健康・ボディケア・リフレッシュニュース
2019.9.28

いつまでもやせないのは、心のクセが原因かも!?【EICO式追い込みダイエットVol.4】

image1

毎回、ダイエットに失敗する人には、ある共通点が……。ショックを与えて自分を追い込む「EICO追い込みダイエット」。短期集中連載の最終回は、心のクセを直して、“絶対にやせる”メソッドをご紹介します。

72kg→52kgへ!ダイエットコーチEICOさんの成功メソッド【EICO式追い込みダイエットVol.1】
700人が即やせた!ショックを受けて、自分を追い込む食事メソッド【EICO式追い込みダイエットVol.2】
歩いてやせる!一生もののウォーキングスタイルでボディメイク【EICO式追い込みダイエットVol.3】

そのショックが、ダイエット成功にはマスト条件

 やる気を奮い立たせるために、ショックを受けることから始めるEICO「追い込みダイエット」。まずは「こんなことがあったら、悲しくて泣いてしまうかも……」というショックを体験し、今の自分の姿に向き合いましょう。

試着をしてショック!
スキニーデニムを試着してみたら、足首までしか入らずショック! 憧れのワンピースを試着してみたら、背中やわきのファスナーが上がらずショック!

レシートを計算してショック!
レシートをすべて出して、自分が食べたものの値段を合計。思った以上にお菓子にお金をかけていたらショック! そもそも財布にレシートがパンパンに詰まっている人は、ため込みグセがあり、食べる必要のないものを買い込んでいる可能性が…。

マッチングアプリでショック!
恋活や婚活中の人は、あえて今のありのままの姿でマッチングアプリに登録してみて。せっかく登録したのに「いいね!」など、よい反応が返ってこなければショック!

 image2

せっかく受けたショックは、ただ悲しいだけで終わらせずに、ダイエット成功に向かうエネルギー源にチェンジ!

「私自身も体重が72kgあったころは、どれだけ泣いたことか……。でも、涙が枯れたころ、“あきらめたくない! 絶対にやせてやる!”と闘志がメラメラとわき上がってきたんです。つらいことがあった後は、必ずハッピーなことが待っていると信じて、楽しみながら頑張りましょう。強靱な精神力がなくても、全然OK! ダイエットをしようと思った理由さえ明確にして、ショックを忘れなければ、必ずやせられますよ」

ため込みグセがある人は太りやすい!?

EICOさんは、700人の迷えるダイエッターたちを指導してきた経験から、いつまでもやせられない人に、ある共通の心のクセを発見!

「その代表的なものが、ため込みグセです。ため込みグセのある人たちは、“とくに食べたくないけれど、安いから買う→賞味期限が近づいてきて、食べたくないけどもったいないから食べる”という悪循環に陥りがち。実は、食べたいものを食べている人は、そんなに太っていないんです。安いから買うという人は、お菓子やスイーツなどを“期間限定だから買い込む”という消費行動も起こしがちです」

バッグが重い人も要注意!!

バッグが重い人も、滅多に中身の見直しをせずに、どんどんため込んでしまう傾向が。これでは、バッグはどんどん重くなる一方!

「バッグが重いのがなぜいけないかというと、歩こうという気持ちがあっても、“バッグが重いから疲れる”となってしまうこと。そして、せっかく歩けるその時間を“時間があるからカフェに入ろう→ケーキがあるからケーキを食べよう”という感じで、坂道を転がり落ちるように太る方へと進んでいってしまうんです」

ダイエットの前に部屋の掃除を!EICO式“成功に導く”心構え

ため込みグセがある人に、EICOさんがまず指導するのが部屋の掃除なのだとか。

image3

「ため込みグセのある人は、洋服を買ってきても紙袋ごとポンと部屋に置いたまま、出していないことが多いんです。そのうち、買ってきたお菓子や飲み物も置きっぱなしになり、いざトレーニングをしようと思ったときにそのスペースがないという悪循環に陥りがち。そもそも、家に帰ってきて散らかった部屋を見ると、イライラが募って、ストレス食いに走ることも! とにかく部屋が汚いと、ダイエットはやる気が起きません。だから、まずは部屋の掃除が大事なんです」

頑張るだけじゃない!ダイエットには休息も大切

私たちはつい「太っている=怠け者」というイメージを抱きがちですが、EICOさんによると、太っている人は、実は頑張り屋さんが多いのだとか。

image4

「私が指導していた中で多かったのが、運動や食事を頑張りすぎて、睡眠が6時間を切っている生徒さんたち。でも、これはダイエットには逆効果なんです。起きている時間が長ければ長いほど、脳の栄養分である糖が必要になり、甘いものが食べたくなったり、疲れやすくなったりする。それに寝ていないと、自律神経の働きが乱れるし、体が命を守ることを優先するので、適切な食べ方ができず、運動してもやせなくなるんです」

やせるためには、何よりも睡眠を優先。EICOさん自身も、したいことがあっても寝ることを優先して、毎日平均8時間の睡眠時間をとっているそう。

「寝る以外にも、湯船にしっかりつかったり、癒しのアイテムを使ったりして、リラックスすることも大事ですね。イライラは、ストレス食いに直結しますから。私もイライラすると食べたくなる性分なので、それを防ぐために、手首や首筋、鎖骨などにサッと塗れるタイプのアロマオイルを常に持ち歩いているんです。皆さんもぜひ、自分に合うリラックス法や癒しアイテムを見つけてみてくださいね」

image5

 

ダイエットコーチ EICOさんプロフィール

image8

2005年度準ミス日本。日本初のダイエットコーチとして、700人以上のダイエットを指導してきたスペシャリスト。自身も21歳のときに4カ月で11kg減、1年でトータル20kgの減量を達成し、準ミス日本を受賞。「女性美を追究した、健康的で無理のないダイエット」をモットーとし、徹底的なカウンセリングを行った上で、ライフスタイル、運動経験、体質などを分析し、最短で最適なダイエット方法をコーチングしている。著書に『EICO式 自分で自分を「追い込み」ダイエット』(ぴあ)など多数。オフィシャルブログhttps://ameblo.jp/eico-diet/

 

撮影/田中麻衣(小学館) 構成/綾城和美

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事