シーン別メイク
2016.11.24

骨格矯正メイクでフェースラインをキュッ。美人小顔の作り方

骨格に合わせ光と影を的確に与えて補整。
最後に抜けを作り、自然体へ落とし込む

「女性がもつ小顔願望の中には、『美人と思われたい』という思いも含まれているはず」と、小田切さんは分析。「30代は肌がたるみ始める時期。ツヤ出しアイテムとシェードカラーをきちんと使い、加齢によって埋もれがちな骨格を掘り起こしましょう」。仕上げにハイライトを使えば、旬の抜け感も手に入ります。
 

201507piro
小田切ヒロ
おだぎりひろ/思わず「キレイ!」と感嘆せずにはいられない、オリジナルのメーク術で注目を集める。ラ・ドンナ所属。

 

小田切流骨格矯正系小顔ポイント

*高く見せたい所にツヤ感コンシーラーをオン
*下まぶたや鼻筋に光を入れて今どきの抜け感をプラス
*頰骨の下からあごの裏側までシェードカラーを入れて輪郭のモタつきを解消!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-16-11-13-18

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-14-15-50-01

〝マストアイテムはこれ!〟
biki913-15
A.微細シルバーパールが輝く、ライトベージュ。
アディクション ビューティーチークスティック リフレクション ¥2,800

B.光を面で反射して自然、かつ完璧にカバー。
ケサランパサラン カバーリングファンデーションN 2 ¥3,000

C.濃淡2色セットのクリーム状ローライト。シアーに発色し、失敗も少なめ。
NARS スカルプティングマルティプルデュオ 5262 ¥4,800(店舗・数量限定発売中)

 

メイク方法

〈Point 1〉 下まぶたとあご先、眉間にツヤ感コンシーラーをのせる
_dsc8965
薄づきのファンデーションで気になる部分だけカバーした後、高く見せたい所にBのツヤ感コンシーラーをおきます。下まぶたには逆3角形状に入れて。その後、スポンジで細かくたたき込んでなじませます。

 

〈Point 2〉 頰骨の下から輪郭までシェードカラーでシェイプアップ!
_dsc8959 頰骨の下と、あご先を除く耳下までの輪郭の骨にCのシェードカラーをおき、スポンジでなじませます。影が生まれ、顔のたるみが目立たなくなります。

 

〈Point 3〉 高く見せたい部分に再びハイライトを重ね、抜け感を作る
_dsc8947 鼻筋とあご先にはライン状に、下まぶたは4か所に分けてAのハイライトを点でおいた後、指でたたき込んでなじませます。抜け感が生まれてこなれた美人顔が完成!

 

たるみを解消してフェースラインをキュッ。骨格が際立つ〝美人小顔〞
_dsc8892

撮影/彦坂英治(まきうらオフィス・人物・P.148~153)、森滝 進(まきうらオフィス・人物・P.154~155)、河野 望(静物) スタイリスト/佐藤恵美(P.148~149、152~155)、後藤仁子(P.150~151) モデル/三枝こころ デザイン/最上真千子 構成/北川真澄

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事