ヘアアレンジ・髪型
2013.10.28

ココで差がつく!おしゃれハーフアップ術<基本テク>

ロングでもボブでも誰でも簡単にできるけど、何だか野暮ったい…
でも、ちょっとしたねじりやシニョンを加えれば、洗練アレンジに生まれ変わります!

忙しい朝でもオフィスでも、最小限のアイテムとテクニックでパパッと簡単にできる、おしゃれハーフアップの基本形がこちら!
手ぐしやクリップでまとめたラフさが決め手です。
ねじって挟むだけ!あっという間に完成です!
おしゃれハーフアップ 基本テク

 

 

\どんなハーフアップでもココさえ押さえればOK/
おしゃれハーフアップがキマる共通ルール

1 ブラシは使わず手ぐしの跡をあえて残す
813.03-0069
ハーフアップの場合、ブラシを使ってまとめると、きちんとしすぎて地味になりがち。手ぐしならではの不ぞろいな毛流れや自然な後れ毛が、今どきのおしゃれに必要な〝こなれ感〟を生み、あか抜けた印象に。

2 毛束を取る位置は耳上が基準!
813.03-0071
両サイドから髪をすくい、バックで束ねるのが、ハーフアップのファーストステップ。このとき、ハーフアップにした毛束が、太すぎても細すぎてもアンバランスに。今どきに仕上げるなら、両側の耳の上から親指を通して毛束を取るのがベストです。

3 トップに高さを出しすぎない!
813.03-0070
トップに高さを出すと華やかになるけど、日常にはトゥーマッチ。頭の形に自信がない人も、ハーフアップにねじりやシニョンを加えることでカバーできるので、トップに高さを出しすぎるのは控えましょう。

4 ねじったりシニョンを加えて毎日違うアレンジが楽しめる!
4
最近のハーフアップはねじりやシニョンを加えた、デザイン性の高いものがいっぱい! どれも簡単で外出先でもすぐにできるので、マスターして損なし。
後ろ姿から、〝おしゃれな人〟の雰囲気を醸し出せます。

 

 

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事