渡辺佳子のナチュラルコスメ入門
2022.1.20

「SHIRO」のスキンケアシリーズから生まれたオイルコレクションをおすすめの使い方とあわせてご紹介!【渡辺佳子さん連載vol.228】

SHIROのスキンケアシリーズから生まれたオイルコレクションをご紹介したいと思います。悩みに応じた働きが期待できる植物を、いつもながら産地や作り手まで厳選し、抽出法にもこだわって開発されました。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91

素材から抽出されるエキスの色味や香りは、加熱や乾燥時間・素材の切りかた・漬け込み時間などによって変わってきます。また同じ種類のオイルでも、産地や素材の差によって肌へのなじみかたが違います。それらをすべて考慮しながら、できるだけ肌への恵みが得られるように、「まるで素材を原液で使っているかのような美容オイル作り」を目ざしたそうです。

フェイス用4種、フェイス&ボディ用2種、ボディ用2種の8種類が揃います。いますぐ試してみたくなるようなものばかりですので、すべての内容をお知らせしたいと思います!

【フェイス用】

Web

カレンデュラオイル 30mL 箱あり¥8,250(箱なし価格 ¥8,003)

兵庫県淡路島の廣田農園で、食用花として農薬を使わずに丁寧に育てられているカレンデュラが原料です。色づいたカレンデュラの花をヒマワリ油に漬け込んで抽出されたエキスが含まれて、鮮やかなオレンジ色をしています。

困ったときのレスキューオイルとして、乾燥肌はもとより混合肌や敏感肌の人も。肌がデリケートになっているときは、洗顔後、いつものスキンケアの前にまずこのオイルをつけるプレケアがお勧めされています。香りは、オレンジの爽やかさ+ラベンダーの落ち着きを感じる香り。

 

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%93
タマヌオイル 30mL 箱あり ¥13,200(箱なし価格 ¥12,804)

SHIROのタマヌは、沖縄の生産者・宇佐見さんから調達。手作業で選別した良質の種から手間暇かけて圧搾しオイルを抽出しています。こうして得られるオイルは保湿に優れ、乾燥によるくすみや、エイジングによる肌悩みに対応。しっとり・うるおい感のあるクリアな肌をめざしたい人向け。ベルガモットやゼラニウムの少し甘さのある香り。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%94

セントジョーンズワートオイル 30mL 箱あり ¥7,150(箱なしの場合 ¥6,936)

セントジョーンズワートとは<セイヨウオトギリソウ>のこと。気持ちを落ち着かせたいときのハーブティーでもおなじみです。全草をオリーブ果実油に漬けてエキスを抽出。

気持ちが後ろ向きになっているなと感じたり、ストレスからの不調を覚えたときに、緊張をほぐしてリラックスするためのサポート役になってくれます。ウッディ&ハーブ調で、酸味があるセントジョーンズワートの香りが特徴的。

Web

カラハリメロンオイル 30mL 箱あり ¥6,600(箱なし価格 ¥6,402)

南アフリカのカラハリ砂漠で育つ特別なメロンから、種子を圧搾してオイルを採ります。カラハリ砂漠は非常に乾燥が激しい土地で、このオイルは伝統的に紫外線から皮膚を保護するために使われてきたそう。ですのでもちろん紫外線や乾燥によるダメージを受けた肌に。ダメージヘアのヘアケアにも使えます。スモーキー系のカラハリメロンの香りに、ゆず&ウッディ系をミックスした香り。

☆カラハリメロンオイルを使った夜のスペシャルケアとして、クレンジング前のプレクレンジングが提案されています!
たっぷりのオイルを取り、小鼻など気になるところをやさしくマッサージ。メイクとオイルがなじんだらホットタオルを顔にのせ5分おき、その後いつもどおりクレンジングや洗顔をします。肌がモチッと仕上がります。

 

そのほか、これら4種のフェイス用オイルの応用法としては、
(1)スキンケアのはじめにつけて肌を柔らかくしたり、(2)美容液と混ぜたり、(3)バスタイムにたっぷり顔全体につけてオイルパックとして使ったり。いまやオイルは、自分で自分の肌をいたわる、ちょっとした「スパフェイシャル気分」のアイテムですね。

私は寒い朝にはシャワー時に短い間でも「オイルパック+蒸しタオル」をするようにしています。顔色がぐっとよくなりますし、スキンケアのフィット感やファンデーションのノリが違ってきますよ!

 

【フェイル&ボディ用】

Web

ヨモギオイル 50mL 箱あり ¥10,450(箱なし価格 ¥10,137)

日本の和漢植物として親しまれているヨモギ。和菓子やお餅、お茶としてもに使われていますので、とりわけ日本人にはなじみ深い素材です。今回のオイルの原料には「アトピーや食育で悩んでいる人にも安心できる食材を届けたい」という思いで素材を育てている兵庫県のフレッシュファーム奥本から、貴重な収穫物を分けてもらっているそう。乾燥させたヨモギをオリーブオイルに漬けてエキスを抽出しています。

バランスの乱れや摩擦、乾燥などによっておこる肌トラブルを中心に、全身のインナーバランスをケアできるオイルです。お風呂あがりにマッサージしながら、気になる部分に塗り込みます。デリケートゾーンのケアにもOK。ヨモギとラベンダーにマンダリンオレンジの甘さをプラス。

Web

亜麻オイル 50mL 箱あり¥5,500(箱なし価格 ¥5,335)

さらりとしたテクスチャーで敏感肌の人にも使えるオイル。北海道の十勝農工房で、種子に熱をかけずじっくりと搾るコールドプレス製法で作られています。こちらの工房では、搾油後の搾りかすも飼料として活用しているそうです。

顔の肌だけでなく、頭皮の乾燥が気になるときは頭皮のマッサージ用に使うのもよいとのこと。ナッツのような香ばしさを感じる、やわらかなシダーウッドの香り。

 

【ボディ用】

Web

ヒマシオイル 50mL 箱あり ¥5,500(箱なし価格 ¥5,335)

インド産トウゴマの種子から採れるヒマシオイルは、日本でも古来から重宝されてきたオイルです。トウゴマの種子を圧搾してオイルを抽出します。

粘りけのあるオイルで保湿力が高いため、ボディの乾燥しやすい部位や、エイジングサイン対策に。マッサージしたり、布に含ませて湿布することで体を温めるので、とくにお腹まわりや脚、二の腕ケアに有用です。ゼラニウムやオレンジ+フレッシュなセロリの香り。

☆疲れがお腹に影響しやすい人、巡りの悪さを実感している人へお勧めのケア法!
おなかまわりにオイルをつけ、両方のてのひらを重ねておへその上に置きます。自然なリズムで呼吸しながら時計回りにゆっくり両手を回転させ、お腹が心地よい温かさになるまで5〜10回ほど続けます。

Web

アルニカオイル 50mL 箱あり ¥7,150(箱なし価格 ¥6,936)

ヨーロッパでは古くから<筋肉と打撲の守り神>と称され、アスリートや体を動かす人たちに愛用されてきました。今回はフランス産のアルニカの花をヒマワリ油に漬けてエキスを抽出しています。やさしいハーブとハッカの爽やかな香り

1日活動した体のさまざまな部分に塗ってリフレッシュ、運動後や疲れがたまっているときはマッサージもおすすめです。肩や首のこりから頭部までゆっくりほぐしてリフレッシュ。疲れが溜まりやすいデコルテや背中、ふくらはぎ、足の裏などにも。

 

寒さで滞りがちだったり、気持ちが晴れないなど、いろいろなトラブルが起こりがちな冬は、オイル美容を始めるチャンス。これだけ種類がありますので、いまいちばん気になる悩みから解決してみてはいかがでしょうか?

 

*SHIROでは製品包装のムダを省くため、パッケージレス製品の購入を選ぶと割引価格になるエシカル割を推進していました。これまでオンラインストアと一部店舗のみで実施していたのですが、2022年からは全店で、「製品本体のみ」と「保護用スリーブor外箱つき」を別売りで展開することに。そんなわけで、オイルコレクションも外箱ありとなしの価格を表記しています。

 

SHIROについてさらに詳しいことは公式HPでどうぞ=>https://shiro-shiro.jp/ext/oil-collection/index.html

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事