健康・ヘルスケア
2021.7.12

【歯列矯正】プチ整形級の口元美人に!歯周病減、噛み合わせ改善でヘルスUPも!【オーラルケア③歯並び】

喋っているときや笑ったときに歯並びがキレイな人は、清潔感や品性が感じられてとても好印象。どんなにほかのパーツが整っていても、歯並びがガタガタだと、美しさは半減してしまいます。ill210709_1

しかも、「歯並びが悪いことでのデメリットは、見た目だけではありません」と、アンチエイジングデンタルクリニック恵比寿・院長の小川朗子先生は話します。

歯並びが悪いと歯周病のリスクがUP!咀嚼力にも悪影響

「歯並びが悪いと、ブラッシングの際に磨き残しが多くなりがち。フロスや歯間ブラシも入りにくく、ケアに手間がかかります。そういった意味でも、虫歯や歯周病になりやすいのです。また、噛み合わせが悪くなるため、口元が歪んだり首や肩がこりやすかったり、頭痛の原因になることも。咀嚼能率も低いため、食事でとった栄養の消化吸収も悪くなります。つまり、歯並びを治すことは、美容面と健康面の両方でアンチエイジングにつながるわけです」

見た目、期間、予算…、矯正治療は自分の都合で選べる時代

「今は、歯列矯正の技術が進んで種類も増え、歯のガタつき程度やライフスタイル、好みなどによって選択肢が広がってきました。前歯だけの部分的な改善なら、矯正器具を使わない審美歯科で治すこともできますし、軽度のガタつきならセラミックを被せるだけの治療も可能です」

美的世代で一番人気の矯正は、透明マウスピースの「インビザライン」

ill210709_2

「マウスピース(アライナー)を使って矯正する『インビザライン』は、1日20時間マウスピースをつけ続けるという負担はあるものの、透明で目立たない上、自分で取り外しできるので、食事や歯磨きがラク。美容にこだわる大人女性に人気です。ただし、抜歯が必要なくらいガタガタの歯並びの人には向きません」

_38a3470

img_0289-2

歯が動く過程を想定して作られた7〜14個のマウスピースを、それぞれ10日〜2週間装着して次に交換。透明なのでほとんど目立たたず、外して水洗いできるので衛生的。[期間の目安]フル(コンプリヘンシブ)12か月〜、ライト7か月〜[費用]フル¥946,000〜、ライト(片顎)¥495,000 ※費用はすべて「アンチエイジングデンタルクリニック恵比寿」の場合(以下同)

ガタガタの歯並びには、しっかり動くワイヤー矯正がおすすめ

「歯面にブラケットとワイヤーをつけて、ガタガタの歯でもしっかり動かしていけるのが『ワイヤー矯正』歯の表側につけるスタンダードなタイプと、矯正をしていることがバレないように裏側につけるタイプがあります。他人にバレやすい表側ワイヤー矯正も、以前は、金属のブラケットと太いワイヤーといった〝いかにも〟なものでしたが、今は透明のブラケットや細いワイヤー、白いワイヤーなどを使うこともでき、かなり目立たなくなっています。しかも、今はマスク生活が続いている状況なので、見た目が気になる人でも始めやすいのでは?」

2110_0014236表側ワイヤー矯正。歯の移動速度が速く、細かな調整が可能な反面、痛みが強い人も。[期間の目安]1年〜1年半[費用]フル¥880,000〜、前歯部分矯正¥187,000〜 調整料¥5,500/月1回fullsizerender-2裏側ワイヤー矯正。表から見えないので審美性が高い一方で、舌側に違和感があって、滑舌が悪くなりがちなデメリットも。(期間の目安)1年〜1年半(費用)フル¥1,045,000〜、部分¥440,000〜、調整料¥5,500(月1回)

「いずれの矯正治療の場合も、矯正器具を装着する治療が終了した後も、キレイな歯並びを保つための保定装置を装着します。通常、治療後2~3年は1日12時間以上、その後も就寝時は装着が必要です」

歯列矯正で横顔美人に!

「ガタガタの歯並びが矯正でキレイに整うと、口元に歪みがなくなって、口を閉じているときの印象まで変わる人は多いです。口元が引っ込んで、横顔のラインが美しくなる人も!」

歯列矯正まではしたくないという人でも、噛みグセを直すなどのセルフケアを!

〝矯正はハードルが高くて、やりたくない〟〝矯正をする程、歯並びを気にしていない〟という人でも、「今以上に歯並びが悪くならないように、噛み合わせや噛みグセを見直すことは大切です」と小川先生。「歯は年齢とともに少しずつ動き、歯並びも崩れやすくなります。特に、歯ぎしり食いしばりのクセが強い場合は要注意です。クセについては自分で判断しづらいので、歯科医院で診てもらうことをおすすめします。問題がある場合は、マウスピースやナイトガードを作ってもらって、就寝中の歯の動きや崩れを防ぐようにましょう」

19_5_5-0981

アンチエイジングデンタルクリニック恵比寿 院長

小川朗子 先生

歯科医師。抗加齢医学会認定専門医。鶴見大学歯学部卒。歯科医師としての経験・実績を積む中で、歯の健康や見た目が体や心の健康と密接に関わっていることを実感し、2006年にアンチエイジングできる歯科医院、として現医院を開業。一般的な歯科治療だけでなく、インナーケアやデンタルエステなども組みわせたオリジナルメニューが人気。

イラスト/かくたりかこ 構成/つつみゆかり

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事