健康・ヘルスケア
2021.5.13

今すぐ真似したい! 超多忙美人産婦人科医のキレイの“小ワザ”って?

激務で時間の余裕がない産婦人科医の丸田佳奈先生ですが、取り入れているキレイのための“小ワザ”とは?

キレイの近道小ワザ【産婦人科医/丸田佳奈先生】

ph13
「産婦人科医はお産や手術など、緊急を要することが多いので、時間は何かと不規則になりがち。だからこそカットできる時間は小ワザでどんどん削除。食事や睡眠は生活リズムがくずれない程度に帳尻を合わせてコンディションを整えます」

 

時間がないから…長年、 スキンケアは通販!

「職業柄、お店の営業時間内に買い物へ行くことは難しいので、スキンケアは通販が可能なブランドを愛用。メイクレスの日も多いので、スキンケアやUVケアをしっかり施して素肌力を強化しています」

ph15
イキイキとした肌印象へ導くエイジングケアライン。1週間気軽に試せるセットが◎。
オルビス ユードット トライアルセット [医薬部外品]¥1,936

\最近のお気に入りはオルビス/
ph16

 

時間がないから… ポーチの使い分け でメイク時間を短縮

ph17
「メイク道具を探す手間を省くために、用途に合わせた3つのポーチを使い分け。そのとき必要なポーチを選べば、使いたいアイテムもすぐに見つかり、荷物の軽量化にも貢献」

 

疲れているから…サクッとできる はちみつ甘酒 で美と健康をキープ!

\レンチンで手間をカット/
ph18

「栄養価の高い手作りの甘酒は、健康と美容を兼ねて飲んでいます。鍋は使わず、電子レンジで作るので実に簡単。マグカップに酒かすと水を加え電子レンジで加熱するだけ。途中でつぶすように混ぜるのがポイントです。最後にはちみつで甘みを足せば、即席甘酒が完成!」

 

【これも効く】多忙でも 筋トレ でストレスをためない!

「定期的に筋トレをしっかり行うと、ストレス発散に。私の場合、お産をとった後の達成感がストレスを払拭してくれるので、激務でも疲れにくいのかもしれません」

 

Profile
ph14
丸田佳奈先生
2007年度ミス日本の経歴をもつ、美人女医。現役の産婦人科医という立場を生かし、テレビなどのメディアでも活躍。プライベートでは1児の母。

 

『美的』2021年5月号掲載
構成/むらなかさちこ、金子由佳、西谷友里加

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事