お悩み別ケア
2016.11.19

石井美保さん直伝! シワ・たるみと決別する「肌アイロン」って?

201612gfukesign-ishii
その日のたるみは即ケアして定着させないこと
中学生のときから美容に興味をもち、お小遣いでスキンケア製品を買っていたという石井美保さん。フランス人形のような今の肌からは想像できないけれど、20代の頃は、間違いだらけのスキンケアで、肌がシワシワだったそう。
「祖母も母も元々肌がキレイなのに、私だけ肌質が違って、いつもコンプレックスでした。しかも、20代になるとメークは盛り盛りな上、クレンジングで肌をこすりすぎたり、スキンケアを短時間ですませたり、間違ったマッサージをしていたりと、肌にとって過酷な環境を自分で作っていました。それに気づき、ケアの仕方を見直して今の状態まで立て直したんです。そのうちのひとつが、今回紹介する肌アイロン。効果てきめんで、これを始めてからシワやたるみが見る見るなくなり、メークののりも、もちもアップ。30代は若く見えても、肌内部ではコラーゲンやエラスチンが減り、エイジングが始まっている時期。ここで肌アイロンを習慣にすれば、未来の肌は誰よりも美しく保てるはずです!」

 

シワ・たるみと決別ケア方法

871
STEP 1.手の側面で肌アイロン
手をくの字に曲げ、小指の先端から手首の手前までの側面を使います。美容液やクリームを多めにつけて行い、絶対に力を入れないように注意。

872
STEP 2.法令線や輪郭のたるみをピシッ
こめかみ部分を指でキュッと持ち上げ、反対の手の側面で小鼻の横から口角の下までを覆う。こめかみまで優しくさするように3回滑らせます。

873
STEP 3.目の下のシワをのばす
目頭と鼻筋の間のくぼみに小指の先を添えるようにセット。ここからスタートして、目の下を通り、こめかみまで3回肌アイロンします。

874
STEP 4.おでこのシワをまっすぐに
今度は両手の中指と薬指を使って、眉の上から生え際までを下から上に肌アイロンします。こちらは3往復行いましょう。

875
STEP 5.こめかみから頭頂部に引き上げ
両手の人さし指から小指を使い、こめかみから頭頂部に向かって肌アイロン。頭皮のたるみを引き上げるイメージで3回行いましょう。

876
STEP 6.頭頂部から襟足まで指を滑らせる
利き手の5本の指を使って、頭頂部から襟足までを肌アイロンします。頭皮の血流を促すイメージで3回行います。

877
STEP 7.首の後ろをもみほぐす
襟足から首の筋を丁寧にもみほぐします。老廃物を流れやすくするために、リンパをほぐすようなイメージで、3往復行って。

878
STEP 8.耳の下から鎖骨まですーっとのばす
最後に老廃物を流すイメージで、人さし指から小指までの腹を使って、耳の下から鎖骨までをさするように滑らせます。3回行ったら完了。

87
左/肌のふっくら感アップと引き締めケアを1本で。
SUQQU モイスチャーリペア エッセンス N 50ml ¥12,000

中/刻まれた年齢のサインに届き、ハリ、ツヤをアップ。
コスメデコルテ iP.Shot 20g ¥10,000

右/正面、横顔、フェースラインをキュッと引き締まった印象に。
クラランス トータル V セラム 50g ¥8,600

 

美容家
石井美保
いしいみほ/アイリスト、エステティシャン、美容家とさまざまな顔をもつ。欠点のない肌とパーフェクトなルックスに憧れる女性多数。著書『石井 美保のBeauty Style』(宝島社)も好評。

撮影/山田英博、横山翔平(小田切ヒロ氏/t.cube)(人物)、中田裕史(静物)ヘア&メーク/得字マキ・荒川たつ野(nude.)イラスト/天野ふみこ(asterisk-agency)デザイン/GRACE.inc 構成/内田芙美、峯島由衣・小内衣子(PRIMADONNA)

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事