スキンケアニュース
2010.4.13

【本誌連動】私にベストな『美白コスメ』を探せ!-須田かおり・続編-第3回「美白ケアはクレンジングありき!の巻」

落とし切れなかったメークの蓄積も、肌を濁らせる要因のひとつ。今週は「資生堂 エリクシール ホワイト」のクレンジングアイテムに注目! ※この記事は、3月23日発売『美的』本誌5月号のP.88「私にベストな“美白コスメ”を探せ!」の、4週間レポートの続編です。

◆━━━━━━━━━━━━━━━━◆
須田かおりの“続”モニタリングレポート
◆━━━━━━━━━━━━━━━━◆
本日は、朝から女性議員の方の取材へ。とても美しい方で、多忙な毎日の中、意識的に緑や土に触れることで心身を浄化しているのだそう。そんな話に触発され、私も、お腹と肌のパワーチャージ!と、麻布十番にあるサムゲタンのお店でランチしました。
ここは、ビューティモデルにも人気の高い有名店。鶏のエキスが凝縮した白濁スープに、ホロッホロのお肉がたっぷり。骨までも、かみ切れるほどの柔らかさです。コラーゲンチャージ!と余すところなく食べ尽くした私。
近ごろ、発酵コスメが人気ですが、食べる発酵コスメ(!?)のキムチも、たっぷりいただきました。韓国通の友人が言うには、旅行前と旅行後はほんとに肌のプルプル感が違うのだとか。そして、食後は体が温まるしょうが茶を。このところ、やや疲れぎみでしたが、今日は1日元気に乗り切れそう!

取材では撮影も行ったのですが、写真といえば、以前、プロフィール用の撮影をしたとき、ヘアメークさんに指摘された衝撃的事実がひとつ。「目元、ちゃんと隠しラインも入れてるんですね」とほめられたかと思いきや「でも、下まぶたの際、色素沈着してるみたい。メークを落とし切れていないのかも」「ええ〜!?」。
目元が黒ずんでいると、顔全体の印象が一気に暗くなってしまいます。目頭には必ずベージュのアイラインを入れて、目元を明るく見せていたつもりが、こんな落とし穴があったとは〜。きちんと洗顔していても、メークや汚れを完全にオフするのは難しいものです。

そこで、今週は、引き続きモニタリングしている「資生堂 エリクシール ホワイト」のクレンジング部門をクローズアップ。日ごろ、メーク落としはオイル派の私。「メーククリアジェルクリーム」を試してみて、まず、そのプルプル感が気に入りました。さくらんぼ1粒くらいの量を手にとって、顔全体にクルクル。オイルだと肌をこすってしまいがちなのですが、このジェルクリームはするすると肌に広がっていきます。
“濁りの要因となるメーク汚れや古い皮脂を浮かせてオフ”とあったので、どうなっているかな? と目を開け、肌状態を観察すると、ファンデーションがジェルクリームの中に溶け出しているよう(ちなみにファンデーションはクリームタイプを使用)。さらに、ティッシュでふき取った後は驚くほどにサラサラです。この使用感はやみつきになりそう。

忘れてはいけない目元もしっかりケアしました。アイクレンジングの後、綿棒にジェルクリームをつけ、下まぶたの際に、しぶとくついているアイラインの残骸をオフ。うるおい感のあるジェルクリームなので、皮膚への負担も少なく安心です。

その後、洗顔石鹸「クレンジングソープ」にトライしたところ、泡のクリーミィ&キメ細かさが秀逸! ボリュームのある泡で、ホイップクリームのように角が立つほどです。洗顔石鹸はしばらく使っていなかったのですが、ホワホワの泡で顔を洗うのって、なんだか幸せな気持ち♪ はちみつエキスが配合されているので、洗い上がりもしっとり。
乾燥肌の私は、石鹸で洗顔すると、顔のコントロールがきかなくなるほど(!?)パリパリになってしまうのですが、さすがハチミツ! 砂漠現象はまったくありませんでした。

クレンジングの重要性を再認識した第7週。肌の白さを求める前に、まず肌を濁らせない! 原点に立ち返った思いでした。

\継続使用アイテム/
資生堂 エリクシール ホワイト トーニングローション[医薬部外品](165ml ¥4,200)
資生堂 エリクシール ホワイト リセットホワイトクリーム[医薬部外品](40g ¥5,880)
資生堂 エリクシール ホワイト トーンアップマッサージ[医薬部外品](100g ¥4,200)
資生堂 エリクシール ホワイト クリアエマルジョン?[医薬部外品](130ml ¥4,725)
資生堂 エリクシール ホワイト クリアローション?[医薬部外品](170ml ¥4,200)
(価格はすべて編集部調べ)

100413BNbitekiW_suda07
(写真左から順に)資生堂 エリクシール ホワイト メーククリアジェルクリーム[医薬部外品](140g ¥3,150)、資生堂 エリクシール ホワイト クレンジングソープ[医薬部外品](標準重量100g ¥2,100)/価格はすべて編集部調べ

■資生堂 ELIXIR WHITE(エリクシール ホワイト) http://www.shiseido.co.jp/eiw/

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事