギーベージュをチョイス。赤みの無いベージュで、柔らかさを表現し、色が抜けた時もキレイ。

【how to“スタイリング”】

  1. 柔らかい動きをつけたいので、ドライ時は根元を起こしながらドライヤーの風を当てるのが必須。広がりやすい人は、ドライヤーを前から当てると◎。
  2. 乾いたら32mmのカールアイロンかストレートアイロンで、内巻きにワンカール巻くだけの簡単ヘア。前髪はアイロン無しでOK。
  3. スタイリング剤はクリームバターがおすすめ。全体ではなく、毛先~中間に塗布することで部分的にウェットな質感となりおしゃれな仕上がりに。前髪も毛先メインでつける。

担当サロン:GARDEN aoyama  (ガーデンアオヤマ) 豊田楓さん

 

初出:毛先ワンカールのふんわり愛されボブヘア!シースルー前髪と相性ばっちり

記事を読む

【7】長めシースルーのモテヘア

【how to“ベース&カラー”】

  1. 全体を鎖骨下1cmのロブに。トップのみにレイヤーを入れて空気感を表現する。
  2. 前髪は目の上ギリギリの長さで、奥行きの狭いシースルーに。幅も黒目と黒目の間の狭めにすることで、額縁のような効果をもたらし小顔に見せてくれる。
  3. カラーは9レベルのカフェラテベージュに。ラテ系色は今季のトレンドでもあり、ナチュラルな透明感と肌をキレイに見せる効果あり!寒色でありながらイエベベースの肌に似合い、幅広い洋服にもマッチ。

【how to“スタイリング”】

  1. ドライ後、ストレートアイロンで毛先をワンカール。温度設定は170度でカールがつきすぎないナチュラルさを目指して。前髪は低めの150度で軽くワンカールさせるくらいに通す。
  2. マジックカラーでもOKですが、持ち重視ならアイロンが◎。
  3. スタイリング剤は軽めのオイルがおすすめ。毛先中心に塗布して手ぐしで整え、手に残っているオイルを前髪につける。さらに、コーム(櫛)でとかすと、自然でキレイな束感がつくれる。

担当サロン:MINX 銀座二丁目店(ミンクス ギンザニチョウメテン) 桜井智美さん

 

初出:長め前髪とラテ系ベージュならモテヘア確実!幅狭め前髪で小顔効果も

記事を読む

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事