食・レシピ
2020.8.24

角切り野菜がアクセント!玄米ナシゴレン|1品で満足度の高い「噛みやせ」主食レシピ

管理栄養士・美才治真澄さんが提案! 噛み応えがあって満足度の高い「噛みやせ」主食。今回は食感が豊かな玄米ナシゴレンのレシピをご紹介♪

角切り野菜入り玄米ナシゴレン

_x9a556
サイコロ切りした生野菜もいいアクセントに
「玄米、生のきゅうりとにんじん、桜エビといった、食感が豊かなひと皿。噛み応えがあるので、玄米の量が少なめでも満足感があります」(管理栄養士・美才治真澄さん)

材料(1人分)

●玄米ごはん…150g
●桜エビ…大さじ1
●万能ねぎ…4本
●きゅうり…1/2本(50g)
●にんじん…1/3本(50g)
●オリーブオイル…小さじ1
●卵…1個
【A】
トマトケチャップ…小さじ1
ナンプラー…小さじ1
はちみつ…小さじ1
タバスコ…3~4滴

作り方

1 万能ねぎは小口切り、きゅうり、にんじんは1.5㎝角に切る。
2 フライパンにオリーブオイルを熱し、桜エビ、万能ねぎを炒める。玄米ごはんを加えてヘラなどでほぐし、合わせたAを加えてさらに炒める。
3 きゅうり、にんじんを加えてひと混ぜして器に盛る。
4 空いたフライパンで目玉焼きを作り、のせる。

 

 

教えてくれたのは…
%e7%be%8e%e6%89%8d%e6%b2%bb%e3%81%95%e3%82%93
管理栄養士 美才治真澄さん

 

 

美的8月号掲載
撮影/島村 緑  スタイリスト/大島有華  料理・監修/美才治真澄  撮影協力/UTUWA  構成/越後有希子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事