ヘアスタイル・髪型
2018.11.19

ボリュームが出ないペタンコ髪は“厚め前髪×ひし形ショートボブ”でトップふんわり&小顔効果も!

どんなトリートメントや施術を受けようと、髪質を改善するのはとても難しいこと。ましてボリュームが出にくく毛量の少ない髪を増やすのは至難のワザ。しかもボリュームは年齢を重ねるごとに減っていくのは周知の事実で…。そんなペタンコ髪に悩む人を救う、嬉しい髪型をご紹介します! ボリュームがあるように見せるポイントは、断然トップのふんわり感。トップがふんわりしているだけで毛量が多く見えます。そんなふんわりトップに見せるには、思い切ってショートボブにすることをおすすめします。しかも耳上あたりに横幅を出し、首元にかけてすっきりしているひし形のショートボブ。首元がすっきりしている分、トップのふんわり感が強調されます。さらに前髪も重要で、厚めに作って目の上ギリギリで流しておでこを隠しましょう。おでこの生え際を見せるとボリュームのなさを感じさせてしまうからです。厚め前髪でしっかりおでこを隠し、ひし形ショートボブでトップのボリューム感を主張する。スタイリングでふわっと感をKEEPすれば、ペタンコ髪の印象は改善できます!

フェースラインを包む顔周りの毛束と前髪で小顔効果も絶大!

%e3%81%b2%e3%81%97%e5%bd%a2%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%9c%e3%83%96%e2%91%a0

【How to“ベース&カラー”】

あごラインでカット。バックから耳上までレイヤーを入れ、耳下のラインをすっきり見せます。顔周りは前下がりにカットしレイヤーを。全体のトップに向かってグラデーションカットにしひし形のシルエットを作りつつ、トップは短くなり過ぎないように注意。トップに長さを残すと、表面にふわっとした毛束を作りやすくなります。前髪は目の上ギリギリで厚めにカットし、自然にサイドに繋げて。カラーは10トーンのフォギーベージュ。ショートボブは暗いと幼さや重たさを感じさせます。表面のふわっとした毛束が透けやすいカラーなので、重たくならず垢抜けた印象に。

 

%e3%81%b2%e3%81%97%e5%bd%a2%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%9c%e3%83%96%e2%91%a1

【How to“スタイリング”】

トップを持ち上げながら乾かします。また毛束を左右に動かすことで、分け目がパックリ割れるのを防ぎます。また全体の毛束を後ろから前に向かって乾かすとボリュームが出やすいです。トップを前後ふたつに分け、それぞれ32㎜のアイロンでリバースワンカール。この毛束が表面にふわっとした立体感を出します。ややセット力のあるクリームワックスを手のひらに少量のばし、全体の毛先になじませ束感を作り、耳上をふわっとさせます。前髪の毛先にもなじませサイドに流して。トップの根元をつまんでキープスプレーを少し吹きかけると、ふんわりした毛束をKEEPしやすいです。
軽く耳掛けをすると耳上のボリューム感が出やすく、ひし形が強調されて◎。スタイリングも簡単なので、朝が忙しい大人の女性にもおすすめです!

 

 

s_afloat-dl%e5%86%85%e8%a6%b3%e3%82%b9%e3%82%af%e3%82%a8%e3%82%a2
サロン名:AFLOAT D’L (アフロート ディル)
担当サロンページはこちらから
AFLOAT D’L (アフロート ディル)

 

ヘアスタイリスト/斎藤詩歩(AFLOAT D’L) モデル/長澤 愛 文/上村ゆう子

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事